2017.05.04

見守る勇気

子供が小学校低学年のとき、
クラスに反りの合わない子がいて
きつくあたられたり、悪口を言われて
家に帰って泣いていることが続いた。

私は心の中で
相手の子を叱り飛ばしたい気持ちでいっぱい。
でもこらえた。

子供を励まし、
あなたは何も悪くない、
イジワルはよくない、
だから悪いのは相手
そんな子にへりくだる必要もないし
戦う必要もない
あなたにはちゃんといいお友達ができる
そのお友達を大切にすればいい

そんなふうに言い続けた


担任の先生との個人面談でも
クラスの○○さんとは気が合わないようだが
うちとしては見守る予定です、とは話した。

クラス替えで別々にしてほしいとは願い出なかった。

ただ先生にも様子は見てほしかったので
名前はきちんと伝えた。

子供を見守るとも伝えた。


けれどそれは私には結構つらかった。

だって子供が泣きながら帰ってくるんだもの。

けれど、あれから月日が流れ
子供の世界もいろいろあって

今、うちの子、その子と仲良くしています。


親友ってほどでもないけど
それなりに仲良くやっている。


ああ、見守っていてよかったなと思う。

子供が、相手の子にへりくだりもせず
大人を使って解決しようともせず
嫌なことは嫌、
大丈夫なことは大丈夫
きちんと伝えてきた結果。
子供が頑張った。


これから続く中学・高校
大学
社会にでてからも
人間関係はつねにつきまとう。

嫌な人もいる。

そのとき、親が出張っていって
あの人とは離してください!とは言えない。

きっと小学校でのお友達関係も
これからの人生の大切な基礎

うちの子供はいい経験をしたと思う。

見守って良かった。

もしかすると結果論かもしれないけど
今はそう思う。

あ、でも
集団にイジワルされたり
暴力をともなうようなら
私も介入してたと思う。

そこは臨機応変。

4月。
お子さんが新しい環境に入って
悩むお母さんもいると思うけど
ともにがんばりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.19

縁が運をつれてくる

お久しぶりです。

年明けは精神的な疲れがたまっていて
今年はゆっくりと過ごしたい・・・などと書いていたのですが

すっかり行動派のNolly Changに戻りました。

1月、こんなときは友達に会うのが一番と
ハイペースで人と会っていたら
前向きな気持ちになってきました。

私はきっと見栄っ張りなのでしょう。

こんなことがあってね……
あんなこともあってね……と
暗い話をしても

最後は、
でもこれからまた頑張るよ!と
明るい顔をしてしまう。


大事な友達に、あんまり心配かけたり
愚痴だけ聞かせるのも申し訳ないと
あえて明るく振る舞うのですが、
案外、自分自身がだまされていく。
本当に明るく前向きになっている自分に気が付きます。


そんなふうにして2月はまた頑張り
昨年から続く「しんどいこと」は継続中ですが
停滞していた状況からは這いだした気分。


人の縁が、運を招くのだなーと
身に染みて感じた日々でした。

いつか恩返ししたいです。


ありがとー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.04

2017年の私

新しい年となりました。

毎年恒例、1月最初の更新は1年の抱負。

今年を語るにはまず昨年を振り返りたい。

昨年は人生の転機だった思う。

仕事が変わって大きなチャンスもやってきた。
けれど、さまざまな出来事があり
やらなければならないことに追われ
自分のことどころではなかった。
仕事も停滞。


そして今年。

今はまだ体力と活力をため込む時期な気がする。

停滞しているときにあがくのは、よくない。

けれどきっと、私のことだから
後半にはまた動き出しているだろう。

このブログの読者のかたにも
好調な時も、低調な時もあるかと思います。

たくましくしたたかに生きていきましょう。

今はだめでも、いつかまた。


今年もよろしくお願いします。

Nolly Chang


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.19

サンタクロースは要るのです

2016年12月19日の日経新聞朝刊の文化欄に
面白い記事を見つけました。

サンタクロースもご高齢で
世界中の子供たちにプレゼントを配るのが大変らしく
サンタクロースを公募し
条件を満たす人物を公認サンタと認定しているそうです。

その条件とは・・・

・体重120キロ以上
・結婚していて子供がいる
・50メートルを全力疾走したあとに
 煙突をよじ登り、暖炉からはい出て
 ジンジャークッキーを早食いし
 また煙突から出ていく……を、2分以内でこなす!
・長老サンタに英語かデンマーク語で挨拶する
サンタ語で古文書を読める

なんと厳しい条件でしょう!

この条件をクリアし公認サンタになった日本人はただ一人。
もっというとアジアにただ一人だそうだ。
その人はパラダイス山元さん。

世界に120人ほどの公認サンタは
毎夏集まって会議を開き、
クリスマスのありかたを話し合うそうです。


Nolly Changはこの記事を読んでとても楽しい気持ちになりました。
サンタクロースになる条件の厳しさに驚くと同時に
サンタクロースに人々が託す想いにふれた気がしたからです。


「サンタクロースが本当にいると思ってるの?」
小学生ぐらいから聞かれた質問。
というよりも問いただされるような詰問。


けれどNollyChangは、サンタクロースが本当にいるかどうかより
サンタクロースがいたらいいな、いてほしいな、という気持ちを
大切にしたいと思っている。


日経の記事にも、パラダイス山元さんの体験談で
サンタクロースを切実に必要とした子供たちの話が書かれていた。
その箇所にはぎゅっと胸を締め付けられた。
(ぜひ、読んで下さい)


サンタクロースは居るのか?ではなく
サンタクロースが要るんだよ、この世界には。


前にもこのブログで書いたけど
NollyChangは12月に起きた素敵な出来事は
すべてサンタクロースからの贈り物だと思うことにしてる。


どうぞ皆様にもサンタクロースの祈りが届きますように

メリークリスマス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.23

映画「シン・ゴジラ」

「シン・ゴジラ」見ましたか?

最初、日本の政治を風刺してる映画なのかと思った。
でも最後までみたら、まったく違う感想を持ちました。

これは
東日本大震災という未曽有の危機に、
民主主義をかかげる日本がどう戦い、いまも戦い続けているかの物語。

もしくは
こんなふうに戦ってほしいというメッセージの物語。


ゴジラの出現に立ち向かうのは
超人的な能力をもつスーパーヒーローではない。
政治家と学者と官僚と、シビリアンコントロールにある自衛隊。

作戦を練る場所は、
最新鋭のテクノロジーが集結する秘密基地ではなく、
普通の会議室。
文書を共有するため、コピー機が必需品。

ゴジラを倒すのは
秘密裏に開発された秘密兵器ではなく、
ルールを守る自衛隊であり、
官民一体のヤシオリ作戦。


これは、民主主義を掲げる国の、
国民に選ばれた政治家と、
国のために働く国家公務員が
危機にひんして如何にして国民と国土を守るかという話。

敵はゴジラだけではなく、
世界から国を守る話。


まだ上映しているようなので、
見ていない人はぜひ見てください。

うちは家族で見に行きました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

本「また、同じ夢を見ていた」 住野よる著

またブログをちょこちょこ書こうと思う。


直近、読んだ本「また、同じ夢を見ていた」

小学生の女の子が幸せとはなにか考えるお話で
ファンタジーだ。


この本を読み終えると、
人生は何度でもやり直せるし、
未来は選べるのだと思う。

そんなやさしさに包まれる。


良書。

Photo

「また、同じ夢を見ていた」住野よる著

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.04.10

絵画鑑賞の新しい楽しみかた

ちょっと前の話になるけど2016年3月の日経新聞朝刊、
文化欄の記事が面白かった。

右上の絵画の紹介コーナーで、
「バンドやろうぜ!」という、いしいしんじさんが選ぶ10作選。

古今東西の名画に「バンドやろうぜ」という回覧板が回り、
それに呼応した10作の絵画というお話。

ルノワールの「ピアノの前の少女たち」に始まり
マネ「笛を吹く少年」が続き、
マン・レイ「アングルのバイオリン」と様々な楽器が集まっていき
ボーカルは「空也上人立像」で、
最後はマティスの「ダンス」でした。

楽しそうなバンド!

Nolly Changはあまり絵画は詳しくありませんが
中野京子さんの「怖い絵」を読んで
絵画の読み解きに少し興味を持ちました。

西洋絵画って、キリスト教や時代背景をしっかし学ばないと
きちんと楽しめないのだなーと思い、
興味はあるけどなかなか踏み込めない分野でした。


でも、いしいしんじさんの連載を読んで
勝手に想像してお話をつくって楽しむのもアリなのね!と
目からウロコ。


1枚の絵画から無限に広がるストーリー。


美術館に行って1枚の絵に想像力を働かせるのも
面白そうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.03.11

5年という歳月

東日本大震災から5年。

あれからずいぶんたったような気もするけれど
あの日のことは鮮明に思い出せる。

それが5年ということだと思った。


5年前、家の方向が一緒だということで
ある女性と行動を共にした。

震災から1年後、
私は彼女に再会し近況を報告しあうとともに
1年前の出来事を共有した。

そして今年、
「お元気ですか」と4年ぶりにメールをすると
そのメルアドはもう使用されていなかった。

これが5年ということなんだなと感じた。


彼女が元気で幸せで、
5年目の今日という日を迎えていてくれればいいと思う。

5年前の3月11日、
私たちはお互いに励まし合って自宅を目指しましたね。

あなたがいてくれて、本当に心強かった。

何年たっても同じように思い出すと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.03.04

2016年のうるう日

今年はうるう年。

4年に1度の2月29日を特別な日にする
Nolly Changのライフワーク。

今回もぶらり気ままに一人旅を決行しました。

感慨がありました。
それこそ8年前は子育てに追われていて、
自分の時間なんてなかなかゆっくり持てないころです。

一人列車に乗り、朝から缶ビールあける贅沢に
嬉しさよりも切なさがあった気がします。

今はもう、行こうと思えば行ける。
子供もだいぶ大きくなったしね。

けれどやはり一人旅って貴重で、胸にしみる。

普通、基本は家族旅行じゃないですか。

なのに、勝手に一人で出かけてしまう。
2月29日なのを言い訳にして。


こんなワガママが通る私の現状に感謝。

仕事を休んで、お金かけて、
子供が学校に行っている間に
ぶらっと出かけてくる。
それを許してくれる夫。

サイコーじゃん。

恵まれてるんだな、と思う。


かなり遠いところまで行って、
初めての駅に降りて、
ブラブラ歩いてた。
梅の花が咲いてた。

感謝を忘れずにいよう。

そう思いました。


4年後の2月29日も楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2016.02.26

2016年の私

なんだかすっかり2月末。
毎年、新年の抱負をブログに書いていたのにもう2か月たってます。

遅くなったけど書いておきます。自分のために。


今年から仕事の内容が変わるので気持ちが忙しい。
新しい仕事にもまだ振り回されていますが
それ以上に気持ちが忙しい。

大丈夫なのかと本当に心配ですが
進むしかないし、
自分で切り開いてやっと立てたスタート地点でもある。

行くしかない。


子供のことも心配。

成長したので任せられることもたくさんありますが
きちんと気にかけ、心をくだくことは
むしろ今からが大切。


キャパシティをオーバーしている気もする。

できるのか?

やるんだよ。


怖いな。

でも、やるんだよ。

2016年は自分がとことん試される年だと思います。

合言葉は
やるんだよ、
だって、やりたいんでしょう?


健康には気を付けよう。


皆さまにも実りある1年が訪れますように。
Nolly Chang より。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«「行ってらっしゃい」の後ろで