« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.26

「美人画報ワンダー」安野モヨコ

美人画報」「美人画報ハイパー」「美人画報ワンダー」と、美人画報シリーズの3部作目にして完結編。

この3冊にはものすごい共感を覚える。
たまたま美人画報の前に、某有名モデルさんの美容本を読みましたが、ふ~んと思うだけ。
だって、もともとが美しい人じゃん?そして美しくあることこそが仕事の人ではないですか。結局、彼女の美しさをキープする方法や、さらに際立たせるための心がけやテクニックについてしか書かれていない。普通の人とは土台が違うのですよ。

しっかし、安野モヨコさんは違う。
彼女は漫画家。売れっ子漫画家ではありますが、面白い漫画を描き続けなくちゃ食べていけない。売れっ子であるがゆえに徹夜もしょっちゅうのハードワーカーです。ストレス発散のためにドカ食いしちゃうこともあるし、スタミナつけるためにも脂っこいものだって食べちゃう日もある。

わかる、わかるよ。その日常。
私も深夜まで働いたり、接待が続いて高カロリー・高脂肪な食事をとったり、頑張る姿を美しいと精神論で弁護するのが精一杯で、ビジュアル的にはマイナスになる生活をずっとしていたから。

でも、美しくなりたいと思う気持ちはずっとあった。もともとの顔を整形しようとな思わないけど、きちんと手入れされた肌や髪、自分らしさを体現し、からだにあった洋服、喜怒哀楽をあらわすけどベースは微笑みの似合うやさしい表情、的確な言葉遣い・・・そんな美しさを手に入れたくて。

いろんなことを試したり、はじめたりしては挫折。でも女友達に刺激を受けたり、恋が始まったりすると、また頑張っての繰り返し。
最近は、家事・育児・仕事、そのうえ第2子妊娠をかかえようと、疲れた女にならないように、また頑張ってます。

「美人画報」シリーズはそんな私のお手本でした!安野モヨコ、綺麗になったね!すごいよ!
今までのタレント本、”ラクして綺麗になっちゃった~”なんて私は信じない。もがいてもがいて綺麗になるんだよ、たいていは。でもそのもがきっぷりを見せてくれる人っていなかった。だから共感できた。私も頑張んなくっちゃ!って心から思えたもの。

今は光野桃さんのエッセイ「私のスタイルをさがして」を読んでいますが、表現の仕方が大人なだけで、内容は安野モヨコさんの主張とかぶるところが多いです。インテリアと洋服は一緒とか、花をめでる心は大切とか。フムフム。

明日は週末。久しぶりに暖かくなりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.14

つげの櫛

夫が子供と私のためにつげの櫛を買ってくれた。
つげの櫛はとても高い。
1歳8ヶ月のムスメには小さめの5千円程度の櫛。わたしには1万円程度の櫛だ。
なんでも、つげの櫛で髪をとかすと、つやのある美しい髪になるそうだ。
しかし、良い道具というのは大変なものだった。購入後、使用する前につげの櫛を椿油につけて3ヶ月ほど寝かせてほしいというのだ。そうすると、椿油が櫛にしみこんで、髪をとかすときに自然に適度な油が髪に移るらしいし、櫛の持ちもよくなるらしい。そして、数ヶ月使用したら、またしばらく椿油につけこむ。その繰り返しで20年ぐらい持つという。
夫は、この櫛をずっとムスメに使わせて、嫁入りのときも持っていかせたいと、なんだか情緒的なことを言っている。わたしは冷やかしをいれつつも、案外そういうのっていいなと思う。父親からもらったひとつの櫛を大切に使い続けることは、ムスメの髪だけでなく、心やたたずまいも美しくしてくれるような気がする。でも、1歳8ヶ月のムスメに櫛のお手入れができるわけもなく、当面は私が頑張らなくてはならない。・・・面倒。
でも、頑張りますよ、わたし。美しい髪と、ムスメの成長を祈って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.10

妊婦のオシャレ

春です!あったかくなってきましたね!
オシャレがしたいという気持ちになります。
綺麗な色を着たいし、軽やかに背筋を伸ばして歩きたい気持ちです。

私は今、妊娠6ヶ月のため、この春はマタニティウエアになりそうです。
ボトムスはゴムのスカートやパンツ、最後はジャンバースカートだとしても、せめてせめて・・!と春らしい小花プリントのふんわりブラウスを購入したり、ビタミンカラーのトップスを購入してみましたよ。
そうそう、チュニックブラウスも!
バッグや帽子なんかで今年らしさを出すのもいいかもしれませんね。

第1子妊娠のときは、マタニティウエアにお金をかけるのがもったいなくて、必要最低限で過ごしました。
今だけの辛抱だと。
今回、第2子を偶然同じ時期に妊娠したため、前回の服をそのまま着ることもできるのですが、これが最後の妊娠(の予定)だし、もっと楽しみたいと思うようになりました。
幸い、最近はシャツワンピや、チュニック、大き目のニットや、ロングカーディガンが流行っていて、マタニティウエアとして使える普通の服が出回っています。
チャーンス!

ちょっと前までの、ミニ丈で、ウエストシェイプのトップスが大流行だったころの妊婦さんならきっと羨ましがる最近の流行。
楽しまなくちゃあ、もったいないよ。

産後もしばらくは着れそうですし、何より、たいていのお洋服は、数年ごとに大きくモデルチェンジしてしまいます。
定番とか、一生モノって思って買ったお洋服が、すっかり流行遅れになってタンスの肥やしになってることってありませんか?

たとえば、定番といわれた黒のタートルニット(半袖)。
この冬は全然着なかったです。
電車の中やオフィスでは首周りが暑いんだもの。
かわりに購入して大活躍したのが、黒のオフタートルのニット。丈も長めで、ゆるいシルエットだったので妊娠6ヶ月の今も大活躍です。

マタニティウエアに限らず、たいていのお洋服はファッション性でいえば案外短命だったりするので、マタニティウエアやそれに準ずるルーズな服を、2シーズン着られればいいや、と考えれば、もったいないと思わないかも。

妊婦になっても自分のテイストを活かしたお洋服で楽しく過ごせば赤ちゃんも喜びそうな気がします。

さて明日は何を着よう? 


20080408


ゆったりワンピース (ブラック/9号/08春夏ウェア新作/ワンピース)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

少子化と年金

ブログを始めたばかりですが、「週刊!木村剛」にすっかり触発されてしまいました。
月並みですが、ブログってすごい!と感じ、自分も第一歩を踏み出したいと
熱い思いにかられています。

木村さんが、年金はネズミ講か?というコラムを書いていました。
私も、少子化について考えていたときに、
日本の国民年金はネズミ講と同じじゃないか?!と思ったので、
なんだかとてもうれしかったです。
そして、このことを木村さんにトラックバックできる環境もさらに嬉しいのです。


少子化は問題である、といわれます。

少子化、子供が少なくなっていること、出生率が下がっていること。
それが問題になっている。
ならば解決方法は、産んで増やそう、になってしまいがちです。

でも本当にそうなのでしょうか?

たとえば、年金問題。
産んで増やせば、年金問題が解決するというなら
それはネズミ講といっしょではないか?と私も感じていました。

年金問題の解決は他にもあるのではないのか。

結局少子化というのは、問題そのものではなく、1つの社会現象に過ぎません。
問題になっているのは、少子化という現象に直面した現在の年金制度そのものです。

年金制度に抜本的な見直しをすることなく、
少子化現象を憂えていても、根本的な解決にはならない。
木村剛さんのブログのように、年金について正面からぶつかっていかなくてはネ!


**
私が考える、少子化のもっとも深刻な問題については後日、筆を改めたいとおもいます。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« February 2004 | Main | April 2004 »