« 妊婦のオシャレ | Main | 「美人画報ワンダー」安野モヨコ »

2004.03.14

つげの櫛

夫が子供と私のためにつげの櫛を買ってくれた。
つげの櫛はとても高い。
1歳8ヶ月のムスメには小さめの5千円程度の櫛。わたしには1万円程度の櫛だ。
なんでも、つげの櫛で髪をとかすと、つやのある美しい髪になるそうだ。
しかし、良い道具というのは大変なものだった。購入後、使用する前につげの櫛を椿油につけて3ヶ月ほど寝かせてほしいというのだ。そうすると、椿油が櫛にしみこんで、髪をとかすときに自然に適度な油が髪に移るらしいし、櫛の持ちもよくなるらしい。そして、数ヶ月使用したら、またしばらく椿油につけこむ。その繰り返しで20年ぐらい持つという。
夫は、この櫛をずっとムスメに使わせて、嫁入りのときも持っていかせたいと、なんだか情緒的なことを言っている。わたしは冷やかしをいれつつも、案外そういうのっていいなと思う。父親からもらったひとつの櫛を大切に使い続けることは、ムスメの髪だけでなく、心やたたずまいも美しくしてくれるような気がする。でも、1歳8ヶ月のムスメに櫛のお手入れができるわけもなく、当面は私が頑張らなくてはならない。・・・面倒。
でも、頑張りますよ、わたし。美しい髪と、ムスメの成長を祈って。

|

« 妊婦のオシャレ | Main | 「美人画報ワンダー」安野モヨコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/298050

Listed below are links to weblogs that reference つげの櫛:

« 妊婦のオシャレ | Main | 「美人画報ワンダー」安野モヨコ »