« ジュエリーをプレゼントされたい貴女へ | Main | ハーバルエッセンス »

2004.07.07

映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」

見てきました。臨月なのに。もう秒読みで産まれるのに。「ハリーポッターとアズカバンの囚人」。
だって、これみなきゃ、私気がかりで産めないもん!

ところがです。なんかちょっとがっかりしちゃいました。確かに”アズカバン”は上下巻になってるほど長い作品で、2時間半で映画にまとめるのは難しかったと思いますが、それにしたって、ハショリ過ぎなんじゃないのかな。原作をきちんと読んでる人にしかついていけなかったんじゃなかろうか。

これから見る人のために、原作でおさらいしておいたほうがいいと思うことは、
忍びの地図の製作者の名前とその由来。
ハリーの父親と、シリウスらの関係(学校時代)。
守護神について。
などなど。ネタばれになるので、多くは書きませんが、読んでから見るべし。

2作目まではロンが好きだったんだけど(というか、ロンがあまりにもイメージ通りだったのです)、今回、ロン君はぱっとしなかったのも残念です。ネビル役の男の子もだいぶ印象がかわったね。マルフォイも。
少年たちは、役柄のままに成長してはくれないんだなぁと思ってしまいました。

|

« ジュエリーをプレゼントされたい貴女へ | Main | ハーバルエッセンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/922704

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」:

« ジュエリーをプレゼントされたい貴女へ | Main | ハーバルエッセンス »