« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.27

「中二階」ニコルソン・ベイカー

新婚当初に夫に薦められて読んだ。途中で何度も投げ出しそうになったけれど、新婚だったので、夫のために頑張って読んだ。
つまらないっていうか、くだらないっていうか、いや、そこがいいっていうか、要はね、ある男の靴紐が切れたんです。だから昼休みに靴紐を買いに行くんです。それだけの話。終わり。
でもその間にいろいろ考えるんですね、この男は。人生のむなしさとか、人を愛することの素晴らしさとか・・・じゃなくて。
近所の店のドリンクについてくるストローがかわって、ストローが浮いてきちゃうことや、
昼休み直前にトイレにたつのは、早目の昼休みなのか、就業時間とみなせるのかとか、
会社のトイレからペーパータオルが無くなって、送風で手を乾かす機械が置かれたことで、どれだけ不便かとか、
そういったことを真剣に考察するわけです。
「トリビアの種」って感じです。まだ3分咲きぐらいの。
最初、読んでてものすごくつらかったけど、そのうち、「あぁ。それは私も考えたことあるよ」と妙に共感もしちゃって、何とか読み終えました。
その後、私たち夫婦の間では、「ニコルソン・ベイカー的には・・・。」という枕詞でいろんなくだらんことの考察が流行りました。
一番議論を巻き起こしたのは、ウォッシュレットの使用方法について。
「中二階」で、トイレのあと、送風機で手を乾かしてもやっぱりペーパーで手をぬぐいたい話がでてくるけど、トイレで大をしたあとに、ウォッシュレットで洗って、乾燥ボタンを押すだけで下着をはける人はいるかどうか、意見が分かれた。夫は、100%の人が、紙で拭いて最終確認をするはずだといい、私は、いや、ウォッシュレットだけで十分きれいになると経験的に知った人の中には、紙を使わないひとも出てくるはずだと主張。夫は、「まさか君も・・・・・。」「いえいえ、私は紙で確認するけど、広い世の中にはってことよ。」「いや、いるわけない」と、議論は平行線をたどり、そのほかにもたくさんの「ニコルソン・ベイカー的な」話題で大いに盛り上がり、結婚3年、子供が2人よ。

恋人でも夫婦でも、最近どうも会話が少なくなったかな・・という人に、オススメの1冊ですかね。

「中二階」ニコルソン・ベイカー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.24

ローライズでオムツ

生後1ヶ月ちょっとの赤ちゃんが、足をバタバタさせていた。泣いてはいないのでほっておいた。しばらくして見たら、オムツがずりさがっていて、ウンチがベビー布団に漏れていた。ショック。
オムツをさ、ローライズではくのは止めてくれよ~。ちゃんとおへそで履こうね。かっこつけるのはまだまだ早いぜ。
でもひょっとしたら、水泳オリンピック銀メダリストの山本選手の海パンのマネか?山本選手の水着って、かなりローで、ギリギリの部分しか隠してないと思うんですが・・・。
とりあえず、オムツはヘソではくように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.18

私は哺乳類

赤ちゃんが生まれて、母乳がでて思うこと。あぁ私は哺乳類だったんだなって。

動物モノのTVで、犬や猫や、ライオンでもクジラでも授乳シーンがでてくると、親近感がわきます。仲間だなって。きっとあのお母さん犬は今シアワセだぞ、私もだぞ、と思う。

母乳かミルクかでは、
栄養面の話や、手間の話や、経済的かどうか、みたいな比較がありますが、そんなんどうでもいいと思うね。母乳と粉ミルクで優劣を論じることにさして意味はないと思う。母乳が出るか出ないかはメリット・デメリットの話ではないと思う。

私が大切に思うのは、母乳が出て、赤ちゃんが吸ってくれて、私はとても幸福を感じるってこと。

将来、母乳より粉ミルクのほうが栄養価が高いということになって、その上粉ミルクは無料配布ということになっても、母乳を与える幸福を私はきっと捨てられない。

赤ちゃんにとっては、抱っこしてもらって、お腹いっぱいになれば満足だろうから、母乳もミルクも関係ないような気がする。母乳というのは、赤ちゃんのためというより、私の幸福のためって気がしてしまう。

哺乳類としての、プリミティブな喜びがあるんだなぁ。そこには。

ねぇ、ルーシー?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.17

授乳中の牛乳

授乳中に大量に牛乳を飲むのはよくないみたいです。

上の子を産んだ時、授乳は身体の水分をとられてかなり喉が渇くので、牛乳や飲むヨーグルトをごくごく飲んでいました。夏で暑かったし、そりゃもうグビグビ飲んでいました。1日1リットルぐらい飲んでたような気がする。カルシウムが摂れていいかと思ったんですよ。

そうしたら、赤ちゃんのほっぺたが真っ赤になってきた。アトピー??と心配したけど、ほっぺた以外は皮膚に異常なし。そして、ものすごい快便だったのに、便秘気味にもなってきた。
5ヶ月ぐらいのときに小児科に相談にいくと、食物アレルギーを疑われたり、浣腸でウンチをださせたりしていた。

でもなんだか気になって、ネットでいろいろ調べたら・・・
授乳中のママが大量に牛乳を飲むと、赤ちゃんは頬だけ真っ赤になり、便秘気味になります、という記述を発見!!まさにうちの子ではないか~~~~!!!

どうも、授乳期は食べたり飲んだりしたものがすぐに母乳に混ざるみたい。(だからアルコールは飲んではいけない)牛乳を飲むと、母乳ではなく牛乳を赤ちゃんに飲ませてるような状態になっていたのかもしれない。

少しぐらいならいいみたいだけど、気になる人は控えましょう。1リットルは飲みすぎだったよ・・。
私は2人目の子供の授乳中ですが、牛乳は時々コップに1杯程度飲むだけにしています。コーヒーは授乳の後に。コーヒー大好きなので1日2杯ぐらい飲んでしまうけど、これぐらいなら大丈夫かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.16

iPod mini 買いました

買いました。iPod mini。水色。 

上の子がオーディオ壊しちゃって、しばらく音楽から離れて暮らしていましたので、久しぶりにお気に入りのCDを聞いたら、心と身体に音がしみこむようでした。

iTuneにいろいろCDデータ移してたら、案外1000曲なんてすぐだなぁと思ったり、8時間しかもたないのも短いと思ったりしました。じゃあソニーのだったら5000曲だし、もっと長時間聴けるからそっちのほうがよかったかというと、だめですね。iPod miniは、可愛らしいから買ってしまったのです。そしたら、音楽も聴けたというモノ。音楽聴くために買ったわけではなかったの。

ダンナと取り合いだから、もう1つ欲しい。今度がグリーンが欲しい。

BGMは Ego-wrapping でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.13

妊娠!その戦いの後に・・・④

妊娠中に一番心配だったのが貧血。今日は貧血との戦いの結果報告です。

もともと貧血だったのが妊娠でさらに悪化。ヘモグロビンが 11g/dl以下になるのを貧血というらしいのですが8.5g/dlまで悪化しました。これはかなりひどい数値。医師にもせめて“人並みの”貧血になりましょうと言われる始末。
「貧血と戦う!」(2004.5.23のログ参照)でも書きましたが、貧血をいかに改善するか、毎日本当に頑張りました。鉄分の多い食事。鉄分の吸収をよくするビタミンCも一緒に摂取。鉄剤を飲む。鉄分の吸収を妨げるタンニンをとらないようにお茶断ちをする。
おかげで私は毎日のようにレバー食べたり、あさり食べたり、小松菜・ほうれんそう・ひじき・プルーン・・・・・もう本当に鉄分オンパレード!鉄剤+ヘム鉄サプリメント。葉酸のサプリメント。そして何よりつらかったのはお茶断ち。
それまで毎日1リットルぐらい飲んでたお茶を我慢するのはつらかった。コーヒーも大好きだったし。
でも全然治らなくて、最後は静脈注射しました。週に2回、合計12回は打ったと思う。
でもやっぱり治らなかった。9.5g/dl ぐらいまでは改善したけど、2桁まではいかなかったのです。

貧血が治らないまま出産すると、低体重児や赤ちゃんの障害の原因になったり、分娩時に出血がとまらなくなることがあるそうで、すごく怖かった。実際、私は分娩のときに、体温が35.0度まで低下。血圧70/40。夏の盛りの出産で、分娩室は生まれてくる赤ちゃんのために冷房が入っていないにもかかわらず寒気を感じる状態。これらが貧血と関係あるのかわからないけど、もうすっかり気弱になっちゃって、あぁ私、自分の命と引き換えに赤ちゃんを産むんだわ・・・なんて思ってました。

で、結果は3000g弱の可愛くて、健康な赤ちゃんを出産。出血は100ccでかなり少なめ。安産らしい。

出血が少なかったのはマタニティビクスのおかげかもしれない。その病院ではマタニティビクスに20回以上参加した妊婦は分娩時間が短く、出血が少なくてすむというデータがとれているらしいから。

妊娠中に貧血になってしまう妊婦さんは多い。頑張って治すように努力してほしいけど、最後はあまり心配せずに出産を迎えてください。私も貧血を治そうと頑張って、本当に頑張って、でも治らなくて、弱気になったけど、ちゃんと可愛くて健康な赤ちゃん産めました!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.12

妊娠!その戦いの後に・・・③

妊娠線予防にも頑張っていた私の妊娠生活。結果どうなったかといいますと・・・。
ズバリ、妊娠「点」ができていた。

松本清張「点と線」ですよ。(???) とりあえずポツポツと点ができて、多分あのままもっとお腹が膨らんでいたら点がつながるように線になっていたんだと思う。こわい、こわい。

点は赤い色で、蚊にさされたかのようです。 第1子のときの経験からすると、赤い色ならそのうち薄くなってかなり目立たなくなる可能性大。 来年の夏はビキニを着れそう~。

線がしっかり入っちゃって、色も青くなってしまうと、残ってしまうらしい。妊婦さん気をつけてくださいよ。とくに、臨月に入ってからは、日に日にお腹が大きくなるからしっかりクリームを塗るといいです。お腹の下のほうとか、見えなくなってたり手が届きづらくなるけど、鏡を見ながらしっかりケアしてください。

当ブログで「妊娠線予防とリンパマッサージ」(2004.5.5更新)でも書きましたが、私は100円ショップの保湿化粧水・保湿乳液・クリームを惜しみなく塗りたくって、妊娠線ができる寸前でなんとか逃げ切りました。高い商品を使わなくても、頻繁にたっぷり使えば大丈夫ということの実証。ちなみに10日で1本は使い切っていました。妊娠6ヶ月目ぐらいからケアを始めたからものすごい本数の化粧水・乳液を使ったことになるけど、100円だからOKです。
保険士さんによると、ハンドクリームでもいいそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

妊娠!その戦いの後に・・・②

妊娠中に出来てしまった静脈瘤と戦った私。はてさてその結果は?

<静脈留>
出産とともに、浮き出ていた血管は見えなくなりました。でもしばらくはサポートストッキングや、メディキュットなどのサポートソックスをはいていました。また、産後3週間は重いものを持たない、足を高くして寝るように言われました。血栓ができるのを防ぐ薬として、バファリンという薬を処方されました。バファリンって頭痛薬のアレでしょうか?
なにはともあれ、血管は見えなくなり、スカートも安心してはけそう。
静脈留が出来てしまった妊婦のみなさんは、まずサポートストッキングを着用し、ひどいようなら薬ももらいましょう。重いものは持たない。たちっぱなしを防ぐ。足を高くして寝る。など実践してください。産後はキレイな足に戻りますからね~。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.11

妊娠!その戦いの後に・・・①

お久しぶりです!妊娠中は体重管理・静脈留・貧血・・・と戦い、その戦いっぷり(?)をブログにのっけてきましたが、ついに出産。戦いもまずは終了し、次のステージ(育児)へと移りそうです。今日は、妊娠中の私の戦いの結果がどういう結果になったかを報告しようと思います。今日は体重管理について。

<体重管理>
完勝!一本勝ち! 
4キロ増で出産することができました。ちなみに赤ちゃんは3キロ弱。標準体重です。食べてキレイ。―“25kgダイエ...">園山真希絵さんの本を参考に、赤ちゃんにも母体にも良い食生活を心がけた結果です。モリモリ食べてましたが、何をどう食べるかをちゃんと行えば太らないのです。産後も低炭水化物・低インシュリン・お酢を多用する食生活を続ければ、ぐ~んと痩せそう。
そして本当に、産後1ヶ月で7キロ痩せちゃった!妊娠前より3キロ痩せてるよ!そんでまだ痩せそう!どうだ、参ったか!ふぁっふぁっふぁっ!
あとは、週3日通ったマタニティービクスも良かったです。適度な運動・ストレッチは身体にとてもいい。産後もうしばらくしたらアフタービクスにも通う予定です。アフタービクスとは、産後にゆるんだ部分を重点的に引き締めるためのエアロビクス。体重を落とすだけでなく引き締めもできれば最高~。
産褥ニッパーや、ガードルもかかせないです。サイズはウエスト67、64と買って、お腹の引き締まり具合にあわせて着用。けっこうお金かかるけど、下着はしっかり買い揃えたほうがいいです。そして最後はウエスト58できっちり!
産後、女性の身体は元にもどろうという作用が働いていますので、この機にしっかりボディメイクしましょう。みんな頑張ろう!産後2日目から地道に産褥体操することが第一歩です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »