« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.30

無調整豆乳

豆乳が美容にも健康にも良いと、ブームになってるのは知ってたんですが、とくに無調整豆乳のことだとはつい最近まで知りませんでした。
教えてくれたのは、とても美人な友達のYさん。美人な友達が教えてくれるキレイの秘密。これはすごい情報よね。あるある大辞典とか、おもいっきりテレビとかで教えてもらうより、よっぽど貴重な情報という気がする。
でも私は、調整豆乳は見たことあるけど、無調整豆乳なんて見てないゾ。と思った。Yさんが言うには、TVで無調整豆乳を取り上げたおかげで、店頭に並ぶと即完売してしまうから、調整豆乳しかないのだと教えてくれた。
そうだったのか・・・。Yさんに教えてもらわなかったら私、一生調整豆乳しか知らなかったかもしれない。Yさんありがとう。心まで美しい美人とは貴女のことよ。
で、早速その日からスーパーに行くたびに無調整豆乳があるかどうかをチェックすることにした。1週間後、ついに無調整豆乳を発見!飲んでみた。
こ、これは・・・・・!
私が小さい頃に飲まされて、私を豆乳嫌いにした、あの味ではないか!

近頃豆乳を飲んだら、けっこう美味しく飲めたんです。私は豆乳が苦手だったけど、大人になったから飲めるようになったのかと思っていたら、それは調整豆乳だったんですね。何をどう調整してんのか知らないけど、かなり飲みやすくなってたことは確かです。

無調整豆乳の味は、子供の頃のイヤ~な記憶を呼び戻した。健康にいいから!って無理やり飲まされて嫌だったな、、、と。
でも不思議と、今はそんなに嫌な味じゃない。やっぱり大人になったから?
大豆そのものの味がするんだよね。最近わたしはお豆腐が大好きで、よいお豆腐買って来ては、醤油も何もつけずにそのままお豆腐食べてるの。大豆そのものの味を堪能してるんです。無調整豆乳は、質の良いお豆腐の味。

調子こいて私は、「イソフラボンの味がする!イソフラボン、ボン!」などと鼻歌を歌っていた。肌がキレイになりそうな気がした。

多分、8割は、美人なYさんが教えてくれたおかげで、美味しく飲めたんだとおもうけどね。イソフラボン、ボン!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.29

秋なすと夏みかん

秋茄子を買った。料理しながら考えた。秋茄子って・・・何? 秋にとれるナスのこと?夏に食べてたナスとはどう違うの?収穫時期が違うだけで品種は同じなのだろうか。見た目は同じような気がする。それとも、実は品種からして違うものなんだろうか。

たとえば、夏みかんとみかんは品種からして違う。収穫時期が夏か冬かという違いではない。

ならば、ナスと秋茄子はどういう違いなのか。

ぼーーと考えながら作った料理は、鶏肉とナスとトマトの炒め蒸し。夏にも作ってたメニュー。夏のナスで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.28

雑誌「VERY」の存在理由

酒井順子「負け犬の遠吠え」を読んで、その1とでもしましょうか。

今まで雑誌「VERY」をなにやら滑稽で、痛々しい雑誌のように感じていたけれど、「負け犬の遠吠え」を読んでからは随分と考えがかわった。

滑稽で痛々しい・・と思っていたのは、どんなブランドを持っているかで幸せ度合いをアピールしようとしていることだった。買い物に行くには、このクルマにこの時計・・・ホームパーティにはこんなジュエリー・・・・子供の学校にはこんなスーツ・・・センスうんぬんよりもまずブランド名がきてしまう世界。
結婚して子供が生まれたってだけでは飽き足らず、ブランドもので幸せ競争なんて、いまどき流行らない。そう思っていた。

しかーし、「負け犬の遠吠え」を読んでいて思ったんですね。
TOKYOは今やすっかり負け犬パラダイス。大量発生した負け犬に都会は優しい。丸ビル、汐留、六本木ヒルズ、新しい都市空間は負け犬女性をターゲットにし、レストランもファッションも、ライフスタイルも旅行案内も、すべて負け犬仕様になっていることのいかに多いことか!
酒井順子を筆頭に、「ワタシ、負け犬ですからぁ~」なんていいつつも、日々これ楽しというのが今の東京。いつの時代もマジョリティ中心に世の中動いていくのよね。
結婚して、子供2人産んでる私は”プチ貞子(緒方貞子さま)”予備軍と本では持ち上げられたりもしてるけど、なんのことはない、スーパーマイノリティざんす!
仕事の後は保育園にお迎え直行、超特急だし、週末は掃除と買出ししないと生活が成立しないのが現状。東京の街を楽しみ尽くすなんて数年先ですわよ。

なんかこれって悔しくないか?結婚・出産して世の中では王道なんて言われても、実は違うじゃん!名誉はあるけどそれしかない、現代の没落貴族???

だからこその「VERY」である。

結婚して子供もいるけど、まだこーんなにスタイルもいいし、美しいんですのよ、アタクシ。 主人や友達と、オープンしたての素敵なお店でデートもしてますの。そのときは、主人が買ってくれた○○(ブランドもん)を身につけていくのが妻のたしなみですわね。デイリーなシーンでは、××(ブランドもん)を愛用してますけれどね。フフン。

要は、夫&子供という王道の幸せも手に入れてる上に、負け犬の皆さんが謳歌してるような東京ラグジュアリーライフも、当然のように手に入れてる「私」のアピールなのね。名実ともに私が勝ちよ。試合に勝って、勝負にも勝つ。これが「VERY」の精神。
負け犬が侵食していったのか、はたまた世の中が負け犬に寄り添うていったのか、負け犬のための街になってしまった東京CITYに、一矢報いた雑誌なのだ。

なんかアッパレ!って気がしてきたよ。頑張れ、VERYな皆さん。私はこっそり応援します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.27

かくれんぼ

2歳の上の子がかくれんぼ遊びを覚えて、一緒にかくれんぼで遊ぶことが多くなった。実際は、全然隠れてなくて、
「こっちだよー」と教えてくれる。別に教えてくれなくても、隣の部屋で立ってるだけだからすぐ見つかるのだけど、わざと 「どこかな~?」なんて言ってると、「ここだよー」と教えてくれる。とてもニコニコして立っている。
(隠れてもないのに)見つけてくれてありがとう、って感じで立っている。きっと本当はこういうことなんだろうな。
わたしも言わなくてはいけないかな。「そこにいてくれてありがとう」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.15

脱!ぐーたら

ここ最近、寝てばかりいました。寝ても覚めても、寝てばかり。????

久々に家の中をきっちり掃除して、だんだんやる気になってきました。まずは環境をきちんとするって大事なのね。風水でも、まずは整理整頓なんでしょう?
こっざっぱりした場所にはよい風が吹き込む。よい風を吸い込めば、よき気持ちが生まれる。

エネルギーの循環ってすごいよねえ。

もうしばらくしたら、完全復帰できるかな。せめて本ぐらい読む気持ちを取り戻したい。

こんな更新でごめんなさい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.08

BOAOの松嶋菜々子さん

BOAO創刊の目玉企画として、久々に松嶋菜々子さんが登場した。これは読まなきゃ!とコンビニに走った。

私、いまや彼女を尊敬しているのです。
結婚後、新居を建て、大河ドラマや連ドラのヒロインをきっちり演じたあと、お仕事をセーブして、誰にも迷惑かけないように仕事環境を整理して、30歳で見事に妊娠・出産。素晴らしい計画出産です。働く女性としてはお手本にしたい産みっぷり。
彼女の所属事務所もそれを支援したということは、彼女は出産後も女優・タレントとして活躍していけるという事務所の確信もあったということでしょうか。彼女の人柄かもしれません。とにかく、会社にも大切にされているということも、尊敬に値します。

私は、出産は素晴らしいことだと思うので、できちゃった結婚でも、うっかり妊娠しちゃったでも、いいと思うんです。だけど、働く女性として、また産後も働きたいと思うならば、
できちゃったので、お仕事を急遽降板しま~すという女性タレントや、アルコールのCMに出てたのにどうすんだよ!という混乱などはやっぱり避けるべきかと思うのです。
その点、松嶋菜々子さんは立派だった。好感度の高い女性から、一気に尊敬に値する女性に昇格です。

そんな彼女が、何を語るのか、ものすごい興味があったのね。
多分「ママ」のイメージをあまり強くしたくないんだろうけど、「ママ」という現実を一切見せないのも白々しい。さあどうする、松嶋菜々子!

結果は、「今は子供のことで頭がいっぱい」程度の記述だけで、残りは彼女の前向きな考え方とか、30代にしたいことや、ファッションと美容の話。
ちょっとガックシでしたが、まあそうだよね。ファッション誌のインタビューだもんね・・・。
今後女優として、独身女性の役も、恋愛ドラマも幅広くやっていくために、ママ、ママしてられないのかもしれないけど、出産したことを大切なバックグラウンドとして時々見せて欲しいと思う。
芸能界に限らず、リアルな自分をもっていないと世の中では通用しない。計画的に子供を産んだ強い意志を持つ松嶋菜々子のリアル。出産後も女優を続けていくリアル。
もともと美しく、素敵な女性であったけど、結婚して母親になってますます素敵になったというところを見せて欲しい。それが私にとっては励みになるから。

BOAOのインタビューではまだまだ物足りない。これからも注目の人です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

美人な声

子育て中はテレビよりラジオ!子供って目が離せない生き物であるし、子供もTVより自分を見てよと要求している。TVをつけると、たとえつまらない番組でもついつい見ちゃって、だらだら時間が過ぎてしまうのもよくない。ラジオをかけていれば、適度にニュースや街情報が聞けるし、最新の音楽も聴くことが出来る。というわけで、私はけっこうラジオをよく聴きます。

ラジオを聴いていると、声の印象って大事だなぁ~と改めて思います。

TOKYO FMを聴くことが多いんですが、お昼の番組「Happy Go Lucky!」のパーソナリティ、アンナさんの声。声の中に必ず“くすくす笑い”がこもっているような・・・いつもとっても楽しそう。ハッピーな人、という印象。彼女が友達だったら、会うたびに明るい気持ちになれそうです。

午後の番組「Beautiful」の坂上みきさん。この人の声やしゃべり方は、トゲはないけど毒はある。毒というのはけっこう魅力で、トゲがないというのが大切な要素。ねっとりした口調でしゃべっても、さっぱりしてるのは彼女の性格によるものか。

私の声はどうか??多分、けっこう耳障りな声なんだろうなぁ・・・・・。美しい声、優しい声、甘い声。楽しそうな声。毒を含んだような声。きちんと意識して声をだして、しゃべり方も研究したほうがいいんだろうな。
最近、育児で家にひきこもりがちで、あんまり人としゃべっていないんだから、しゃべる時ぐらい意識してみようと思う。とりあえず、明るくて楽しそうな声を目指しますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.03

「るきさん」高野文子

夫は「るきさん」みたいな女性がタイプだという。るきさんの友人のえっちゃんは嫌いなタイプらしい。
でも私はどう考えたって、えっちゃんタイプだろう。
ああ、でも私は「るきさん」みたいな女性になりたいなとは思うのだ。
るきさんではないけれど、るきさんみたいになりたいと思ってるタイプだから、夫は私と結婚したのかなぁ。


るきさんちくま文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.02

つげの櫛 その2

今年の3月に購入したつげの櫛。(2004.3月のバックナンバー参照)きちんと使い続けています。

2ヶ月に1度、数日間つばき油にひたすというお手入れも継続中です。つばき油に浸した後は、櫛に油が適度にのって、髪がしっとりしていいです。

購入するときは、お店の方とよく相談するといいと思います。パーマをかけているか、かける予定があるかなどを話して、自分の髪質やヘアスタイルにあった櫛目を選んでくれますよ。
先日、久しぶりにパーマをかけました。ゆるめの。 
ゆるめのパーマをかけるだろうと相談して買った私のつげの櫛は、やや櫛目がワイドなので、パーマ後もきちんと髪をとかせます。

お店の人とじっくり相談してモノを買うというのは、良いことですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »