« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.28

「太陽と毒ぐも」角田光代

つい先日友人から、条件も趣味も全部あうのに、なあんかピンとこなくて、何度かデートしたけど結局ダメだった、って話を聞いたばかり。
デートする前も、デートしてるときも、デートの後も、思うんだよね。自分の理想に限りなく近い、いや理想そのままの人かもしんない。もう付き合って結婚してしまおうって。でもどんなに自分の気持ちを盛り上げようとしても、どーもダメでサぁ。と、友人。
っていうか、盛り上げようとすること事態がすでにダメって感じ?と私。
そーそーそー、わかってくれる?と友人。

なのにですよ。そんな会話を実際してたというのに、
最初はこの小説がよくわかんなかった。
人を好きになるってどういうことか、忘れてた。


この小説はとんでもないカップルの話ばかり。
30歳にして万引き癖が直らない女とそろそろちゃんとしたい男。
買い物依存症の男と自宅に積み上げられた商品にイライラする女。
アニバーサリー女と、平凡な日常で十分な男。
熱狂的巨人ファンの男と野球なんて知らなかった女。
こんな男女の恋愛模様を書いた小説。

例えば、スナック菓子をご飯にする女と、自炊もいとわない食事に関心のある男。

そんな2人が同棲してたら、そりゃあ別れるだろ。
食事の趣味が合うってすごい大事じゃない?と私は思った。
でも男は別れようとしなかった。
「だって、たかがスナック菓子が原因で別れるなんてバカみたいじゃないか。」と。
そして、味覚が合い、ともに食事をすることに何の違和感もない女と、
「たかが味覚があうくらいで」寝ようと思うなんて馬鹿げてると思うのだ。


私の感想は・・・
えええ、何で?何で?味覚って大事だよ。
食習慣って大事だよ。一緒に暮らしてたらなおさらじゃん!
スナック菓子をご飯にする女より、一緒にくみ上げ湯葉をつつける相手のほうが、アンタ幸せになれるよ、・・・・・・!!!


しかし。次の瞬間友人のことを思い出す。
条件や趣味や、はたまた味覚があえば、人は必ず恋に落ちれるのだろうか?

そんなことありえないって、なんだ、自分でもよく知ってることじゃないか。

病的なクセがあっても、大幅な相違があっても、それをどんなに憎んでも、イライラしても、好きになってしまうのは度々あることで、案外世の中、そんなカップルでいっぱいだ。


ねぇねぇ、そうすると私と夫って、なんか奇跡みたいなカップルじゃない?とちょっとのろけモードにもなるけど、一緒に暮らし始めた頃は随分もめた覚えもある。そのたびに、「だってそれでも」好きになった人だからと、思ってきたような気がする。相手のクセや習慣が気に障るからと別れたりはしなかった。

「だってそれでも」  
これはすごく大事なことだと思った。


今、恋している誰かに、
重大なような、でももしかすると些細な不満のある貴方に・・


購入はこちらから
太陽と毒ぐも」角田光代


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.27

角田光代が嫌い(だった)

最初に謝っておきます。全国の角田光代ファンの皆さん、ごめんなさい。これから書くことはすべて私怨に基づいていますのでどうぞお許しを。

夫がですね、みっちゃん、みっちゃんってウルサイのですよ。みっちゃんはなんか可愛いんだよねー。文章もいいんだよねー。とにかく可愛いんだよねー。と。

むかつくから、夫が読んでた角田光代を私も読む。
エッセイ集・「これからは歩くのだ」「恋愛旅人」
小説・「みどりの月」「東京ゲストハウス」「地上八階の海」

これらの本を読んで思った。こいつはなんなんだ。

角田光代という人は、
就職して働くことも苦手だし、計画を立てることも苦手だし、道にもすぐに迷ってしまう、なんだか頼りなくて危なっかしいけど、どういうわけか一人でアジアをぶらぶら旅行してしまう。
旅行先でも道に迷い、行き当たりばったりだけど、親切な地元の方に出会ったり、日本人旅行者に会ったりして、ビールをたくさん飲む毎日。
あ、でも私、旅先で出会った人とビールは飲むけどエッチはしませんよ、っていうのが上のエッセイ2冊から読み取れる内容。

小説では、アジアを放浪する人たちが出てくることが多かった。
そして象徴的に出てくる女がいる。
顔立ちは美人なのに、とにかく不潔で、歯なんて黄色で、伸び放題のストレートロングの髪はバサバサで、お金をもってなくて、あつかましくて、男にもだらしない、なんだか気味の悪い女。
その女を嫌悪する主人公。

なんだかね、その主人公がみっちゃんにかぶさってくる。
気のせい?
みっちゃんが嫌悪する女は、みっちゃんが、「私はアジアを一人で放浪しちゃうけど、決して、こういう女ではないんで、私とは一緒にしないでね!」と言うために登場しているような気さえする。

私(角田光代)って、ぼんやりしてて、隙だらけの女の子だけど、
不潔だったり、ふしだらではないのよって、アピールされてるように思う。

夫はまんまと引っかかって、「みっちゃんて可愛いなぁ」と何度も言う。
なんなのよ、ソレ。私はぼんやりもしてないし、隙もないし、計画立てることも、地図読むことも得意だわよ!

だから角田光代が嫌いなのだ。

でも、今は「嫌いだった」と言おう。それは、「太陽と毒ぐも」という小説を読んだから。この小説についてはまた改めて書きたいと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.22

少子化対策ー週休3日くれ!その②

先日書いた、週休3日くれ!-は、結構マジメなので自分でフォロー。

一人目の子供を産んで、仕事復帰したあと、自分で言うのもなんですが頑張ったんだと思います。
仕事も続けたかったし、子供もきちんと育てたかったし、女性としてもきちんとしていたかった。
そして私は、けっこういろんなことを手際よくこなしていたように思う。

でもやっぱり、どうしようもなく疲れてしまうことが何度もあった。
時間の使い方がけっこう上手い私でも、ヘトヘトのヨレヨレになることがあるんだから、”自分は不器用だから・・”とか、”そんなに根性ないし・・・”って思う女性は、ワーキングマザーになることを諦めてしまう。
はたまた、子供を預けて働くことに抵抗があって、ワーキングマザーになれない人もいる。
かといって、妊娠・出産で即・専業主婦になるには勇気がいる。気持ちの問題や、お金のことなどあって、ためらってしまう。その結果、妊娠を回避して今日・・・という人がけっこういる。

だからこそ、週休3日くれ!という言葉が出た。週休3日というのはひとつの提案で、別に、毎日時短3時間とか、週に2日は半日勤務とか、なんでもいい。
要は、もっと気楽に出産しよう、育児しよう、仕事も続けようって気持ちになれるようにしてほしい、ってこと。

「仕事も育児も・・なんて自分には無理」
「子供を朝から晩まで預けるのは後ろめたい」
そんな”ためらい”を払拭するのは、思い切った休暇制度や時短制度だと思う。
育児も仕事も余裕をもってできるようにして、頑張らなくてもできそうにすることだ。

その間は、仕事はキャッチアップ程度になってしまうかもしれないけど、仕事か子供かなんて二者択一を女性に迫るような現状は少子化をすすめるだけだと思う。

会社は利潤を追求するところで、子育てをすることは会社に直接貢献しないが、少子化対策が国策として急務であるならば、国が会社に働きかけてでも、思い切った時短・休暇制度をすすめるべきだと思う。

パパもママと一緒に育児休暇とれるようにすべきだ。せめて子供のためにもっと休もう。もっと早く帰ろう。
会社の中でも、地域社会の中でも、子供のために数年間ほど仕事を軽減することが、もっと尊敬される社会であるべきだ。

そして子供をもつことが「大変なこと」ではなくて、「ライフスタイルとしての豊かさ」につながるようであれば、きっと子供を持つ人が増えると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.20

少子化対策ー週休3日くれ!

少子化に危機感を持っている人が増えているそうですね。私は2人産みました。産んだからいうけど、すごく大変なことよ。他の人が躊躇してしまうのもよくわかるってもんだ。

私の場合大変なのは、子供2人いても働きたいからだ。
そして世の中には働き続けたいから、子供を産むのをためらう人が多いってことだ。


現在は育児休業中なので、子供のために晴れた日にはお布団を干してあげ、バランスの取れた食事をつくり、歯磨きもきちんとしてあげて、髪の毛も可愛く結んであげて、絵本もたくさん読んであげれるけど、仕事に復帰したら、このうちいくつかのことは、手抜きしたり、いいかげんになったりするんだと思う。
淋しい。そんなんでいいのか?と思う。
今朝も2歳のお姉ちゃんは朝ごはん食べるのに30分かかった。もし私が会社いくようになったら、10分で食べてもらうか、朝5時半には起こして朝ごはんを始めなくてはいけなくなる。大丈夫なのか。
きっと毎日があわただしい。
週末には、洗濯と掃除と買出しだ。

あえて叫ばせてください。

育児中の働くママは(パパでも)、週休3日にしてください。
土日以外に水曜日あたり、お休みがあったら、家事もきちんとできて、子供と向き合う時間も増えて、少し余裕がうまれると思う。

ワーキングマザーが疲れきってて、大変そうだから、後に続く人が増えない。
育児も仕事も楽しそうにやってる人が増えないとどうしようもない。

神様、育児中の今だけでも、1日36時間にしてください。もしくは週休3日ください。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.19

UTADAよりBOA?

そういえば、宇多田ひかるがUTADAで全米デビューしたけど、結局どうだったんだろう?って思い出して、今チャートをチェックしてきたところ。

初登場160位。

なるほど。ちょっと淋しかったね。

宇多田ひかるは大好きで、アルバムはけっこうよく聞いてるんだけど、アメリカウケはどうなのか、とは思っていた。アメリカで人気のある女性アーティストって、パワフルに歌って踊るセクシーアマゾネス・タイプか、圧倒的な歌唱力で歌い上げちゃうタイプのような気がする。
UTADAを聞いてて、思い浮かべたのはデズリーが好きなタイプかな。あ、私、洋楽は詳しくありません。あんまりつっこまないといて。

結構さ、BOAちゃんなんかが、なんの気負いもなく、さらっと全米でも活躍しちゃうんじゃないかと思う。踊れるし、ボディもけっこうムチムチしてて。 サラサラのロングストレートもアジア的だし、なんといってもあの童顔が(って、本当にまだ若いから童顔で当たり前なのかも)アジアの女の子のイメージにあってると思う。そういうアジアっぽさがあるのに、激しく踊ってしまうのが新鮮にうつりそう。韓国語・日本語・英語に堪能というのも、アメリカという国際社会を内包してる国では強みだと思う。

とりあえず、UTADAもBOAも大好きだ。 iPod mini に、ちゃんとアルバムつんどかなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.18

ビールとモルトとNEET

20代で一番好きなアルコールとして、ビールを挙げる割合が減少傾向にあるそうだ。
ネットで読んだ記事では、カクテルやフルーツ系チューハイなどの甘口好みが増えたからとなっていたけど、本当に嗜好が変わっただけなのかなぁ?

私がビールを美味しいと思って飲み始めたのは、仕事をしてからだ。
仕事の後の最初の1杯の旨さ! 月並みだけど、コレ本当よ。
1日中オフィスにいた後なんかも、これまたサイコー。

ビールっていうのは、開放感をくれるアルコールなんだと思う。

さてさて、仕事にも就かず、学校で何かを学んでいるわけでもない、NEETというワカモノが増えているそうですが、そういう働かない若者の増加率と、ビール好きの若者の減少率って、けっこうリンクしてるんじゃないのかと思う。

NEETのワカモノをよく知らないで言うのも気が引けるけど、とくに束縛もない状態で生きている人に、開放感を与えるビールはそんなに必要じゃないし、美味しくもないのかもしれない。酔うために飲むアルコールならば、他にもたくさんある。雰囲気を楽しみたいカクテルや、安価なチューハイが若者向きかもしれない。まったりと飲むほうがいいんでしょうな。

で、まったりの王道といえば、ウイスキーだと思うのです。
私はバーボンは苦手なので、スコッチ一辺倒。なかでもシングルモルトはそれぞれの個性があって面白い。モルトウイスキーを舐めるように飲む時間は至福のひとときです。ゆっくり飲むから案外酔わないしさ。

そうだそうだ、NEETな若者には案外、ウイスキーがいいんじゃない?

と思ってたら、北杜というモルトウイスキーのCMが流れ始めた。
あれはV6の岡田君でしょうか。 
深み入門・・余韻入門・・・カッコイイ入門・・・ですってよ。
20代の若者を狙いに狙っています。

でも、働きもせず、悠々とすごしている20代にはけっこう受けるお酒だと思います。
ああ私も授乳期過ぎたら、まったり飲みたいです!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.15

きれいなお母さん、水野真紀

松嶋菜々子さんの妊娠・出産について書いたついでに、水野真紀さんの妊娠についても書きたいと思う。

まず、水野真紀さんの結婚会見から語らなければならないと思う。
お相手の同級生(だっけ?)の後藤田議員のことを、「高齢出産のリミットを考えると、今、結婚できる可能性が一番高い人だったんで・・」なんて言ってなかったか?!

高齢出産のリミット・・・・すごい言葉だ。この言葉にピクピクってなっちゃった女性は何万人いるんでしょーか?!私なんて怖くて絶対いえない。よく言ったもんだと思う。
さらに、後藤田氏本人の魅力についてあんまり語ってないのがすごいよね。何しろ、水野真紀のアタマの中心にあったのは、今結婚しなきゃ、高齢出産になっちゃうわ!なワケでしょう? ”女の人生すごろく”で、順当に勝ち進むために、自分と結婚してくれそうで、自分としてもまんざらでもない相手を考えたら、後藤田さんでしたー、って言ってるんですよねえ?勝ち組になるために、勝てそうな馬を選んだということよ。すごい発言だよ。
もしかすると、後藤田氏に恋しちゃった理由も語っていたのかもしれないけど、芸能ニュースからはあまり伝わってこなかった。それだけ、彼女の発言が、禁句に近かったってことではないでしょーか?

そして、結婚後1年もたたないうちに、妊娠4ヶ月。
高齢出産を回避するために結婚したのだから、誰の説明なくとも、計画通りの見事な妊娠ぶり。秋からの連続ドラマでちょうど妊婦役を演じるというオマケまでついてくる、究極の攻めの妊娠である。

そのうえ、今月から雑誌「VERY」に連載まで始めていたのである。別に私は彼女のウオッチャーじゃあないんだけど、この内容がまたサスガなのだ。後藤田議員の地元の名産品を取り上げて、票田である地元にも好印象を残すことを忘れない。世の中には広く良妻ぶりをアピール。
水野真紀、まったく抜かりなし! 勝ち組一直線!

はっきりいって、私はびびってます。

松嶋菜々子さんは、女としての夢(結婚、出産)と、女優としての成功(仕事)を分けて考えているようで、そこがカッコイイ人。水野真紀さんは、女としての夢をかなえる自分の姿に、上手に女優としてのキャリアをかぶせちゃおうとしてる人。

私にとっては、妻や母である自分と、会社での自分は、切り離さざるを得ないので、松嶋菜々子さんにより親近感を感じるんだけど、水野真紀さんのような勝ち組への完璧な計算ができるオンナというのも、やっぱり気になってしまう。恐る恐るだけどね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.14

もやしのヒゲ根

2歳のお姉ちゃんが、「お手伝いするの~~!」としつこい。
洗濯物たたむとか、お掃除のときは、適当に手伝わせるのですが、料理中は危ないから離れて絵本でも読んでてくれー!というのが本音。
でもお姉ちゃんは「おてちゅだいぃぃ~~~」と言って激しく泣き出すので困り果てていた。お手伝い自体はいいことだし、お手伝いさせる→褒める→喜んでお手伝いするようになる というスーパー好循環を生み出したいというのも私の望みではある。

で、思いつきましたのよ!

それは、もやしのヒゲ根取り!

もやしのおヒゲをプチってとってちょーよ、とやってみせたら、すっごい喜んで夢中になってもやしをプチプチしていました。
ウチね、もやしのヒゲなんて取ってなくても全然気にしないで食べちゃうんで、2歳のお姉ちゃんがきちんとヒゲ根を取れなくたってかまわないし、もやし本体を細かく折っちゃたってかまわないんで、安心してまかせられるってワケ。

夕飯の支度が終わったあとに、「もやしのおヒゲとってくれてありがとね~」と言って、もやしを熱湯でさっと湯がいて、酢醤油かけてあげたら、めちゃくちゃ喜んで食べていました。

これからも、どうでもよくて、安全なお手伝いをいろいろさせてみようと思います。皆様からのアイディアも募集。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.12

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午

誰もが、「えええーーっ!!」と思う本という触れ込みでしたが、本当に、「ええええええー!!!!」でした。いやはや面白かった。
最初にタイトルを聞いたときは、恋愛小説?と思いましたが、れっきとしたミステリー。
でも、最後まで読むと、やっぱりタイトルどおり、恋愛小説だったんだと思う。

最近読んだミステリーは、猟奇殺人モノや、人間の心の暗部を深くえぐったような作品が多くて、読んだ後に沈鬱な気持ちになることが多かった。
でもこの本は、ミステリー小説が上質な娯楽であることを教えてくれる。「全然わからなかったよーぉ!」という展開を楽しみたいなら絶対おすすめです。

秋の夜長があっという間に過ぎる本。
私も今から紅葉でも見に行きますか・・・・・・・。

もっと詳しくしりたい・買いたい人はここ。↓
葉桜の季節に君を想うという...本格ミステリ・マスターズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.06

豚バラ礼賛

カテゴリ「実践!美人画報」が泣きますわ・・・・。私、今、豚バラ肉にはまってるんです。ああ、、、、太る、太る、太る~~~。

妊娠中は、余計に太らないようにしようと、お肉を食べるときは赤身にこだわっていました。脂身は食べないように頑張っていたのです。おかげで4キロしか体重を増やさずに出産。

体重管理との戦いに完勝したことに慢心した私は、つい豚バラ肉を使って炒め物なんぞ作ってしまいました。

う、うまい・・・・。

やっぱりさぁ、炒め物って脂身のある肉つかったほうが、格段に美味しいのよね~。ウットリ。

スープに使ってもコクが出て美味しいし、もう今では肉といえばバラ肉よ。結局、旨みって塩と脂肪なんだよね。うまいもん食って生きていきたいよね?!

ああこうやって、リバウンドしちゃうのかなぁ。 ・・・すまない真希絵ちゃん。
仕方ない、もう1回妊娠でもすっか?

ウソウソ、絶対しないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.05

母乳だけで育った仔牛

生後2ヶ月の赤ちゃんがいるあなたの家。今のところ母乳しか飲まずに育っている赤ちゃん。
そんなあなたが、フレンチレストランに行きました。

「今夜は、母乳だけで育った仔牛の肉を仕入れております。大変柔らかく美味しいですが、いかがなさいますか?」

レストランの給仕はあなたに聞きました。

さあどうします?

さっき実家に預けてきたあなたの赤ちゃん。母乳だけを飲み、すくすく育って2ヶ月がたった。ぷよぷよと柔らかく、ほおずりすれば、たまらなく優しい肌触り。やさしい生命のにおいがする。

「・・・・せっかくですが、どうしても食べる気持ちになりません。」と、あなたは言うだろう。

「是非とも食べたいです。さぞかし柔らかく、臭みもないことでしょう。想像できます。」と、あなたは言うだろう。

別にどちらがいいか悪いかではない。感情が先にたつか、論理が先にたつか、考え方に差があるだけだ。

私? 今はまだ食べられない。1年後ぐらいにまた来ます。そのときは食べられるかもしれないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »