« 豚バラ礼賛 | Main | もやしのヒゲ根 »

2004.10.12

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午

誰もが、「えええーーっ!!」と思う本という触れ込みでしたが、本当に、「ええええええー!!!!」でした。いやはや面白かった。
最初にタイトルを聞いたときは、恋愛小説?と思いましたが、れっきとしたミステリー。
でも、最後まで読むと、やっぱりタイトルどおり、恋愛小説だったんだと思う。

最近読んだミステリーは、猟奇殺人モノや、人間の心の暗部を深くえぐったような作品が多くて、読んだ後に沈鬱な気持ちになることが多かった。
でもこの本は、ミステリー小説が上質な娯楽であることを教えてくれる。「全然わからなかったよーぉ!」という展開を楽しみたいなら絶対おすすめです。

秋の夜長があっという間に過ぎる本。
私も今から紅葉でも見に行きますか・・・・・・・。

もっと詳しくしりたい・買いたい人はここ。↓
葉桜の季節に君を想うという...本格ミステリ・マスターズ

|

« 豚バラ礼賛 | Main | もやしのヒゲ根 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/1658254

Listed below are links to weblogs that reference 「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午:

« 豚バラ礼賛 | Main | もやしのヒゲ根 »