« 「博士の愛した数式」小川洋子 | Main | 上海蟹、ハオツー! »

2004.11.20

ヘアスタイルの重要性

今私はロングヘアで、適当に束ねたり、適当にアップスタイルにしてるんだけど、これがどうもよくない。貧相な感じがするし、老けて見えそう。いかにも手をかけていない感じがありあり。

これではいかん。

どんなにお肌をキレイに保っても、ちとお洒落してみても、髪型がいい加減だとそれだけでイメージダウン。女としてだらしない感じが漂うような・・気がする。なんというか、どうでもよい、かまわない人っていう感じ。今の私だけど。

何とかしなければって思うんだけど、最近のヘアスタイルの潮流が私的にはキビシイ。
直毛ストパーか、ゆる~くパーマかけて後は自分でホットカーラーやコテを使ってアレンジするのが主流でしょ?
試してみないとわかんないけど、30過ぎてストパーっていうのは幼い印象になりそうで怖い。でも、自分でカーラー巻いたりアレンジするよなテクは私にはないし・・・。

いったいどうすりゃいいの?

安野モヨコさんも、美人画報シリーズの中で、髪型が大分変遷していました。そして最後はロングストレートに落ち着いていました。
なんとなく気がついちゃったんだけど、彼女が試した髪型って、全部アレンジ要らずのヘアスタイルなんだよね。
彼女の場合は、私のようにアレンジ・テクがなかったというよりも、アレンジしてる時間がないからかもしれないけど、どうも洗って乾かせばOKみたいなヘアスタイルを模索していたように見える。

でもアレンジ要らずの髪型ってけっこうつまんないよなぁ。
ということで、わたしはまず、今のロングヘアを利用して、素敵なまとめ髪をつくることから頑張ってみようかと思う。30過ぎたし、素敵で華麗な(?)アップスタイルを目指せ!


|

« 「博士の愛した数式」小川洋子 | Main | 上海蟹、ハオツー! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/2004193

Listed below are links to weblogs that reference ヘアスタイルの重要性:

« 「博士の愛した数式」小川洋子 | Main | 上海蟹、ハオツー! »