« 上海蟹、ハオツー! | Main | 冬が寒くって本当に良かった?! »

2004.11.24

カニと葡萄とシマリス

上海蟹を食べに行ったと、前回書いた。

そのとき夫が言うこと。
夫じゃなくても、大抵の人が言うこと。

「カニの身を全部取り出してから、一気に食べてみたい。」

夫は続けて呑気に言った。
「でもあっけないんだろうなぁ。」

甘い、甘すぎるぞ、夫。
あっけないどころではない、あまり旨くないのだ。そんなことすると。

いやなに、今まで私はそんな無駄な贅沢はしたことがありませんが。

でも、アナタにだって経験あるでしょう?
小さい頃、種無し葡萄(デラウェア種)を一粒づつ食べるのがもどかしくなって、
ぜーんぶ剥いて、一口にほおばってみたこと、あるんじゃない?

あれ、なんか美味しくないの、思ったより。

多分、上海蟹も同じ。
せっせと突っつきながら食す行為そのものが、美味へつながる。
一口でほおばるための食べ物にあらずや。
ちょっとずつがいいのさ。

しかし、となるとシマリスはどうなるんだ?と考えてしまう。
口いっぱいに大好物のヒマワリの種を頬張って・・・。
超かわいい。
大好き。

ああでも、あんなにほおばったらヒマワリの種本来の美味しさを
シマリスは味わっていないんではないか
大好物のくせに・・・。


いやあれは、巣に備蓄するためにほおばっているんだよ、
多分巣の中で落ち着いた気持ちで1つずつ食べてると思う、と夫。

そーか、よかった。
これにて一件落着ですな!

|

« 上海蟹、ハオツー! | Main | 冬が寒くって本当に良かった?! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/2054211

Listed below are links to weblogs that reference カニと葡萄とシマリス:

« 上海蟹、ハオツー! | Main | 冬が寒くって本当に良かった?! »