« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.31

妊娠でダイエット?!⑥産婦人科は強い味方

妊娠中は産婦人科に定期的に通いますが、これがもう本当に便利。
今までダイエットしていたときに、第三者の厳しいチェックがあれば意思の弱い私もダイエットが続けられるのに・・・とよく人のせいにしたものです。

でも妊娠ダイエットの時は、産婦人科医がちゃんとあなたの健康と体重を管理してくださいます!

一番大事なことは、お腹の赤ちゃんが順調に育っているかどうか。
妊婦は太りすぎてはいけないけれど、赤ちゃんが育っていなければ大問題。赤ちゃんが育つようにガンガン食べろ!
(この妊娠ダイエットは、もともと食事の量を制限するものではなく、体によくて太りにくい食べ物を選別して食べることを奨励していますので、普段からガンガン食べてて大丈夫だけどね。)

お腹の赤ちゃんが順調なら次は自分。
検診では、毎回必ず体重チェックが入ります。最近は妊娠中に太り過ぎないように指導する産婦人科が多いので、1ヶ月に1キロ以上太ると厳しく指導されます。産婦人科医ではなく、ダイエットカウンセラーの指導だと思って真摯に受け止めましょう。

また検診では毎回、尿検査、血圧検査、足のむくみなどを調べられます。妊娠中期からは貧血検査もあります。これらの検査で自分の食生活が適切かどうかがよくわかります。塩分を取りすぎていないか?鉄分はしっかりとれているか?など。ダイエット中に健康状態をチェックしてくれるドクターがいたら・・・という私の願望はかなえられたわけです。そして何か問題がみつかれば、看護士さんや栄養士さんが食事の献立の相談にものってくれます。いたれりつくせりです。
ちなみに私は貧血がみつかって、結局治らなかったからえらそうなこと言えませんが、私が健康を維持しながら太らないようにいるために、皆が親身になってくれて大変ありがたかったです。

それから、マタニティビクス、マタニティスイミングのような妊婦用エクササイズを行っている所も産婦人科で紹介してもらい頑張って通いましょう。私は産休に入って(妊娠9ヶ月)から通いだしましたが、効果は絶大でした。
食生活の改善と適度な運動。ダイエットの基本がここにありです。

今日のまとめ:
妊娠は病気ではない。産婦人科は自分の健康管理のために大いに使え!

さて、明日はいよいよ産後のお話。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.30

妊娠でダイエット?!⑤外食の心得

外食というのはダイエットの大敵だと思う。
味付けが濃いとか、カロリーが高いとか、食事の内容もそうではあるけど、もっとよくないのは、食習慣を乱すことに対する自分の甘えを許してしまうことだ。

行列のできるラーメン店だから・・といって、普段は塩分控えめなのに、スープも全て完食してまう。
有名なフレンチだから・・・といって、普段我慢していたのに、ケーキを3種類ぐらい食べてしまう。

こうした、「今日は特別」みたいな甘えが、次第に全部を台無しにしてしまうのは、私は今まで何度も経験したからよくわかる。

だから今日は、外食での食事をいかにコントロールするか?を書きたい。

まず是非読んで欲しいのが、例のあの本。「食べてキレイ。」(園山真希絵著)である。この本の後半は外食指南書となっていて、レストランの種類ごとに、太りにくい食べ物を紹介している。たとえば居酒屋の締めに頼むのは、焼きうどんより焼きそばとか、イタリアンでは、クリームソースのニョッキよりトマトソースのパスタとか。
外食中でも、「健康的で太らない食習慣」を守るには大いに参考になる。

そして、外食するときの店選びも重要だ。
「健康的で太らない食習慣」を守れそうな店を選ぶことが第一義だと思う。
ここでメリットとなるのが、自分が妊婦だということ。
良識のある相手なら、妊婦はつわりがあったり、食べ物に気を使っているはずだと知っているので、何を食べたいか聞いてくるはずである。ここはひとつご厚意に甘えて、脂っこくなく、カロリー高くなく、低インシュリンで、野菜や豆や海草を食べられそうな店を自分で選んでしまおう。

店に入って、「食べてキレイ」を参考にメニューを選ぶわけだが、油っぽいものにお酢やレモンをたっぷりかけたり、デザートのケーキを断ると、周囲の視線を感じることがあるかもしれない。そんなときはこういう。
「つわりがあって、酸っぱい物のほうが食べやすいの。」「つわりのせいで生クリームとか、ムカムカしちゃうの」
こういうと、絶対に無理強いされない。「太りたくない」というと、「全然太ってないよ~」とか、「今日ぐらいはいいじゃん!」と言われるときがあるけど、つわりが理由なら大丈夫。

また、会社の飲み会とか、たいして行きたくないなぁという集まりは、これまたつわりや、お腹のはりを理由に断ることも可能。

つまり妊娠中は、外食のときも「健康的で太らない食習慣」を維持しやすいのだ。
例外をつくらないことがダイエット中は大切なことだが、妊娠中も同じ。
「これは赤ちゃんのためによいものか?」と常に自問自答しながら食事に向き合う気持ちを忘れない。
さあ頑張りましょう!

明日は産婦人科と上手につきあうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.29

妊娠でダイエット?!④スイーツの誘惑

今日は、まず食事と向き合う気持ちから入っていきたいと思います。

前回紹介した、「健康的で太らない食生活」、いかがでしたか。
白いご飯が大好きな人、なんにでもお醤油かけたい人、お酢は苦手な人、揚げ物大好きな人、・・・いろいろな人がいて、ハードルの高さを感じた人もいるかと思います。

でもね!
赤ちゃんがお腹の中でちゃんと育ちますように、
赤ちゃんがお腹から上手に出てこられますように、
そう思いながら、もう一度頑張ってみてください。

妊娠中は、これから自分が口に入れるものが、赤ちゃんにとって良いものなのかどうかを常に考えてみよう。

それは赤ちゃんのためになるものですか?
それとも、赤ちゃんを苦しめるものですか?

脂っこいものとか、ケーキやお菓子を見たときに私が自問自答していたのがこの質問。

ケーキやお菓子は、赤ちゃんの栄養になるのではなく、単純に私の脂肪になってしまう気がする。産道に脂肪がついて、赤ちゃんがでてこられなくなったらどうしよう?そう考えると、不思議と我慢できた。

砂糖は必要な栄養素だけど、和食の場合、煮物で摂取できる。
ケーキやクッキーでとる必要はないのだ。

妊娠中はただでさえ太りやすい時期。 どうせ太るなら、赤ちゃんの栄養になるものだけで太ろう。 これが私の決意でした。
さあもう一度。「それは赤ちゃんのためになるものですか?」
スイーツの誘惑を断ち切る、魔法の言葉として記憶してください。


**どうしてもというときに**
妊娠後期に無性に甘いものが欲しくなる時期があります。そのときも我慢したほうがいいんだけど、我慢できないときは・・・
・ブラックチョコレート(インシュリン値が低い)
・マクビティビスケットのような全粒粉使用のビスケット
・レアチーズケーキ
・ゼリー、アイスクリーム、プリン
などがいいかと思われます。

食べちゃったとしても、後悔したり、自分を責めないこと。ストレスはよくないから。
食べたら体を動かす。これが一番。


次回は外食の心得です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.28

妊娠でダイエット?!③健康的で太らない食事

今日は健康的で太らない食事の実践編です。

まずはこの本。「食べてキレイ。―“25kgダイエット”と“ニキビ・アトピー完治”のミラクル大作戦」(園山真希絵著)をベースに妊婦用の食事を研究しました。
この本に書かれている内容と、妊婦向け雑誌に書いてある食事指南がかなり似ているのです。

これらを総合して私が考えた妊娠中の健康的で太らない食生活とは・・・

①主食は白から茶色へ
②薄味にする
③酢やレモン、酸味を取り入れる
④肉は赤身、魚は青魚中心に
⑤揚げ物は食べない
⑥野菜は肉・魚の倍食べる
⑦とうふなどの大豆・豆製品を欠かさず食べる
⑧海草やこんにゃくを意識的にとる
⑨塩は天然塩、砂糖は三温糖を使用
⑩3度の食事をしっかりとる
⑪間食はしない、お菓子は食べない
⑫デザートは果物かヨーグルト、ドライフルーツも可

①は、白米より玄米、白いパンよりライ麦パンや全粒粉パン、うどんよりそば、パスタは全粒粉パスタという意味です。低インシュリンで太りにくく、栄養面でもすぐれています。私は夫の希望で米だけは白米にしていましたが、おかわりは絶対禁止。

②、③、⑨は味付けの工夫。薄味にするのは主食の食べすぎを防ぐためと、塩分を控えるためです。塩分の代わりに酢やレモン、しそ、ハーブなどを使って味にアクセントをつけます。酢やレモンの酸味は、油っこいものを食べるときもかけるといいです。酢やレモンは食卓に常備して、どんどんかけよう。

⑦大豆や豆は植物性の良質なたんぱく質をとれるのでたくさん食べる。太らない体になります。

⑧、⑩、⑪海草やこんにゃくなど、ミネラルや食物繊維たっぷりのノンカロリー食品をおなかいっぱい食べておけば、間食したい気持ちはなくなり、一石二鳥。


食事の知恵については、レシピやメニューの提案など、書こうと思うといろいろありずぎるので、とりあえず今日は基本の姿勢のみ紹介しました。
次回は、これらの食生活を続ける心構えと、スイーツの誘惑にどう立ち向かうか?をお話したいと思います。

当ブログ内関連記事
「食べてキレイ。」園山真希絵

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.27

妊娠でダイエット?!②妊娠中こそ好機

妊娠でダイエット?!の2回目は、妊娠中だからこそ、ダイエットできるのだということを説明したいと思います。
ここでいうダイエットとは、食生活を見直すということです。

今まで私はいろいろなダイエットをしてきました。りんごダイエット、パイナップルダイエット、カロリーメイトダイエットといった偏った食事によるダイエット方法や、オオバコダイエットなんてのもやりました。プチ断食もやりました。
どれも一時的には効果があったものの、長く続かないし、すぐリバウンドしてしまいました。

なんでダイエットが続かないのか?失敗するのか?
①極端な食事制限を強いたから
②人付き合いとかもあるから
③太ったっていいや!私は食べたい!という自暴自棄、甘えの発生
④要は意思が弱い

ところがそんな私も妊娠中に変わったのです。

まずは、食生活。
妊娠中は、赤ちゃんのためにも自分のためにも体に良いものをしっかり食べなくてはいけません。
何が体に良いのか?何が自分の体や赤ちゃんの成長に必要なのか?食事に真剣に向き合うことがすべての始まりでした。
極端な食事制限なんてもっともよくないことです。健康な赤ちゃんを産むためにはバランスのとれた食事を心がけなくてはいけないのです。

妊娠中は、妊婦の妊娠中毒症を防ぐためにも塩分やカロリー控えめの食事を要求され、味気ない思いをするときもあります。でも、妊娠中毒症が原因で流産や切迫早産になるよ、と知ったら、塩辛い食事や、油ギトギトの食事を続けられますか?

また必要以上に太ってしまうと、産道に脂肪がついてしまい、いざ分娩!というときに赤ちゃんが出てこられなくなってしまいます。そう思うと甘いケーキを食べられますか?

今までダイエットをしていたときは、単純に自分のためでした。痩せたほうがキレイになれるからとか、これ以上太ると洋服が着れなくなるからとか、そんなこと。
でも、妊娠中は、自分の外見上の見栄のためではない、赤ちゃんのために頑張ろうという気持ちが働くのです。

妊娠をきっかけにタバコをやめたという話がありますね。私はタバコを吸わないのでわかりませんが、禁煙は相当大変なことだと聞きます。でも妊娠をきっかけに止められる人がたくさんいるのです。自分の健康のためには止められなかった人が、赤ちゃんのためには止められる。
それに比べて、「基本的な食生活を見直し、健康的で太りにくい食事の習慣をつくる」なんて、ものすごく簡単なことではないでしょうか。

ダイエットはいつも3日坊主・・・という人(私です)も、妊娠中は発覚してから出産までの7、8ヶ月、ずっと気をつけなければ意味がありません。
「健康的で太りにくい食事」を続けることは安産につながるばかりか、出産以降は「食習慣」として身につくはずです。
つまり妊娠をきっかけに体質改善にも成功できるチャンスなのです。

次回は、健康的で太りにくい食事についての詳細です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.26

妊娠でダイエット?!①はじめに

妊娠とダイエットとは相反する事象のような気がしますが、意外にそうでもありません。
妊娠中は、塩分控えめ、カロリー控えめの規則正しい健康的な食事を奨励されますが、それってダイエットの基本でもあるのです。
基本的な食生活を見直し、カラダに良い食生活を続けることが、健やかな妊娠生活や、健康的なダイエットになるのだという私の実践を紹介したいと思います。

私は妊娠中に、食生活を大幅に改善。たくさん食べたにもかかわらず4キロしか太らずに出産しました。赤ちゃんは3000g弱で低体重児ではありませんでした。今も健康に育っています。
産後も、妊娠中に頑張っていた食生活を続行。気がつけば9キロ痩せています。妊娠前より5キロ痩せてしまったのです!
というわけで、勝てば官軍。エラソーに言わせていただきます。
明日より私の体験に基づく“妊娠ダイエット”を少しずつお話します。以下のような項目に分けてお話する予定です。

・妊娠中こそダイエット(食生活の見直し)の好機
・安産、ダイエットにつながる食生活
・スイーツの誘惑に打ち勝つ精神力
・外食の心得
・産婦人科と上手につきあう
・産後、授乳中の食生活

現在妊娠中の方、これから妊娠予定の方に参考にしていただければいいな、とも思いますし、妊娠予定はまったくない方にも、“想像妊娠”だけでもしてみようか?!と思わせるような内容にしていきたいと思います。なんてネ!

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2005.01.20

推奨!敷毛布

暖冬、とはいえ冬は冬。寒い日は寒い。

エアコンは空気が乾燥するし、ストーブ系は子供がいるので危ないし、オイルヒーターは密閉性の高い部屋でないと効果がないらしいし、電気代もかかるしねぇ・・、と悩んでいた冬の初め。

とりあえず、お布団の中にもぐりこんでしまえば暖かいのだし、子供を寝かしつけるためにも早く寝よう!という前向きなのか怠惰なのかよくわからない結論になった。

ところが布団の中も、最初はけっこう冷えていて寒い。電気毛布でも買おうか・・・と考えていたところ、通販で「敷き毛布」なるものを発見。
ためしに買ってみると・・・・大正解でした!

まず足が冷えなくなりました。電気毛布いらずの暖かさを感じることが出来ます。なおかつ電気は使わないからヒューズも飛ばないよ。(ならんこfromFukuoka) あと、電気毛布は熱で暖かいんだけど、敷き毛布はもっとやさしく暖かい、ぬくい、って感じです。

私が買ったのはアクリルマイヤーの敷毛布。3500円ぐらいでした。いろいろ調べましたが、シングル2枚、もしくはダブル1枚で、3000~5000円というのがアクリルマイヤー敷毛布の相場のようです。

アクリルマイヤーはとにかく暖かくて、毛足がほつれたり、ダマになったりしないスグレモノ。
他には、綿毛布、さらっとした綿パッド、フリース敷き毛布、ムートン敷毛布などがあります。
綿毛布は、けっこう綿ゴミがでるので暖かいけど掃除が大変。さらっとした綿パッドは暖かさがイマイチ。フリースもアクリルマイヤーには劣ります。ムートンは一番暖かいらしいのですが、本ムートンになると何万もするので敬遠しました。

今まで普通のシーツしか知らなかった私に、足が冷たくなっていた私に、過去に戻って教えてあげたい!まだ知らない人はお試しあれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.15

「愚か者死すべし」原寮

わたしのことを決して愛さないような男を、どうしてこうも気になってしまうのだろう。
その男の名は沢崎という。

大晦日に発せられた銃声に始まる事件。わたしは元日から読み始めた。

もう一度私の前に現れるのをずっと待っていたのよ。
西新宿の例の事務所で、まだ細々と探偵稼業を続けているのかしらと思うこともあったし、すごくくだらない理由であっけなく死んじゃってたりするのかもって思ったりもしたわ。

私?結婚したの。子供も2人生まれたのよ。
だってあれから、そう「さらば長き眠り」から9年も経ったのよ。

あなたのほうは、あいかわらずのようね。
そう・・・錦織さんがパリへ、橋爪さんは大阪へ行ってしまったの。寂しい?なんて聞くのは馬鹿げてるかしら。

ああ、銃声が鳴ったんだったわね。あなたの見ている前で。新宿署の地下駐車場で。そこからいろんなことが重なって・・・・。
犯人は誰か、目的は何か、ですって?
そんなことに私は興味はないの。謎解きの面白さを楽しみたいなら、他にいくらでも本があるもの。

じゃあなぜ?それこそくだらない質問よ。
物事に対するあなたの判断基準、価値基準、対処の仕方、態度、姿勢、そんなものを見ていたいだけ。簡潔で、明瞭な、あなたの感情に流されない生き方を、見ていたいだけ。耳を傾けていたいだけ。

そういえば、タバコはまだ両切りのホープなのかしら。

わたしはまたあなたに会いたいと思ってる。
この本も、今までの本も、何度も読み直しながら待つから、また9年も姿を見せないなんてことはしないでね。

愚か者死すべし
さらば長き眠り

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

「ハウルの動く城」

宮崎アニメはやっぱり登場人物がいいです。今回は、荒地の魔女、犬のヒン、マルクル少年、火の悪魔カルシファーにたまらなくニヤリとさせられました。
毒気の抜けた荒地の魔女の可愛らしさ。愛嬌たっぷりのヒン。おじいさんの変装をした時のマルクルの声の幼さ。そしてカルシファーの動作は見ているだけで楽しい。

ハウルの部屋もよかった!魔法使いの部屋ってこうなってるんだーと嬉しくなった。

お城の模様替えをするときのハウルの魔法もよかった。ワクワクする。

この映画、マスコミにはあまり評判がよくないらしい。「もののけ姫」「千と千博の神隠し」に比べると物語が単純すぎることと、メッセージ性が乏しいということが原因のようなのだが・・・。

いいじゃあないですか。

今の世の中、小説よりも残酷でひどい現実がたくさん起きているのだ。
現実よりも、単純でハッピーで素敵なフィクションを求めて何がいけないの?

映画にいつもメッセージ性を求める必要もない。

戦争はよくない。
自然は美しい。
愛は素晴らしい力だ。

これで十分ですよ。そして「ハウルの動く城」はとても楽しく面白い映画なのです。That's all !


少し付け加えて、宮崎作品(もののけ姫、千と千尋の神隠し、ハウルの動く城)について思うことを書いておきたい。

悪いものの象徴としてドス黒い膿のような表現がいつも使われるが、あれは人間の強欲や嫉妬、憎悪などの醜い感情の象徴のように思う。悪魔がいるのではなく、醜く汚く黒い感情が悪であり、人を苦しめるのだ。

そして3作品に共通することは、人は守りたいもの(=助けたいもの)をもつことが大切だということ。


とにかくハウルはとても楽しかった。
そうそう、木村拓哉のハウル役(声)も、よかったと思いますよ。映画「2046」のモノローグよりずっとよかったと思いました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.01.13

30代から始まる美人な人生

あけましておめでとうございます。
新年の誓いのつもりで書く、年明け最初の更新です。

今年は子供2人抱えて仕事復帰の予定で、その忙しさを考えただけで卒倒しそうです。でも、子供に対してのみならず自分についてもしっかり手間ひまかけていきたいと思う。

そう、30代の美しさは、お手入れ=メンテナンスをきちんとしているかどうか、自己管理ができているかどうかの賜物だと思うのだ。

10代20代の美しさは持って生まれたものに依存するところが大きい。残念ながら私は美人には生まれていなかった。

しかし、30代になって事情はかわりつつある。

どんなに目鼻立ちが整っていようが、適切なスキンケアをしていない肌は衰え、シワが出来はじめ、くすみ始める。自己管理を怠れば、自然とお腹まわりがふっくらとなり、お尻も垂れ始める。
これが30代の現実だ。

30代前半だとはっきり差がでないかもしれないが、35歳過ぎてくると、お手入れをしているか、自己管理しているかは、歴然とした差となって現れるのだ。

整形でもしない限り、美人にはなれないんだろうけど、お手入れしてない“元”美人なんかより、ずーっと輝く女性になりたい。30代は女の分かれ目だ!

肌をキレイに保つこと。 太らないこと。適度なメイクを楽しむこと。そして最高の化粧である、「イキイキとした表情」ができるような生活を送ること。

今年も頑張るよー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »