« おしゃれ難民 | Main | My Life is Sweet or Bitter? »

2005.02.09

他人の子供を褒めよう

児童虐待の件数が増えているという。子供もかわいそうだし、そこまで精神的に追い詰められた親にも同情してしまう。

わたしも、子供2人を育てながら、子供ってカワイイだけではないのネとため息をつきたくなる日がある。

でも、夫や親、保育園、旧知の友人やママ友達、そして本に助けられてなんとかやっている。
最近は、上の子の赤ちゃんに対するやきもちが治まり、2歳のイヤイヤ期もだいぶ治まってきたから、けっこう楽しく過ごしている。

だが世の中には、夫や両親が距離的にも心理的にも頼れなかったり、保育園に預けられる環境でなかったり、ましてや本さえ読む時間がない母親だっていっぱいいるのだろうと思う。

そんな母親たちが育児のつらい側面に追い込まれないために、自分に何ができるか考えてみる。

まず思い浮かぶのは、何かのきっかけでママ友達になって、いっしょにおしゃべりを楽しむことができればいいというもの。
でももっと手軽で、もっと広範囲にわたっていて、自分にも、そして誰にでもできることがあると思った。

それは、子供を褒めてあげること。
子連れの母親や父親とすれ違うときに、子供をみて「かわいいね」「いい子だね」と言うこと。いとおしい目つきで子供を見つめてあげること。

え、そんなことが?と思う人がいるかもしれない。ええ、そんなことでもいいんです。

私が上の子のやきもちと2歳のイヤイヤ期に嫌気がさし、イライラが募り、精神的に疲弊していたころ、あろうことか自分の子供のことを、やっかいでわずらわしくて、どうにかしてほしいと、暗く、酷な気持ちが渦巻いていた。
そんなとき、近所の人や通りすがりの人に、「かわいいわねぇ~」と子供を褒められると、はっとした。
そう、この子は私のかわいい子供・・・・。

街中でワガママ言って泣いて叫んでいても、ジタバタしても、「かわいいわね。元気なお子さんね。」そんな第3者の声に救われた。

いろいろ大変なこともあるけど、やっぱり子供はかわいいんだ。そしてこのかわいい子供は、私の子供なんだ。
ものすごく当たり前のことに気がついて、ブルーな気持ちをリセットして、もう一度優しく穏やかな気持ちで子供に接しようという気になった。

だから私も、道行くすべての赤ちゃんや幼児に、「なんてかわいらしいんでしょう!」という言葉や視線を投げかけることにする。こんな可愛い子供を育てている貴方がたは素晴らしいという賞賛を込めて。こんな可愛い子供たちを、大切に育てていこうという気持ちを込めて。


|

« おしゃれ難民 | Main | My Life is Sweet or Bitter? »

Comments

初めまして。ジャンバラヤから来ました。
このエントリの趣旨に同感です!

私も子供達が小さかった頃は、そんな通りすがりの見ず知らずの
人に言われる「かわいいね」や「いい子だね~」の言葉かけが、
いやホント、真面目にうれしかったですねー。

なかなか、知らない人に言葉に出しては言いづらいですけど、
せめて表情・視線でその気持ちが伝えられればなんて
今は思っています(^^)

Posted by: riro | 2005.02.09 at 09:11 PM

そうですねー。子供って場所をかまわず泣くし、可愛いけれど大変ないきものだけれど、「子供はそういうものよ。可愛いわね」といってもらえると救われます。こういうときに「最近の母親は自分の子供のしつけもできないで」なんていわれると逆にどん底の気分ですよねえ。

Posted by: 雑把 | 2005.02.09 at 09:23 PM

riroさん、雑把さん、こんにちわ!

共感していただいて嬉しいです。

子供のこと褒められたら、気持ちが元気なときは単純に嬉しいし、子供もとても嬉しそうですよね。
今日も、いろんな子供に視線をおくったり、「かわいい!」と言ったら、子供もお母さんもニコニコでした。
躾も大事だけど、ハッピーで健全な心理状態じゃなきゃ、適切な躾もできないと思います。

Posted by: Nolly Chang | 2005.02.09 at 10:45 PM

毎度 毎度 和パパ でございます
ジャンバラヤからお邪魔しました
長女、大学受験の真っ最中ですが
小さい頃は パパさんにそっくり!
可愛い、かわいいと言われて
親ばかしてましたネ。今でも・・・
長男は自閉坊ですが、静にしてれば
男前です お洒落な かぁ君・画伯です
携帯電話の待ち受け画面は二人の写真です

子どもは泣くのが仕事!
あんたも、わたしも 泣いて育ったンだ
乗り物で泣いても寛容でありたいもんです

Posted by: 和パパ | 2005.02.11 at 10:07 PM

和パパさん、こんにちわ!

「(パパorママに)そっくり!」というのも、魔法の言葉ですよね~。なんだか嬉しくなってしまう。

娘さんの大学受験、希望が叶うといいですね。
かぁ君画伯の絵、見させていただきました。とても好きです。

Posted by: Nolly Chang | 2005.02.12 at 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/2835564

Listed below are links to weblogs that reference 他人の子供を褒めよう:

« おしゃれ難民 | Main | My Life is Sweet or Bitter? »