« デコポンを大いに語る | Main | どこで読んでる?「愛の流刑地」 »

2005.03.31

坂口安吾はデコポンを食べるか?

ももせいづみさんの日経新聞夕刊のコラムを楽しみに読んでいる。
先週はなんだか恥ずかしい言葉のことが書いてあった。

ももせさんは、「イケメン」という言葉を恥ずかしくて使えないらしい。
そして坂口安吾は薬の「ケロリン」が恥ずかしくて言えなかったらしい。
わたしも、「デコポン」が恥ずかしいと感じるんですよー、と思いながら読んでしまった。

「イケメン」「ケロリン」「デコポン」 恥ずかしいカタカタ4文字。
ももせいづみさん、坂口安吾、そして私。恥ずかしいカタカナを持つ仲間。
なーどと、勝手に仲間意識をもって喜んでみる。

にしても、だ。
坂口安吾は「ケロリン」のどの部分が恥ずかしかったのだろう。

たしか、カエルがキャラクターになっている薬だったと思うが、カエルのキャラクターが思い起こされて恥ずかしかったのか?
だとするとキャラクタービジネス花盛りの現代で、坂口安吾はいたたまれない毎日に違いない。

それとも、いろんな痛みがケロリと治る「ケロリン」というダジャレみたいな商品名が恥ずかしいのか?
だとすると、下痢止めの「ストッパ」、水虫用の「ダマリン」、シミ対策の「ケシミン」なんて商品名もみんな恥ずかしいのだろうか?
さらに、性能そのまんまの商品名ならどうなのだろう?
小林製薬が得意とする分野だ。「のどぬ~るスプレー」「トイレその後に」「ポット洗浄中」とか。
気になるところである。

それとも、「ケロリン」という音感がいやなのか。「ケロリン」というネーミングに、親しみやすさや可愛らしさを感じる人もいるのだろうが、自分には照れくさい、という感じ方の問題なのか?
だとすると私の「デコポン」に近い。
ますます仲間である。

坂口安吾は果物屋の店先で「デコポンください」って言えるのだろうか?
考えると楽しい。

もうひとりの仲間(勝手にいってるだけ)のももせさんは、恥ずかしく思うかわからないけど、多分デコポンを食べてる。だって美味しいものね。ぜひ、今夜のお風呂遊びはデコポンの皮を使ってほしいものである。

|

« デコポンを大いに語る | Main | どこで読んでる?「愛の流刑地」 »

Comments

もうひとりの仲間でごわす。

トラックバックありがとうございました~。
そうか! デコポンというのも、非常に恥ずかしい。御意。

デコポンください。
いえない。
というか、言ってる自分ってかなり恥ずかしいぞ。デコポン代の領収書。内容物デコポンの宅急便。変換したら、いま 凸ぽん と出た。
やばい感じだ。 凸ちん でなくてよかった、とも思うが、ちんもぽんも似たようなものだ。

…などとあれこれ考えていましたが。
でこぽん買わない一番の理由は、あれ、なんか形が恥ずかしくて>笑。
ぽこんと飛び出た場所が、なんかいけないことのように感じてしまう私は、やはり考えすぎなのでしょうか。
おできができてるみたいなんだもん>笑

でも、とってもおいしいということを教えてもらったので、さっそく買ってきて入浴剤にしてみます!

Posted by: いづみ | 2005.04.04 at 11:11 AM

いづみさん、こんにちわ!

やっぱり恥ずかしいですか、デコポン!!
凸ポンとなると、もはや笑える。
ももせさんはやっぱり面白いですね。

まだ味わったことがないというのは意外でした。
是非食べてみてくださいね~。

Posted by: Nolly Chang | 2005.04.04 at 02:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/3507361

Listed below are links to weblogs that reference 坂口安吾はデコポンを食べるか?:

» はっさくのお風呂 [好き? きらい? 好き?]
前回書いたように、みかんの皮のお風呂をしてみました。 えっと。 みかんとは季節がちょっと違うので、今日ははっさく。 以前こちらでデコポンもオススメされていたのですが、買う機会がないまま、今日は、はっさく。 この間息子ちゃんと食べたときの皮を2枚。竹ざるに置いて日陰に放置していたもの。 これを手でちぎって、不織布のゴミ袋へ。すぐ使うなら干しておく必要もないのですが、ちょっと保管しておきたいなあと思うなら、日陰で干しておくと長持ちしてよいです。 もともとゴミになるものが、... [Read More]

Tracked on 2005.04.11 at 11:33 AM

« デコポンを大いに語る | Main | どこで読んでる?「愛の流刑地」 »