« スラバー落胆する | Main | 「トリアングル」俵万智 (スキャンダル編) »

2005.05.29

日経の夕刊小説

日経新聞の夕刊で連載していた小説「ホーム・ドラマ」が5月28日で終わりました。読み応えがあって面白かったです。途中、読んでいない日もあるので、単行本が出たときには改めて一気読みしたい。ラストは、できるならもう少し書き込んでほしい。是非加筆の上、単行本化してほしい。

ところで、次の連載小説は「奸婦にあらず」という題名。
私は「妊婦にあらず?ニンプ?」と間違えて読んでしまい、大恥をかいた。

てっきり、太っている女性主人公が、妊娠もしてないのにニンプに間違われて、一念発起する物語かと思いました。日経もやるなぁと。

そんな小説ないよなぁ~と思いつつ、あったら読んでみたい。いや、むしろ私が書いてみるか?!

主人公は30代前半の独身キャリアウーマン。微妙に小デブ。
仕事はそこそこできるんだけど、いろんなダイエットに挑戦しては失敗、挫折。完璧な女性じゃないわけ。
彼氏はいるんだけど、太っていくうちにお互い気まずさが漂ったりする。
たまたま行った合コンで、素敵な人に気に入られちゃうんだけど、その男がデブ専だということがわかってショックうけたりして。
会社の後輩の女の子に、「仕事はできるけど、女性としては憧れられない」なんて言われちゃう。
職場ではスーツを着て、バリバリ仕事してかっこよくいられるけど、週末にスウェットでコンビニに行くと、もうどうしようもなく”オバサン”。
ある日、足を怪我してスーツにペタンコ靴で電車に乗ってたら、妊婦に間違われて席をゆずられちゃう。大ショック。
でね、そこから彼女の生活改善が始まるのですよ。暴飲暴食、やけ酒をやめる。ジムに通って汗を流す。自炊を始める。アロマオイルを入れたお風呂で半身浴しながら瞑想とかしちゃって。
生活が変わったら、彼女の人生が変わり始めるの。いいねぇ~。

・・・・自伝じゃないですよ。念のため。

「愛の流刑地」はあいかわらず、やれやれですなぁ。


|

« スラバー落胆する | Main | 「トリアングル」俵万智 (スキャンダル編) »

Comments

たまたま検索でたどり着いてここだけ読んだんですが、
めちゃめちゃ面白かったです。
30代コデブの友人にも教えたいわ~。

Posted by: ヒロヒロ | 2005.06.20 at 12:17 PM

ヒロヒロさん、こんにちわ!

30代コデブの友人さんに見せたって!でも怒られても知らないですよ。
わたくし、サービス精神旺盛ですので、喜んでいただいちゃうと本当にブログで「妊婦にあらず」小説書いちゃいそうで怖いです。

また遊びに来てください。

Posted by: Nolly Chang | 2005.06.22 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/4331598

Listed below are links to weblogs that reference 日経の夕刊小説:

« スラバー落胆する | Main | 「トリアングル」俵万智 (スキャンダル編) »