« 「アイルケ」のラストを大胆予測 | Main | 嫌悪する心が美を育む »

2005.07.21

認めるもんか!蚊の存在意義

今日の夕方、5分ぐらい外で立ち話をしていたら、何箇所も蚊にさされました。かゆい。
子供は体温が高いからか、餌食になってしまい、帰宅してから調べたら8箇所も蚊にさされていました。かわいそうに・・・。

蚊って、何のためにいるの?
抹殺したい。

ミツバチや蝶は、花粉を運んで植物の受粉に役にたつけど、蚊はどうなのか?
夫に聞いてみると、
「蚊は、マラリアとかの伝染病を運ぶ」と答えました。

ガー!!!!
ますます抹殺すべしじゃあないですか!!!

一応ネットで調べてみたら、蚊の存在意義を書いたサイト、ムシテックワールド・なぜだろう研究室を発見。

これによると、蚊の幼虫ボウフラが有益な存在らしい。また成虫した蚊も植物の花粉を運ぶという。


へえええ。
でもね、蚊よ、これで地球上にいられると安心するなよ。

まず、植物の花粉の媒介は、ミツバチや蝶もしているのだから、蚊にどうしても存在してもらわなくてもよい。

そして、幼虫のボウフラは有益であることを認めるにしても、成虫にまで育てることはないのだ。君らはボウフラのまま一生を終えなさい。

成虫の君たちに価値はなーい!!!


ああでも生態系の中で、人間の存在意義っていうのもいかほどのもんなんでしょうかね。
メリットは多いのでしょうか?


・・・・・なんか沈黙してしまうけど、それはそれ、これはこれ。
蚊はこの世からいなくなって欲しい。
ただちに退場せよ。

私は夏が大好きなのだ。
蚊さえいなければ。

|

« 「アイルケ」のラストを大胆予測 | Main | 嫌悪する心が美を育む »

Comments

nolly changさんのアドバイスで新しいメルアドを作って、ブログ初コメントしてます。最近けっこう更新されてて、読むのが楽しみです。今日は「かゆい」の一言に反応してしまいました。私の場合、蚊ではないのですが、妊娠性湿疹っていうのにかかってしまい、メチャクチャ痒い!痒みって、痒くてつらいのに加えて、何かとても人を感情的にさせると思いません?私も普通はすごく蚊にやられる体質なので、あの「プーン」っていう音がしただけで、すごく不愉快な気分をあおられます。nolly changさんの言ってるおられること、よーくわかります。

Posted by: れもん | 2005.07.21 at 03:00 PM

れもんさん、こんにちわ!初コメントありがとうございます~。
妊娠性湿疹ですか・・大変ですね。私は一人目の出産のときに、顔にものすごい湿疹ができました。痒くはなかったけど、精神的につらかったです。れもんさんもツライでしょうが乗り切ってください。
蚊の「プーン」。あれはイライラしますね。
それから、蚊にさされて“掻く”というしぐさも美しさに欠けるよな・・・と思って今日(7/21)の更新につながりました。
また遊びにきてくださいね。

Posted by: Nolly Chang | 2005.07.22 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/5072331

Listed below are links to weblogs that reference 認めるもんか!蚊の存在意義:

« 「アイルケ」のラストを大胆予測 | Main | 嫌悪する心が美を育む »