« 「気になる部分」岸本佐和子 | Main | スターウォーズに学ぶ、理想のプレパパ像 »

2005.07.31

「スターウォーズ エピソード3」

子供を寝かしつけ、ついに見てまいりましたー!!!

余りにも強い衝撃に、しばらく口がきけませんでした。
素晴らしかった。


私は、ここ2週間ほどでTVにて、28年前のシリーズ1作目にして実はエピソード4、同じく2作目にしてエピソード5、そして6を立て続けに観ました。
その感想は、28年前にこんなすごい映画があったんだ・・・というものでした。

エピソード1と2は、近年の劇場公開の時に見ていました。

そして挑んだエピソード3。

もう素晴らしいの一言。
作品としても、叙事詩の山場です。
どのようにアナキンがダースベイダーになったのか。
全てが明らかになったことで、一連のスターウォーズ作品が非常に深みをもって頭の中を駆け巡っていきました。

28年前のエピソード4、続くエピソード5、6にもきっちりと続いていく落ち度のないストーリーにも脱帽。

今までSF映画にこんなにも衝撃を受けたのは初めてです。

SF映画というのはやっぱり、表現される世界観・宇宙観が魅力的でかつ徹底的でないと駄作になってしまうと思うのですが、スターウォーズは完璧。
すべての登場人物、惑星、生命体、ロボットが魅力に満ちている。
しかも、これらすべて、A LONG TIME AGO,  昔々のお話だということも人をくっている。

エピソード3においては、アナキンが暗黒面に落ちる過程の描き方が葛藤を映し出しつつもテンポよく、ジェダイが殺されていく場面が悲しく、そして2つの決死の戦い・2つの病室が息詰まる見事なコントラストで、圧倒されまくりでした。

圧倒。まさにこれ。

こんなすごい脚本、どうやったら書けるのだろう?
そしてその脚本を映像に起こせる人々。
演じる人々。

天才が何人集まったらこんな凄い映画が出来るのだろう・・とエンドロールをずっと眺めてしまいました。


|

« 「気になる部分」岸本佐和子 | Main | スターウォーズに学ぶ、理想のプレパパ像 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/5250857

Listed below are links to weblogs that reference 「スターウォーズ エピソード3」:

« 「気になる部分」岸本佐和子 | Main | スターウォーズに学ぶ、理想のプレパパ像 »