« 「スターウォーズ エピソード3」 | Main | 子供の夢・母の夢 »

2005.08.03

スターウォーズに学ぶ、理想のプレパパ像

スターウォーズの興奮まだ冷めやらぬ今日。エピソード3の最大の謎について考えてみたい。

ちょっとネタばれになってしまうけど、パドメ(ナタリー・ポートマン)が妊娠。しかし喜びも束の間、アナキンは彼女が出産で苦しみ、果てには・・・という予知夢をみてしまう。それが彼をフォースの暗黒面へ導く要因のひとつとなっている。

出産でもだえ苦しむ妻・・・彼女を死なせはしない!!!!

でもですよ。
無痛分娩にすれば、パドメは苦しまないのよ。
難産になってしまう場合も、帝王切開にすればよいのよ。

だいたい、出産の痛みで妊婦は死にません。

そのへんはどうなんでしょうか???ルーカス監督!!!

アナキンは、彼女を救うためにフォースの暗黒面を学ぼうとするより、妊娠中の過ごし方や、分娩の方法についてきちんと学べばよかったんではないでしょうか?


・・・さて。

このブログの読者には、妊婦さんや、妊婦予備軍も多いのですが、皆様の旦那様はいかがでしょうか?

子供が生まれるぞー、今よりもっと稼いで頑張らねば!と張り切ってたりしますか?
出世しなくちゃ。給料あげなくちゃ。
よっしゃ、毎晩残業だ!!となっていますか?

それも大切だけど、アナキン・スカイウォーカー的要素が濃いタイプです。
ジェダイ・マスターになろうと焦ったり、はてには自分こそ宇宙を支配したいと願ったりするアナキン・スカイウォーカーと似たり寄ったりです。
暗黒面に落ちる可能性があります。
危険!!!

「胸が張り裂けそう・・・!!」(by パドメ)


やはりここは、妊娠中のあるべき生活を夫婦ともに学び、妻の妊娠状態にあった分娩方法を考え、妻の心の平静のためにできるだけ早く帰宅して欲しいもの。
夜中の陣痛や、予期せぬ出血にも夫がいてくれるだけで心強い。
さらに、これから赤ちゃんが生まれても、育児を夫婦でやっていこうという安心感・連帯感も生まれます。

いざ分娩!という時には、妻の手をしっかり握り、
「フォースと共にあらんことを。」
と言ってこそ、真の夫、真のジェダイです。


アナキンが、真のジェダイになり損ねたのはここなのですよ。

というわけで、皆様のご主人がダースベイダーにならないことをお祈りしています。

(ちなみに私は美のダースベイダーだけどさ!)

|

« 「スターウォーズ エピソード3」 | Main | 子供の夢・母の夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/5274958

Listed below are links to weblogs that reference スターウォーズに学ぶ、理想のプレパパ像:

« 「スターウォーズ エピソード3」 | Main | 子供の夢・母の夢 »