« ダッグウッドサンドウィッチの朝 | Main | 虐待のニュースを読んだ後の雑記 »

2005.09.14

「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記

地図帳を広げながら読んでいた、昭和44年のロシア旅行記、というのはこの本。
「犬が星見た」武田百合子著。

この武田百合子という女性がね、なんだか面白い。単純なほど素直で、淡々としているようで繊細で、ときに意外な大胆さで、気取ることもなければ、飾ることもなく、いい人のようでいて時に意地悪い。飄々としている。

こんな女性の旅の記録は、大仰に旅のアクシデントやハプニングを書いたりもしていないし、旅先の発見や出会いを感動的に書き綴るわけでもない。
何を食べ、何を飲み、お土産に買った絵葉書がいくらで、同行の友が何をいい、皆が何を笑い、誰かが具合を悪くし、どこかへ行って、なんかを見ました~~~~。ということの連続。

「おもしろいか?」と夫に訊かれて、
「普通だよ」と普通に答える武田百合子。

ロシアのトイレのドアが開かなくて、困っている銭高老人のために、男性用トイレのドアに体当たりをして開けてあげる武田百合子。(とても普通に書かれている。)

態度の悪いロシア人女性ガイド見習いに、「スパシーバ。(ありがとう。)」と言った後、「あんたは真からブスね。」と日本語で言い添えて、イヒヒ。と笑う武田百合子。


旅行記が面白いというより、武田百合子が面白いんだなあ。この人の日常感覚が。
ところで、こんな女性を私はもう一人知っている・・・。

すぐにひらめいた。

高野文子の漫画「るきさん」だ。主人公のるきさんだ。

そう思いついてからは、るきさんが結婚して、ロシア旅行に行ったらきっとこうだったのだと思いながら、ニヤニヤしながら本を読んだ。

「るきさん」が大好きな人は是非読んでみてください。

「犬が星見た」武田百合子

「るきさん」高野文子

|

« ダッグウッドサンドウィッチの朝 | Main | 虐待のニュースを読んだ後の雑記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/5932289

Listed below are links to weblogs that reference 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記:

« ダッグウッドサンドウィッチの朝 | Main | 虐待のニュースを読んだ後の雑記 »