« 旅行記・地図帳・年表があれば | Main | 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 »

2005.09.13

ダッグウッドサンドウィッチの朝

最近、週末の朝はダッグウッドサンドウィッチで迎えることにしている。
夫が急に提案したのだ。
ははあーん。さては私の本、「女たちよ!」(伊丹十三著)をこっそり読んでいるに違いない。


ダッグウッドサンドウィッチというのは、アメリカの漫画の主人公、Mr.ダッグウッドが大好きなサンドウィッチ。何でもかんでもはさんでしまう大きなサンドウィッチのこと。
知ってましたか?皆さん。

私は、伊丹十三のエッセイで初めて知った。クラブハウスサンドウィッチとは少し違う。パンはトーストしないでよい。


さて、朝起きてきましたら、テーブルに、サラダ菜・ロースハム・サラミやパストラミ・スライスしたトマト・小口切りしたきゅうり・小口切りしたピクルスなどを並べます。そして上質のバター。うちは発酵バターを使う。マヨネーズも少し。あと好みでお塩。天然塩に限る。忘れてはならないのがデンマーク・DOFO社のフルーツテイストのクリームチーズ。うちの近所で100円~140円。
すべて用意してから、スクランブル・エッグを作ってテーブルへ。

あとは各自食パンを手に取り、バターやチーズを塗って、好きなものをどんどんはさんで、もう一枚パンをのっけて、ガブリ、ムシャムシャと食べるわけです。

手巻き寿司パーティのような楽しさ。そして美味しい。
パンがなくなると、サラダ菜にくるんで食べてみたりする。これも美味しい。
伊丹十三氏は、パンにサラダ菜と苺ジャムという取り合わせが非常に美味だと書いている。まだ試したことはないけど、苺フレーバーのDOFOのクリームチーズとサラダ菜はあう。

子供も楽しく食べている。

いつも急いで食べがちの朝食を、ゆっくり楽しく食べるのは週末ならでは。
最近のお気に入りです。


「女たちよ!」伊丹十三


|

« 旅行記・地図帳・年表があれば | Main | 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 »

Comments

こういうメリハリのある贅沢って、心を豊かにしてくれますよね。日頃仕事で忙しいからこそ週末は特別に、というのが素敵です。nolly changさんちの食卓にチーズやハムが並ぶのは、「妊娠でダイエット」シリーズでこのブログになじんでいた私には新鮮でした。バラエティ豊かでいいですね。

Posted by: れもん | 2005.09.13 at 01:21 PM

わあ、オシャレで美味しそう!
うちも、時間に余裕ができたら
家族全員で楽しみたいです

Posted by: はう | 2005.09.13 at 05:48 PM

れもんさん、こんにちわ!
チーズはインシュリン値も低いし、小腹がすいたときなどよいですよ。DOFOの甘いクリームチーズは産後に解禁したのですが、妊娠中に生クリーム系に暴走するぐらいなら、こちらを食べたほうがいいかも・・・と思います。
最近のダッグウッドサンドウィッチは、白い食パンを使ってるんですが、やっぱりライ麦パンにしたい!とは思ってしまう。

はうさん、こんにちわ!
このサンドウィッチ、作るほうは簡単なのですよ~。各種小口切りと、スクランブルエッグだけで、あとはご自由に~なので。
なのに、なんだか贅沢な気持ちになれて、楽しく食べられるのがミソ。しばらくハマりそうです。

Posted by: Nolly Chang | 2005.09.13 at 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/5918070

Listed below are links to weblogs that reference ダッグウッドサンドウィッチの朝:

« 旅行記・地図帳・年表があれば | Main | 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 »