« 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 | Main | 復活?! »

2005.09.22

虐待のニュースを読んだ後の雑記

久々にブログを更新しよ~と思ってパソコンを立ち上げたまではいいが、Yahoo!ニュースで立て続けに児童虐待のニュース記事を読んでしまい、すっかり気持ちがふさいでしまいました。欝。

小さな子供相手に、なぜそこまでひどい暴力を振るうのか?
ああもう思い出すだけで欝。


だけど自分自身を振り返ってわかるんだけど、育児を一人で抱え込むのって本当に大変。子育てって大変。
私も子供相手にブチ切れたことなんてしょっちゅうだ。
昨日、寝そべって骨盤体操をしているときに体重12キロの娘にフライング・ボディー・アタックを決められ、マジ切れしました。
「ナ、ナ、ナ、何すんのよーーーー!!!」と怒鳴ったら子供は号泣。勢い余ってお尻をピシャーンと叩いたからさらに号泣。絶叫。子供にしてみれば単純に遊びのつもりだから、こんなに怒られてびっくりしたし、私の形相が怖かったんだろうね。けれどママはあまりの衝撃にもう死ぬかと思ったんだもーん。呼吸機能が停止するかと思ったんだもーん。
しかしよくよく考えると、子供の前で不用意に寝そべったらどうなるかを考えておくべきだった・・・・。反省しています。ただ娘には、アンタはどんどん大きくなって、重くなってるんだよ、と自覚を促しておいたけど・・。

他にもね、子供2人が一斉に大泣きし始めると、これはもうウンザリする。ああもう誰か!と思う。
ちなみに友人は同じ状況で、隣人から壁を叩かれるそうだ。ウルセーと。これは滅入る。私なら気が狂う。

虐待によって子供が死亡したり、重態になって初めてニュースになって、その悲惨な暴力に、信じられない思いがするけれど、多分世の中には、その一歩手前、数歩手前のとこで踏みとどまっている親もたくさんいるのだ。私を含めて。


私は昼間は働いていて、子供から離れる時間があるから、何かでうんざりしたり、ブチ切れたときも冷静になれる。毎日会う保育園の先生に、「昨日大変だったんですよー!!」と愚痴を言うこともできる。

専業主婦で、一人で24時間子供と接しているお母さんは大変だろうな・・と思う。なんといっていいかわからないけど、年配の女性の友人を作れ!と思う。親でも、近所の人でも。 子育ての苦労を気軽に話せる相手をもつこと。そして相手の女性が、「子供なんてそういうもんよ~」とか、「今だけよ~」とか、「ホーント、大変よねぇ。」とケラケラ笑ってくれるのがベストだ。明るく受け流してくれるのがいい。

実家の母に電話して、いかに子育てが大変か、つらいか、愚痴った時期がある。下の子が生まれて、お姉ちゃんヤキモチ爆発、ついでにイヤイヤ期突入の頃。本当に大変だった。
そのとき母はいつも、
「何言ってんのよ、アンタのほうがよっぽど手のかかる子供だったわよ!お母さんは今のアンタよりずっと苦労したわよ!」と楽しい思い出を語るように私を叱った。
なぜか、私の気持ちが楽になる。

このあいだの三連休は、下の子が高熱を出して機嫌も悪く泣き叫び、上の子は出かけられないストレスと、下の子ばかりが構われている状態に不満を爆発。阿鼻叫喚の毎日でした。つらかった・・・。
自分が子育て鬱の予備軍で、ヘタすりゃ児童虐待予備軍であることを思い知らされました。

子供が生まれて、失ったものはたくさんある。
制限される行動、時間。なかなか会えなくなった友人。行けなくなった場所。そうそう、収入も減りました。

でも得たものもある。
ママ友達。話しかけてくれる近所のおばちゃん、おばあちゃん。子供がいるからこそ行くようになった場所。
そして何より、変化にとんだ未来予想図。


夜泣きもオネショも期間限定。
自分一人で上手くできないと泣き喚くのも、期間限定。すぐ出来るようになってしまうさ。
来年、下の子がたくさん歩けるようになったら、みんなで遠くまで出かけよう。
いっしょに習い事を始めるのもいいね。
いっしょに映画館に行けるようになるのはいつだろうね。

娘が言った。
「大きくなったらビール飲みたい。キムチも食べてみたい。」

いいねぇいいねぇ。

|

« 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 | Main | 復活?! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/6058533

Listed below are links to weblogs that reference 虐待のニュースを読んだ後の雑記:

« 「るきさん」ファンに捧ぐ、「犬が星見た」武田百合子ロシア日記 | Main | 復活?! »