« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.13

TBSの英断「まんが日本昔ばなし」

先週ようやくTBSの「まんが日本昔ばなし」を子供たちといっしょに見ました!

やっぱいいよなぁ。
子供に安心してみさせられる内容。
あたたかみ、面白み。
反対に怖さや気味悪さ。
世の中の不思議なお話。

子供がすっかり引き込まれているのがわかる。


最近、子供の希望で子供向けのアニメなどをいっしょに見てみたんだけど、友情や勇気を謳いつつも、派手派手しい戦闘アニメや、今風の乱れた言葉遣いなど、どうも釈然としないアニメが多かった。

比べて「日本昔ばなし」の穏やかな語り口、方言などは耳に優しくなじむ。たった2人の声優(俳優)がいろいろな声音で物語に変化をつけてくれるのもすごいことだ。
絵柄も、ほっこりしていたり、かと思えばおどろどろしい時も。

子供には、直接的でない方法で、世の中に怖かったり暗かったりする部分があることも伝えなくてはいけないと、以前読んだ事がある。
光り輝く明るい世界だけを見せようとすると、どこかでバランスが崩れたり、思わぬ方向で暗い側面に子供たちが隠れて目を向けだしてしまう・・・・・・のだろうか。。。
「日本昔ばなし」はそういう観点でも、優れた番組だと思う。

今回、TBSがゴールデンタイムでこの番組の再放送を決め、デジタルリマスターなどもせずにオリジナルでの放送を決めたことは、素晴らしい英断だと思う。

TBSは今、買収劇のさなかにあり、今後どうなっていくのかわからないけれど、いつまでもこんな英断をくだせる放送局であってほしい。
私もその英断に応えるべく、子供たちといっしょに横に並んでTVを観ようと思う。そして感想を話したり、いっしょに笑ったり怖がったりしたい。
TBSやスポンサー企業は、視聴率うんぬんやら、製品の売り上げUPよりも、子供たちの感受性を豊かにしたいという想いでこの番組を大切にしてくれているのだと思うから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.06

妊娠でダイエット?!⑬夫と上手に二人三脚

6月以来久々に更新のカテゴリです。
今日は、夫をいかに上手く巻き込んで妊娠中の食事に気をつけていくか、です。

まず、ダンナ様がものすごーっく優しくて協力的で献身的であるなら、言うことナシ。
2人で仲良く玄米を食べ、肉は赤身のみ、魚は青魚中心、豆と海草、野菜(じゃがいもとニンジンは除く)を、減塩で食べてください。
そしてマタニティヨガなどを2人でやり、予定日が近づいたらラマーズ法の練習です。
いよっ!素晴らしいよ、ご両人!

でもまあ、そうもいかないのが世の常。
妊娠中の妻が、妊娠中毒症の怖さや、難産になる恐怖を訴えれば、渋々理解を示しつつも
「に、に・・・肉が食いたい・・・脂身が・・・・」と悶絶する日がやってきます。
しょうがないよね、働き盛りだし。

1番の解決法は、
「ランチでカツ丼でも何でも食って来い!」
なんですが、
夕食でも、「味付けが薄くない・・・?」と聞かれたり、「豆料理多いね・・・」と苦言を呈されたりしてしまいます。

味付けのことは、お互い小皿におかずをとりわけ、夫には醤油でもソースでも塩コショウでもなんでもかけてもらい、自分はお酢とかレモンをかけて食べてしまえば解決です。
おかずも、ダンナ様の分だけ、総菜屋でトンカツやら、コロッケやら揚げ物を買ってきてあげるのも手です。(夫の分だけ揚げ物を作るっていうのは私は無理。)


ところで、私の夫は案外甘いものが好きな男性。
こっちが我慢してるのに、「ケーキ食べたい!クッキー食べたい!アイス食べたい!」という。

さて私はどうしたでしょうか。あなたならどうします?
何とか夫にも我慢してもらう、隠れて食べてもらう、などなども考えられますが、ここは逆転の発想。
ダンナ様の分だけ揚げ物おかずを買ってくるように、ダンナ様の分だけ、スイーツも買ってきてあげちゃいましょう。

もちろん妊婦のアナタはぐっと我慢・・・?
いえいえ、時には言ってみましょうか。
「私にも一口だけちょうだい♪」って。

妊娠中の女性は、食生活に気をつけないと、すぐ体重が予定以上に増えたり、足がむくんだり、尿検査に引っかかったりしてしまいます。だから食事を律する気持ちは保ちやすい。でも、やっぱりいろんな好物を我慢するのはつらい。モチベーションは高くても、サステイナブル(持続可能)にするには、時には息抜きも必要なのかも・・と思います。

そんなときこそ、自分のためでなく、夫のために食事やスイーツを用意する。

そして、「私にも一口ちょうだいな」です。

ダンナ様は自分を気遣って用意された、反ダイエットなおかずやデザートを喜ぶだろうし、自分も一口・二口わけてもらうことで“心の空腹”を埋めることができます。何より、夫にちょっとだけ分けてもらうっていう姿が、なんとも仲睦まじいじゃありませんか。

真夏の妊婦だった私は、ケーキやクッキーはやめられても、アイスクリームの誘惑は断ちがたかった。だからハーゲンダッツのような濃厚なアイスを夫のために買っては、一口、二口、いやいや三口だったかな、わけてもらって食べてました。あーんって口あけて、食べさせてもらってましたよ。全部食べればかなりのカロリーだろうけど、ちょっとだけだし、何より心がギスギスしない程度に食事に気をつけていくことができたように思います。


がんばれ!妊婦さん。
夫婦仲良く、美しく、愛あるところに子は育つだよ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.05

大根おろし、飲んでみました

喉がずっと痛くて、病院に行ったら「風邪の引き始めですね」とのこと。喉の炎症を抑える薬やトローチをもらって帰りました。
その後真面目に薬を飲み、うがい薬も使ってしっかりケア。
痛みは徐々に緩和され、風邪をひいて寝込むようなことにはならずホッとしていたのですが・・・。

薬が終わり、トローチも終わったあたりからまた痛みが・・・・。

うがい薬でのうがいや、暖かい飲み物だけでは、なかなか治らない。
マフラー巻いて外出しても、痛みは喉の奥にすっかり住み着いている様子。

もう一度医者に行っても、同じか違う薬をもらうだけだろうし、その薬を飲み終わっても治らなかったらどうすんだろう・・・と、ウジウジしていたある夜。

夕食に秋刀魚を焼き、大根おろしを作っていました。
ちょっと多めに作っちゃったかな~と思ったところでひらめいた。

この大根おろしをお湯で割って飲んでしまおう、と。

たまたま新聞記事か何かに、喉の痛みには大根おろしと生姜のすりおろしをお湯で溶いて飲むと良い、という昔ながらの知恵が書いてあったのを思い出したのでした。


お湯に大根おろしを小さじ2ぐらい入れて・・・飲む前はちょっとキツそうで怖かったけど、飲んでみるとさほどでもない。あらら~結構普通に飲めてしまうでないの!

そしてそれ以来、喉の痛みがないのですよ!
ちょっとビックリしました。
あれだけ喉の奥のほうに巣くっていた痛みが、きれいに消えて無くなってしまったのです。

大根おろし、恐るべしです。

我が家はもともと生姜を薬味や下味としてよく使うのですが、生姜もすりおろしてお湯で溶いて飲んでしまってこそ喉の痛みに直接効くのかも。
生薬っていうのはこういうこと???


妊娠以来、食生活には随分気を使ってきましたが、ここへきてさらに医食同源への興味がわいてきました。興味モリモリ、やる気マンマン、お腹ペコペコです?!


| | Comments (2) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »