« 深夜の黒豆 | Main | 薔薇の蕾 »

2006.01.26

子供が2人っていうことは

あらためて、私、2児の母です。
1歳と3歳の子供がいます。

子供が一人だったときは、精神的にしんどかった。
初めての育児で右往左往し、焦ったり、戸惑ったり。
生活のリズムもかわって、適応するのにも精神的なストレスがかかり、あっという間に毎日が過ぎていたように思う。
しゃべらない赤ん坊と、2人きりで過ごす時間になかなか慣れなかった。


そして2人目の子供が生まれて、どうなったか。
2人目の子供はとても育てやすい。
とにかくグーグー眠っていたし、手間がかからない。
自分が育児に慣れてきたからかもしれないし、2人目の子はそういうものなのかもしれない。

最近は子供2人で仲良く遊んでいることもある。
上の子はおしゃべりもさかんで言葉でコミュニケーションもできるし、下の子はさほど手がかからない。

じゃあ育児は楽になったのかというと、そうでもない。

やっぱり子供のために費やす時間の絶対量は増えていて、自分の時間がほとんど持てない。
ご飯を作り、食べさせ、洗濯、掃除、お風呂。
2人分の面倒をみるのは倍以上の時間や手間がかかる。

初めての子供の世話をするときより、精神的な負担は軽いことは確かで、今は育児に気負いもないし、戸惑いもほとんどない。
でも費やす時間は増えていく。

育児って肉体労働だなと思う。

ヘトヘトだなぁ。
時間の余裕がもっとほしい。

肩こってますよ。

|

« 深夜の黒豆 | Main | 薔薇の蕾 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/8340574

Listed below are links to weblogs that reference 子供が2人っていうことは:

« 深夜の黒豆 | Main | 薔薇の蕾 »