« 節分の福豆はダイエット食? | Main | 「功名が辻」誰の下につくべきか »

2006.02.06

JAL、上戸彩で起死回生?

ヤフーニュースによると、上戸彩がスチュワーデス役の連続ドラマが春からフジテレビで始まるらしい。

以下、引用。

女優、上戸彩(20)が4月スタートのフジテレビ系ドラマ「アテンションプリーズ」(仮題、火曜後9・0)に主演し、客室乗務員役に初挑戦することが5日、分かった。

気になったのは次の部分。

撮影にあたりJALが全面協力。上戸ら出演者はJAL国際線の客室乗務員と同じ制服を着用し、東京・羽田空港近くの訓練センターで同社の新入社員が受けるのと同じ訓練に臨む。


ふふーん。なるほどね。
最近トラブルが多くて事業改善命令が出たり、再発防止案の再提出を求められたり、企業イメージがダウンしているJAL。
上戸彩を起用してイメージアップをはかろうということかな?

TBSで木村拓哉がパイロット役をしたドラマ「Good Luck!」はANAが全面協力し、ANAのイメージアップにつながったから、JALも真似たという気がする。

でもそんなに上手くいくのかな?というのが今日の感想。

ドラマについて言えば、「Good Luck!」はパイロットと整備士の恋という斬新さもあり、パイロット、整備士、スチュワーデス、それぞれの飛行機を飛ばすための想いがあることがエピソードになっていたと思う。(実はあまり見てないんだけど)
でも、今度のはスチュワーデスの成長物語~でしょう?昔のドラマのリメークで、田舎娘が”世界一のスチュワーデス”を目指す!っていう筋書きも、ありきたりに感じてしまうんだけど。
スチュワーデスっていう言葉も古いし。キャビンアテンダントかフライトアテンダントだよなぁ。
ただ上戸彩の起用っていうのはいいのかも。
彼女はそういう根性モノドラマ(「アタックNo.1」や「エースを狙え!」)でヒットを飛ばしてきたから、そのドラマのファン層にはウケる気がする。

このドラマ、フジがJALに協力を依頼したのではなく、JALがスポンサーとして航空業界ドラマを作らせたんだと思うけど、夏ぐらいにJALの企業イメージなり、株価はどうなるんだろうか。
もちろんJALには事故の防止や、ANAの第2ターミナルに押されている羽田第1ターミナルのてこ入れ、原油高への対処など他にもやるべきことがたくさんあって、ドラマよりむしろそっちだろ!と思うんですけどね。


最後に私としては、世界一の「スチュワード」を目指すドラマのほうが現代性も話題性もあったんじゃないかと思う。
主役がジャニーズの亀梨くんあたりで、同期のスチュワードに小池徹平とかがいいなぁ。ウエンツは好みではないのでどうでもいいのですがハーフなので配役としては面白いかも。先輩として竹之内豊あたりが登場・・・なんてどうかしら?
うきゃきゃ。

(暴走中)

|

« 節分の福豆はダイエット食? | Main | 「功名が辻」誰の下につくべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/8540464

Listed below are links to weblogs that reference JAL、上戸彩で起死回生?:

« 節分の福豆はダイエット食? | Main | 「功名が辻」誰の下につくべきか »