« 「功名が辻」誰の下につくべきか | Main | 韓国の妊婦さんとキムチ »

2006.02.16

TVドラマ「神はサイコロを振らない」

前回と、今回を途中から見ただけなんだけど、すごく気になるドラマ。

10年前の自分と今の自分を考えてしまう。

今日の放送じゃないけど、本当に10年前は何でももっといろいろできると思っていた気がする。選択肢がたくさんあったように思うし、そのどれを選ぶのか、自分で思い通りにできるような気がしていた・・・かもしれない。今にして思えば。

あのころ、私は結婚し、子供を産む人生を望んでいた。
仕事もしっかりこなし、充実した時間をすごそうとしていた。

今、私は実際に結婚して子供を産み、仕事でもいろいろな経験をつみ、それなりの報酬も得た。
夢はかなっているといっていい。

でも10年前に思い描いていた未来はもっと華やかだった気もする。
結婚し、子供を産み育て、仕事も続けるというのは、地味でしんどい部分も大きい。


私は夢をかなえたのか、夢に追いつかなかったのか。
なんだかわからなくなる。

確かに私は選んだ。
自分がのぞんだような生き方を。
そして「のぞまなかった」ことにして、いくつかのことを捨てたのだろう。


10年前、根拠のない自信にあふれていた自分に、多分私は顔を合わせられない。


NTV「神はサイコロを振らない」

|

« 「功名が辻」誰の下につくべきか | Main | 韓国の妊婦さんとキムチ »

Comments

その気持ち、よくわかるなあ・・・
もし10年前にもどっても、
いままでと同じ選択をして
今のように暮らしているとは思うけれど、
わたしの場合、
こどもの頃夢見ていた人生に比べると
なんか華に欠ける生活のような気もします。
これはこれで楽なんだけどねー。

Posted by: みほまる | 2006.02.16 at 05:39 PM

みほまるさん、ありがとう!
共感してくれる人がいて心から嬉しいです。
現状への不満でもなければ、後悔でもない、微妙な感覚。
そこをわかってもらえた気がします~。
なんかほっとした。


Posted by: Nolly Chang | 2006.02.16 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/8681127

Listed below are links to weblogs that reference TVドラマ「神はサイコロを振らない」:

« 「功名が辻」誰の下につくべきか | Main | 韓国の妊婦さんとキムチ »