« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.19

「功名が辻」第11回 2人の妻

第11回「仏法の敵」を見る。

ついに信長、比叡山を攻める。
生きるものなからしめん、という非情をもって攻め入る。

これに対する2人の妻の態度が今日の一番の印象。
信長の妻・お濃は
「旦那様のしたことは人の道から外れております」と信長を責めた。
一豊の妻・千代は
「旦那様が地獄に落ちるなら私もついていきます」と一豊を受け入れ、慰めた。


お濃と千代。
妻としてはどちらが正しい行動なのだろうか。


私は千代だと思う。


お濃の気持ちもよくわかる。
家臣たちが信長を恐れて何もいえないのかもしれないから(光秀は抗議したけど)、ここは妻である自分こそ、夫を正さねばならないと思ったのだろう。

だがしかし-
神を畏れず、僧侶も女も子供も皆殺す、非情を決断した男と、従った男。
どちらも地獄を見た。
自分のしたことの恐ろしさぐらいわかっているのだ。
しかしそうしなければならなかった男たち。

そんな夫を、まずは受け止めることが必要ではないだろうか。
あなたが妻ならば。

仕事にはつらい決断を迫られるときが必ずある。
自分の個人的な感情に反する決断をしなければならないときもある。

まずは一度その決断をした夫を受け止めよう。
問うてみるのはその後でもいい。
「そうするより仕方ないなら、しょうがないわね」
・・・「本当にそれしか方法がないのよね?」
「アナタがそうしたいのなら、するべきなのよ。」
・・・「本当にそうしたいと思ってるのよね?」


お濃に責められた信長は孤独を感じ、
千代に手を握られ励まされた一豊は震えがとまった。


最後についでだから比叡山を攻めるということの是非についてもちょっと考えてみたい。
女・子供も皆殺しというのは非人道的で許せないけれど、
広く世界の歴史においても、政治家と宗教勢力の権力争いというのはある。
血を流す争いが何度もあった。
だから信長を極悪人として扱うことはできないとも思う。
天下取りのために倒すべきは諸国大名だけでなく、宗教勢力も含まれていたのだから、いずれ刃を向けなければならない相手だったのだろう。
でも言わば「宣伝効果」のために小さな子供まで殺すことは、私は憎んでしまうけど・・。


「あなたは間違っています」
そうやって人を裁くことは簡単だけど、裁くことが、いいことなのか。
難しい・・・。


| | Comments (5) | TrackBack (3)

2006.03.08

韓国の妊婦さんとキムチ

花粉症の皆さん、お元気ですか?
私は苦しんでますよ~。でもやっぱり暖かいのや、日が暮れるのが遅いことは嬉しいですね。
花粉恨んで、春を恨まず。
のびやかな心で過ごしたいものです。

さて、妊娠中に書いた記事。
世界の妊婦は何食べてるの?で、韓国の妊婦さんは妊娠中にキムチを食べているのか?との疑問を書いてみましたが、ひとつの回答をえました!

先日出会った韓国人ママ。ご主人(韓国人)のお仕事の関係でたまたまここ数年日本に滞在しているという韓国女性です。
初対面だったのですが、せっかくお知り合いに慣れたので、ここぞとばかり聞いてみました。

私 「妊娠中はキムチは食べてもいいんですか?」

韓国人ママ 「???」 怪訝な顔。

私 「えっとー、日本では妊娠中は辛いものを控えるように言われるので、キムチはどうなのかと思って・・」たじたじ。

韓国人ママ 「普通に食べますよ~」 何が悪いの?という表情。


韓国人ママは本当に不思議そうでした。妊娠中だからキムチ食べられないって何??っていう雰囲気でしたね。
あ~やっぱり妊娠中でもOKなんですね。
日本でも減塩を気にしつつも、お味噌汁は食べるし、漬物も食べ過ぎない程度には食べてるものねぇ。
長年の食習慣はなかなか変えられないです。
それにキムチもお味噌汁も、香辛料や塩分といった側面もあるけれど、発酵食品の良いところもあるし、いろいろな野菜も摂れるので、トータルで考えると体には良いのだと思います。ウム。
食べすいない程度にはパクパクいっちゃっていいのかも。
(でもむくみが出てきたら、やっぱり減塩注意!)


さらに韓国人ママに聞いてみる。

私 「韓国では何歳ぐらいから子供にキムチを食べさせるんですか?」

韓国人ママ 「うちの子はもう食べてますよ~、大好きなんです。」

私 「え?!」 彼女が抱いている赤ちゃんを見てしまう。 
   「・・・あのぉ、お子さん何歳ですか?」

韓国人ママ 「1歳半ですよ


マジですか?1歳半でキムチデビューですか?しかも好物ですか?辛くないのかベイビーよ!

一瞬、ボーゼンとしてしまいましたが、我が家の上の娘も2歳のころには野沢菜漬けと梅干が好物でしたっけ。子供って案外しょっぱいものや塩辛いものも食べちゃうのよねん。


我に返って、韓国人ママにキムチのことを聞いてみると、彼女は日本でも自分で漬けているのだそう。だとすると1歳半のお子さん用に辛さを調節したり、漬ける具材によって子供に食べやすくしたりできているのかもしれない。それにキムチの世界も奥が深くて、私が思い描くような辛いキムチだけじゃないのかもしれない。

私の質問がどんどんふくれあがったところで、その日はタイムアウト。
家もそんなに遠くないのでまた会う機会もありそうでした。
今度会ったらまたいろいろ聞いてみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »