« 「功名が辻」第18回 リアルな自分でいくしかない | Main | 「チョコレートコスモス」恩田陸 »

2006.05.10

雑誌「InRed」の大人ガール

InRedっていう雑誌、知ってましたか?
私は知ってはいたけど、20代前半ぐらいの女の子向け雑誌かな~と思ってた。
non-noより大人っぽく、モード系だけど、トンガッってない・・・というぐらいの印象。

でも大間違い。
実は30代女性向けの雑誌でした!!
・・・て、皆さんは当たり前のように知ってたかもしれないけど。


内容を確かめもせず、表紙の印象だけで、
「あ~若い女の子向けの雑誌だな」と、思っていました、私。
ごめんなさい。


表紙を飾るカバーガールの服の印象や、見出しの印象でね。
そのうえ、会社の未婚の20代の女の子が読んでたから、あぁやっぱり、InRedは私が読むような雑誌じゃないと敬遠していたのですよ。


ところが友人からInRedは30代向けだよー!と教えられて、びっくり。
早速チェックしてみると、

今月号はりょうが表紙。
りょうは30代。
しかも、出産後初めてのグラビアで、生後8ヶ月の赤ちゃんとのコラボ!

他にも、赤ちゃんといっしょのモデルのファッション&ライフスタイルページもあった。

すごい、思いっきり30代のママ世代を意識した作りです。

ただ、他の30代ママむけ雑誌とは決定的に違う点がある。


それは、30代で子供がいても、「私は大人の女の子」っていう“1人称”で語られる価値観。

「VERY」は幸せで裕福な“奥様”。若々しくオシャレな“ママ”。
「LEE」も感じのいい“ママ”や”奥さん”。
「Saita」もそんな感じ。
「素敵な奥さん」にいたっては、まさに堅実で賢い奥さん。

○○さんの奥さん、△△ちゃんのママ、として、いかに綺麗であるべきか、いかに健康的であるべきか、いかに堅実であるべきかという提案みっちりの紙面づくりなんだよね。


比べて「InRed」は、結婚しても子供を産んでも、私は私。
いつまでもガール、いつまでも乙女。
というポリシーみたい。

巻頭のりょうのグラビア&インタビューも、子供は好きだけど、ママっぽくなりたくないような話だった。
写真も母親になった優しげな写真ではなくて、怒った少年のように撮った写真が一番気に入っているという。

私は「VERY」で紹介しているような品のあるスタイルのほうが好きなんだけど、確かに今、「30代・2児の母」としてのきちんと感を念頭において洋服選びしてる。
でも今一度、「子供を産んだ30代の女の子」としてファッションを楽しむのもアリかも。


休日ファッションをもっと楽しんでみたい!

|

« 「功名が辻」第18回 リアルな自分でいくしかない | Main | 「チョコレートコスモス」恩田陸 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/10011715

Listed below are links to weblogs that reference 雑誌「InRed」の大人ガール:

« 「功名が辻」第18回 リアルな自分でいくしかない | Main | 「チョコレートコスモス」恩田陸 »