« 「チョコレートコスモス」恩田陸 | Main | 更新したい »

2006.05.16

旅するご飯粒

家で素足でペタペタ歩いていると、足の裏に何かがくっつく。
はて?何だろう?と足の裏を見てみると、たいていは干からびたご飯粒だ。
スリッパを履いていたら、何故かスリッパが床から離れにくい。何かがベタっとしている感じ。
裏返してみてみると、まだ柔らかいご飯粒がスリッパの裏でつぶれている。


ちなみにそこはダイニングでも、キッチンでもない。

寝室であったり、洗濯機置き場の前だったりする。


トイレ掃除をしていたら、トイレの床にご飯粒があったこともある。


これはどういうことか。


実は時々気分をかえようと思って、洗濯機置き場の前や、トイレでご飯食べてるんです~


なんてことは断じてない。

子供ですよ、子供。


ご飯を食べるのがまだまだ上手く出来ないけど、頑張って自分で食べている娘たち。
1歳の子にはエプロンをつけているし、
食事の後には口のまわりを拭き取ってきれいにもしているけれど、
どこかについてるんだなー、ご飯粒が。

ひじや袖についていたり、ご飯を落としてズボンのどこかについていたり。

たまたま私が気がつかないでそのままにしてしまい、子供たちはご飯のあと部屋で遊んだり、トイレにいったり、お風呂に入ったりする。

そしてポロッっと落ちるんだなぁー
粘着力が弱まってきたご飯が。

早い段階で踏んづけると、ベチョーっとし、
かなりたってから踏んづけると干からびて硬い。


子育て1年生の頃は、うんざりしていたけれど、
最近はもう慣れっこ。


ご飯粒よ、今日はこんなところまで旅してきたのかい?と、
思うことにしています。


夕方、玄関で干からびたご飯粒を見つけた。
多分、朝ごはんのときに子供の洋服にくっついて、玄関でぽろっと落ちたんだろうな。

このご飯粒がもうちょっと根性があれば、玄関から出て、外の世界まで旅が出来たのにねえ。
残念だねぇ。
外に出てから落っこちたら、すずめに食べてもらえたかもしれないのにさ。
次は根性出して、外までひっついてな。


今日も我が家のご飯の一部は、胃におさまらずに、旅に出ているようです。
掃除機をかけると、力尽きて旅を続けられなくなり、そのまま干からびてしまったご飯粒たちがいい音をたてて吸い込まれていきます。

もののあはれを感じます。 嘘です。

|

« 「チョコレートコスモス」恩田陸 | Main | 更新したい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/10049226

Listed below are links to weblogs that reference 旅するご飯粒:

« 「チョコレートコスモス」恩田陸 | Main | 更新したい »