« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.27

ストローで飲むシャンパンなんて

ポメリー社が数年前にPOPというシャンパンを発売した。

コンセプトはシャンパンをよりカジュアルに楽しんでもらいたい、
新しく画期的、アヴァンギャルドな本格シャンパーニュ。


カジュアルにシャンパンを・・・っていうのはいいんですが、
ストローで飲みましょうっていうのはどうにも好かん。


だってさぁ、シャンパンの良さって味だけじゃないでしょ?


光となり音となり匂いとなり味となって
喜びのひろがるこのひととき


これは谷川俊太郎さんの「空に小鳥がいなくなった日」の中の
シャンパンと題された詩の冒頭だ。


私はシャンパンを飲むときに、シャンパンの素晴らしさをたたえるべく
この詩の中のフレーズを口ずさむ。


光となり音となり匂いとなり味となって
喜びのひろがるこのひととき

シャンパンを開けるときの弾ける音。
ボトルを傾けると、グラスに光がこぼれるかのごとく液体が注ぎ込まれる。
私はパール色のシャンパンが好きだ。
美しいから。

シャンパンをグラスに注ぐときの音もいい。
希望と喜びが湧き出すような音。
泉から湧き水があふれ出しているような音。

そして甘く華やかで優しい香り。
特別な香り。ふんわりと漂う。

そして最期に味。


これらすべてを感じとって、味わって、幸福感にひたるのがシャンパンの喜びなのだ。


それをストローでちゅちゅちゅと吸ってしまおうなんて、
私はそんなもんペッペッだ。

炭酸の入ったアルコールで手軽に酔いたいのなら、
シャルドネ味のチューハイで十分だ。


シャンパンをカジュアルに飲むのは大いに結構。
でも心から味わいたいなら、ストローじゃだめだね。


梅雨明けの週末、昼下がりにシャンパンを飲みたいね。
夏が来たことを祝福しながら。

408747831909_1

谷川俊太郎詩集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.19

お子様は魔女

うちの4歳の娘は「お片づけ」ができない。
早くも「片付けられない女」だ。

ちゃんと片付けなさい!としかると、
魔法の杖として使っているおもちゃの棒を持ってきて、

「お部屋よ、お部屋よ、きれいになぁれ~!」と、
魔法をかけて解決しようとする。


私はこれをやられるとどうも怒る気が失せてしまい、
結局私が片付けてしまう。

魔法にかけられて、片付けさせられちゃうのかもしれない。


甘いよな~と思うけど、
やれやれ・・・と言いながらも微笑ましく思ってしまうのは
私自身が魔法とかミラクルとか、信じているからかもしれない。

白状すると、少女のころ「My Birthday」というおまじない&占い雑誌をずっと読んでいたんだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.17

恩田 陸「Q&A」

気味の悪い本だった。


初めて読んだ恩田陸作品が「チョコレートコスモス」だったので油断してしまったが、そいうやこの人はミステリー作家なのだから、「Q&A」で人がたくさん死んだり、恐怖におびえたり、喪失感でいっぱいになったりしても、看板にいつわりなし、文句をいえた義理は無い。


本当に気味が悪くて、圧迫感があり、読んだあと吐き気がした。
(スプラッタなシーンはなかったにもかかわらず)


その日、たくさんの人が死んだ。
”事件”を調査すべく、当事者たちに質問をする人。
答える人。

小説はすべて、「Q&A」の形で進行していく。

質問、そして答え。

そしてすこしづつ明らかになる”事件”。


同時に読み手には新たな疑問が生じてくる。


恩田陸はそれを見越したように、答えを少しだけ見せてくれる。

作家と読者のQ&A。

質疑応答のあと、私に残ったものは、
後味の悪さと救われない不安。
胸苦しさと嘔吐感。

真夏はホラー小説を読んで、ヒヤリとしたいなら、おすすめする。


434400623201


恩田 陸 「Q&A」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.16

美しい年上の女友達

5才ほど年上の女友達に会う。

子供を産んでいないとはいえ、柔らかくはあるが決してたるみのないボディライン。
きめ細かい肌。
優しい表情。


美しい女性。


30代も後半で、どっちかっていうと40歳近いなんてまったく見えない。
かといって若作りで、無理しちゃってるなんてこともない。


素敵な女性。


こういう女性をみると、あー私も頑張ろうとすがすがしい気持ちになる。
プレッシャーでもあるわけだけど。


もともとの顔の造詣・・・という部分もありますから、ある日突然美人になることもないけど、
自分が30代後半になったときに、
子供が2人いるようには見えない(=生活疲れしていない、自分をほったらかしてない)と言われたい。
年下の女性に、あんなふうに年をとりたいと思われたい。

年には勝てないわ・・・なんて言葉、単なる言い訳だ!と
美しい年上の女友達は、その存在が、証明していました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.15

TVドラマ「下北サンデーズ」

ご無沙汰っ! 

昨日、TVドラマ「下北サンデーズ」を見ました。
上戸彩扮する女子大生が、小劇場系の劇団にはまっていくドラマ。
舞台は小劇場の聖地・下北沢。

演劇大好きな私としては、共演に佐々木蔵ノ介、古田新太の名前を見つけた途端、絶対見なきゃ!と思いました。
小劇場で活躍し、今や大劇場の商業演劇でも、TVドラマでもひっぱりだこの2人。
叩き上げで芸能界に入った役者が、古巣を舞台に暴れそう・・・なドラマなんだものね。

オマケに脚本は石田衣良。

そして下北沢の再開発計画が進んでいるから、今の下北の街を映像に残すという貴重さもある。

こりゃ見なきゃ!でしょ。

で、昨夜みたら、やっぱりなかなか面白かったよ。
よく見たら山口紗弥加も劇団のマネージャー役で出てました。
カノジョ、けっこういいのよ。
アイドルで売り出していたような気がするけど、野田秀樹の「オイル」に出てたとき、あ、この子はけっこう玄人な役者めざしてんな、と思いました。主役を張る大スターというより、実力派女優として地位を気づきそう。

さらには、ケラリーノ・サンドロヴィッチが、ケラ自身として出演してるのもニヤリ。
友情出演だー。


そしてドラマそのものも芝居小屋の雰囲気や、劇団員の陽気なビンボーぶり、下北も街並みを面白く切り取っていて楽しかった。
舞台にかける情熱ってステキなのよー。


恩田陸の小説「チョコレートコスモス」といい、今、演劇が熱い!

音楽はいつどこでも着うたフルでダウンロードでき、映画はすぐにDVDになり、オンデマンドの動画配信もたくさんある今日の世の中。
演劇の熱気だけは、LIVEでないと伝わりきらないと思う。
だからこそ今、演劇。


芝居小屋でお尻が痛くなりながら見る芝居。
役者の汗だの唾だの飛んでくるような席でみる芝居。
それがまたいいんですよ。


さてさて、初回では上戸彩がラストに高校時代の体操着姿でジャーン!と登場してました。
薄っぺらで、柔らかみもふくらみもない体で、もう高校生っていうより中学生みたいでした・・。
ドラマで着てた体操着には故郷の出身高校の名前らしきものが書いてあったけど、
やっぱ上戸彩には桜中学の体操着を着て欲しかった・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | August 2006 »