« 本の虫、本のさなぎ、本の蝶 | Main | 「間宮兄弟」 江國香織 »

2006.08.11

たら・ればの○と×

広島・長崎の原爆の日が過ぎ、まもなく終戦記念日の今日。
ちょっとだけ、書いてみようと思う。

世の中にはいろんな人、いろんな意見があって、

「もしあのとき、○○を攻めていれば」
「もしあのとき、△△が指揮権を握っていたら」


・・・「戦局は変わっていただろう」


・・・「日本は勝っていたかもしれない」


という話を聞くことがある。


わたしはどうも腑に落ちない。

いやなに、歴史に「たら・れば」を持ち込むことが嫌なのではない。
むしろ好きなのです。

あのとき、○○だったら・・って考えるのは。

だけど戦争について私が考える「たら・れば」は、

「もし、あのとき軍部の暴走を許していなければ」
「もし、外交がうまく効果を発揮できていたら」

・・・・「戦争を回避できたかもしれない」

なのだ。

歴史に「たら・れば」を言っても、歴史は変わらない。
でも、「たら・れば」と仮定することで学ぶこともできる。

皆さんは何を学びますか?

戦争の勝ち方?それとも防ぎ方?


|

« 本の虫、本のさなぎ、本の蝶 | Main | 「間宮兄弟」 江國香織 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/11377635

Listed below are links to weblogs that reference たら・ればの○と×:

« 本の虫、本のさなぎ、本の蝶 | Main | 「間宮兄弟」 江國香織 »