« August 2006 | Main | October 2006 »

2006.09.28

「午後の曳航」三島由紀夫

この本が書かれたのは、昭和38年らしいんだけど・・・・
まったく色あせないどころか、現代日本においてもタイムリー???って言えちゃう内容。


父を5年前に亡くし、母と横浜に暮らす13歳の少年。
その母に船乗りの恋人ができ、男は海を捨てて商売を学び、陸の生活を選ぼうとする。
少年の義父となって。


海を捨て、父親らしく振舞おうとする男への憎しみが募る。


少年は、首領と呼ばれる怜悧な少年、その仲間とともに、
母の恋人(義父)の殺害を企てる。

首領と呼ばれる少年が怖気づく仲間に向かって言う。

刑法第41条
十四歳ニ満タザル者ノ行為は之ヲ罰セズ。


この刑法41条は、大人たちがつくった童話なのだ。
子供に対する夢。
可愛い、かよわい、罪を知らない児童という幻想。
どうせ子供には何もできないだろうという油断。

童話なのだ。

とても危険な童話なのだと。

そして14歳になる前に、少年らは大人たちの童話に感謝しながら、殺人という自由を享受しようとするのだった。

ああ、いやだいやだ。
嫌な話だ。

だけど、14歳未満の児童による、殺人・殺人未遂がたびたび起こり、
そのたびに刑法見直しが議論される昨今。


刑法そのものの見直しもいいが、危険な童話の根本にあるものを、
大人ははっきりと目をそらさないで考えなおしてもいいのかもしれない。


三島由紀夫の作品、あまり好きじゃないんだけど、
またよんでみようと思う。

410105015509


「午後の曳航」三島由紀夫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.27

幸せな子供に育てるには・・

我が子に幸せな人生を歩んで欲しい・・・と思うのは親の常。

そのためにはどうすればいいのか。

ただそう願っているだけ、っていうだけじゃ私は物足りない。
ちゃんと考えてみた。


子供のためにお金や資産を残そうとする親もいる。

立派な教育を与えようとする親がいる。


たしかにお金も、教養も、人を豊かに幸せにするな。
親として、養育費を捻出し、子供に教育を与えることは大事だ。


幸せな人生ってなんだろう。

よい学校に行き、よい友人に囲まれ、きちんとした就職をし、好きな人と結婚し、子供ができたりするような人生ってこと??

そのために、まずは塾へ行かせるのだろうか。
幸せな人生のレールに乗るために。

しかし結局、幸せって言うのは、外側からもたらされるものではない。
お金も、知識も、学歴も、肩書きも、
それらを持ってれば幸せかっていうと、わからない。

幸せは心の内側から生まれる感情。

ならば、心の内側から幸せな感情が生まれやすいようにするのが大事なのではないか。


そーね、
たとえば、よく晴れた空に、ウキウキするような心。
暖かいお茶にほっとやすらぐ一瞬。
花が咲いた、実がなった、紅葉した、なんていう小さな発見。
おいしいご飯。

そういうことに、ひとつひとつ心が反応して、
「なんか幸せだな~~~」って思うような人間になってもらう。


よく言うでしょ、
コップに半分はいった水をみて、
「半分しかない」と思うか「半分もある」と思うか、っていう喩え。

この喩えに近いんだけど、
小さなことにも、心が満たされ潤うような感情の持ち主に育てたいな。

そうすればきっと幸せな人生が、今日から始まるもの。

お金を稼いだり、受験で合格しなければ、つかめない幸せなんてヘンな話。
(もちろんそれで掴める栄光や贅沢はたくさんあると思うけど)

いろんなことに幸せを感じられるような子供に育てるには・・・
やっぱり家庭の雰囲気が大事だろう。

おいしいー
たのしいー
きもちいいー
きれいー

いいねーこういうの。
シアワセだねーこういうの。

そんな言葉や雰囲気があふれる家庭作りが、一番重要なのかな、と思う。


我が家の娘は、
買い物で疲れた私に
「お帰り! ママ、大変だったでしょ。まずはお茶にしない?」と誘ってくれる。
掃除をすると
「さっぱりして、気持ちいいね!」と嬉しそうな顔をする。


他の子がどんどん字の読み書きができるようになっているのに、
うちの娘は、どうも覚えが悪くてため息でちゃうけど、
お茶の時間の大切さとか、
掃除の楽しさとか、
ちょっとわかってるみたいで、ママは安心してるのだ。


これからも、ちょっとしたことに幸せを共感する親子でいよう。
教養や、お金の稼ぎ方は、後からでもダイジョーブ。多分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.26

「蜘蛛女のキス」プイグ

秋です!
秋の夜長はやっぱり読書。

今日は断然おすすめの一冊を紹介します!

それは「蜘蛛女のキス」マヌエル・プイグです。


Gガルシア・マルケスの「100年の孤独」といい、プイグといい、
ラテンアメリカ文学ってなんでこんなにも幻惑的で魅惑に満ちているんでしょう。
たまらないわ~。


「蜘蛛女のキス」は、ラテンアメリカの牢獄の中で、2人の囚人の会話で話が進みます。
ひとりは、政治犯。
もう一人は未成年の少年に性的いたずらをした、ゲイの男。

退屈しのぎにゲイのモリーナが、昔見た素敵な映画を細かく政治犯バレンティンに話していく。
その映画描写が素晴らしく、まるで映画を見ているような気持ちになる。
これが最初の罠なのかもしれない。

いつしかモリーナとバレンティンの関係が少しずつ変化していく。
語られる映画の中にも、気持ちの変化が刷り込まれている。
そして迎えるラスト・・・。


何が素晴らしいか、
なぜこの本に惹かれるのか、

多分、惑わされていく感覚・・・なんだと思う。


登場人物は囚人の男2人なのに、
ゲイのモリーナがオネエ言葉を使うせいで、
男と女の会話をイメージしてしまう。

設定は、暗く寒く汚らしい監獄の中なのに、
語られる映画のせいで、
読み手の私の心は、戦時下のパリや、南国のプランテーションへと飛び立ってしまう。


獄中の囚人男2人・・・から私の魂ははるかに開放されていく不思議。
この小説のトリッキーなところだ。


自由を愛し、搾取を憎み、世の中をかえ、人々の意識を変えようとする囚人と
生まれついての性を捨て、とがめられることなく生きて生きたい囚人、
2人を縛り付けているのは、果たして監獄だけなのか、それとも・・・

閉ざされた監獄の中でむしろ開放されていく2人、
閉ざされた監獄の話を読んで、イメージを膨らませていく読者。

そして私は、毎夜 監獄で語られる映画の話の妖しさに、からめとられていきました。


是非2度読みしてほしい1冊です。


408760151x09_2

「蜘蛛女のキス」プイグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.21

わたしの食育

このところ「食育」「食育」とよく聞く。
なんとな~く、言わんとしていることは判るのだが、詳しいところや正確なところは知らないし、
別段知りたいとも思ってないんだよねー。

かといって食育っていうものを否定しているわけでもない。
ただ、詳しく知って、自分もそれにならって育児しようと思ってないだけだ。


食事はとても大切なことだ。

子供にはまずしっかり食べさせて、体を丈夫に、大きくしてやらなくちゃあいけない。
これは食事の“実”の部分だね。本質。
食べなきゃ死んでしまう。
食べることは生きること。


そして私が子供に教えてあげたいのは、
「美味しいものを食べることは幸せだ」ということ。
これは食事の付加価値だ。
食べることの喜びだ。


「美味しいものを食べることは幸せ」
この概念を深く掘り下げてみよう。


まず「美味しいものを食べる」とはどういうことか。
美味しいものってなんだろうか?

私は子供たちに
霜降り牛肉の美味しさも、
吉野家の牛丼の美味しさも、
両方教えてあげたい。

高級食材からB級グルメまで、世の中にはいろいろな食べ物があるのだ。
いろんなものを食べよう、味わおう。

美味しいってどんな味だろうか。

私は子供たちに
甘くて美味しいも、
辛くて美味しいも、
苦くて美味しいも、
酸っぱくて美味しいも、
やわらかくて美味しいも、
歯ごたえがあって美味しいもある。
いろんな味がこの世には存在し、それぞれに美味しいことを教えてあげたい。

美味しいものはどこにあるんだろうか。

季節や土地ごとにうまいものがある、
わたしは子供たちに、
季節の旬の食べ物の美味しさや、
その土地ごとの名産品の美味しさを、教えてあげたい。

次に、「食べることは幸せ」という部分。

いろんな美味しいを食べて、
それを喜ぶ人間になってほしい。
美味しくて、口福で、幸福。
単純でいいのだ。
素直でいいのだ。
美味しいは幸せだ。

そして、食卓を誰かと囲む幸せ。
家族で食べたり、友人と食べたり、恋人と食べたり。
誰かと食べることでいっそう美味しくなることも知って欲しい。


「食育」というのはなんだか詳しくはしらないが、
親として私が子供たちに教えたいのは、これだけで十分だ。


世の中のいろんな物を食べましょう、一緒に。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.05

めかぶ食べたい!

昔のしば漬けのCM、覚えてます?

キャリアウーマン風の女性が、倒れこむように一人暮らしのマンションに帰ってきて一言。


「あー、しば漬け食べたいっ!」

私はそのころ高校生か中学生かよくわかんないけど、
とにかくまだお子ちゃまだったのですが、
妙に共感するCMでした。

外でどんなにオシャレ~に振る舞い、イケテル女に振舞っても、
最期はなじみの深い、お漬物でほっとしちゃうんですよ、アノ女性は。

で、最近のワタクシ。

「あ~、めかぶ食べたいっ!」ってな毎日です。

めかぶが美味しいというだけでなく、もはや、めかぶに癒されてる感じです。

ほっとすんだよねぇ~。

健康にも美容にもいいっていう知識が、プラスアルファで働いてるから、美味しさがさらにアップして、なおかつ安心感が得られてしまうのかも。


めかぶだけじゃなくて、からだにいいものはどれも美味しく感じられちゃう。
ありがたいわ~って感謝しながら食べちゃう。


中でもめかぶは毎日欠かせないのよね。


「あ~~~~めかぶ食べたい!」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »