« 功名が辻は役者揃ってますね | Main | 功名が辻第41回「大乱の予感」千代のプライオリティ »

2006.10.11

ドラマ「14才の母」に望むこと

秋の新ドラ、「14才の母」に、厳しく注文をつけたい。

このドラマ、14才の女子中学生が妊娠してしまう、“ヒューマンドラマ”らしいんですが・・・・


ヒューマンドラマっていうことは、だよ。

産むの産まないので中絶するかどうかで悩み、芽生えた命の重さに悩み、親や周囲に最初は猛反対されるけど、・・・ってな中で、女の子が成長していくよーな話なんでしょーか???

だとしたら、陳腐だよ、陳腐。


14歳が妊娠して、命の尊さ学んで、あーよかったね、がんばれ~~みたいな感動、欲しくないよ。

もうここはね、主人公には徹底的に辛酸を舐めてもらいたい。

まず、相手の男はヤリ逃げです。
男の親も、金で解決しようとするだけ。
女も女だ、息子だけのせいにすんなよ!ぐらいの剣幕がいいね。

さらに、相手の男は反省するどころか、セックスに目覚めて次の女に走る。
ダメ押しです。


そんな男の子供とはいえ、
どうしても中絶に踏み切れなかった主人公は、産むことを決意。
命について考える大事なシーンよ。


主人公の親も、大反対するけど、まあ実の親だから最期は味方でもいい。


でね、問題はここから。

出産後も徹底的に描いてほしいわけ。

中学生が子供産んじゃうってどういうことなのか。
子供を親や保育園に預けながら高校に行くのか。
みんなが楽しく遊んでいるときに、子供の2歳のイヤイヤ期に直面するしんどさを、みせてほしい。
友人が彼氏を作る中、母親としてもう恋どころじゃなくなるのか、そのあたりの葛藤もみせてほしい。
児童虐待・育児放棄になりかねない、主人公の苛立ちをみせてほしい。
大学進学どころでなく、早く手に職でも就けて、経済的に自立しなくちゃならなくなる厳しさもみせてほしい。


世の中の偏見だってきっちりみせて。
どうみたって、母子よりも年の離れた姉妹のほうがしっくりくる母子。
それを世間がどうみるのか。
子供の小学校入学で、入学式に出る主人公はやっと20歳なのだ。

母として社会に出るたびに、好奇の目に晒され続ける人生を、丹念に描いて欲しい。


子供を産むって言うのは、分娩だけじゃあない。
その子の人生に責任を持つということだ。


悩んだり反対されたりもしたけれど、最後は家族にも、相手の男の子にも励まされて子供を産みました~で、終わるようなドラマはみたくない。
とってつけたように、最期に「-2年後-」とか出てきて、かわいい子供と手をつなぎ、幸せそうに笑う主人公なんてみたくない。


14才で母になることの大変さを世の中に問いたい、という意欲のあるドラマならば、だ。
主人公はとにかく大変でつらい目にあって、14才からあとの人生ずっと、母としての責任を背負って生きていくことの厳しさをとことん描かなければだめだ。

ドラマをみた人が、「ホロっとしちゃった~。いいドラマだったね~」なんて呑気な感想を持ってはいかんのだ。
自分がまだ子供のうちに、親になっちゃいかん、
主人公のようにはなりたくない、
なーんて思う人が半数以上になるような、辛口ドラマでなくちゃあいかんよ。


どうでしょう?

日本テレビ「14才の母」

|

« 功名が辻は役者揃ってますね | Main | 功名が辻第41回「大乱の予感」千代のプライオリティ »

Comments

この記事に飛んできたことがきっかけでした。
初めまして、倫子(りんこ)と言います。

何と言うか、
美味しいモノを食べたときに、究極には、
美味しい!としか言えないように、
面白いモノを読んだときには、やっぱり、
面白い!としか言えないのですね。
辛口な表現がド真ん中でした!どの記事も…(笑)

あたしもよく、辛口だ、と言われるのですが、
あたしなんて足元にも…(おっと、失礼!汗)
まだ読んでいないモノもあるのですが、
さかのぼって、楽しく、拝見させて下さいね。
アンテナもさせて下さい!また、お邪魔します。

Posted by: 倫子 | 2006.10.12 at 05:01 PM

倫子さん、こんばんは!

いや~私、やさしいお母さん目指して、心温まるブログでも目指そうかと思ってたんですが、地が地だからしょうがないですよねえ。

倫子さんのブログにも遊びにいきますね。

Posted by: Nolly Chang | 2006.10.13 at 12:04 AM

「地が地だからしょうがないですよねえ」
に大ウケしちゃったよ!

「14才の母」番宣見て、なんか不快だなあ、
と思っていた所。、ここに来てすっきりしました。


Posted by: みほまる | 2006.10.15 at 04:07 AM

同感!
私は杉田かおると同年代なので15歳の母の話は知っています(笑)。
そして今、15歳の娘がいます。
そんな中学生が親になってどうするねんって感じで
ドラマの題名を見ただけで吐きそうでした。
だから見てないんで感想書けないのですけど・・
このブログを読んで見てやろうと意地悪く思ってしまいました~(*^m^)ププ♪
リンクいただいて帰ります。
不都合あればご連絡くださいね。

Posted by: kako | 2006.10.16 at 10:58 PM

kakoさん、どうも~。
リンクしてくださってありがとうございます~。
昨日第2話を見ましたが、なんだか
「好きな人だから、そーゆーことになっちゃたし、それで赤ちゃんができたんなら、産みたいの」
なんつー14才の論理を肯定的に捉えていきそうな展開に眉をひそめてしまいました。
このドラマについてはまたブログ書いちゃおうと思ってます!

Posted by: Nolly Chang | 2006.10.19 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/12248167

Listed below are links to weblogs that reference ドラマ「14才の母」に望むこと:

« 功名が辻は役者揃ってますね | Main | 功名が辻第41回「大乱の予感」千代のプライオリティ »