« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.29

功名が辻第43回「決戦へ」俺が勝たせる!

「功名が辻」第43回「決戦へ」を見る。

ついに一豊の見せ場到来でした!!!

今までは、
一豊=誠実な男
千代=賢い女
という役回りのせいか、一豊の見せ場は主に戦場。
政治的判断はまったくできず、千代や旧友の中村に教えてもらうばかり。

だから一豊ってよくいえば、忠義に厚く、裏表がなく、計算高さのない誠実な男なんだけど、
悪く言えば、肉体だけの脳みそのない男・・・だったわけです。
まあそれも千代を引き立たせるための演出なので、一豊がそんなふうに描かれても仕方ないのかな~と思ってはいました。


しかし今日は、一豊がすごくかっこよかったのです。

徳川家康を囲んでの初の軍議。
まだ諸侯は、心の奥底では石田か徳川かで揺れ動くなか、
「城も領地もすべて家康に明け渡して、徳川のために尽力する」と誓う。

堀江の息子が言っていたけど、
「こんな軍議ですら、すでに大名諸侯の戦は始まっている」のです。

徳川への忠誠をいかにあらわすか、
そのタイミング、その効果を最大限に発揮するにはどうすればいいか。

今回、一豊は見事にそれをやってのけた。


そして家来への鼓舞も見事でした~~。

徳川で本当に勝てるのか?と心配する家臣に対し、
勝てるかどうかではなく、自分らが勝たせるのだ、と説く。

うむ、この心意気があってこその、先の発言・決意があるわけです。

今の世の中でも、この考え方って大事だと思う。

誰についたら自分が得をしそうか考えているような人はダメだね。
自分がつくことで、誰かを押し上げようとか、ある状況を好転させようとか、
主体的に考え行動していくようでないと、道は開けてこないのだ。


具体的に何が、ということではないけど、
最近の私も、自分が簡単に得したり楽できたりする方に安易に流れていく傾向があったと思う。
誰かにまかせちゃうような、
多勢にのっかちゃうような、
そうすれば何とかなっちゃうかな、なんて。
いかんいかん。


自分の判断で、人を選び、所属を選び、環境を選び、
自分の努力で、それを「勝ち馬」にしていく。


結婚した相手といつまでも仲良く暮らすこと、
生まれた子供も含め、明るい家庭を築くこと、
職場の環境をよくし、働きやすく業績もよくなるようにすること、
自分で選び取った人生を、ハッピーなものにすること。

それら全部、主体性をもち、行動し続けなければ実現できないこと。


徳川と石田、どっちにつけば勝てそうか?なんて、
医者と弁護士、どっちと結婚したら幸せになれるかしら?っていう質問と一緒なんだよね。

NHK「功名が辻」第43回「決戦へ」のあらすじはこちら

| | Comments (6) | TrackBack (3)

2006.10.26

がんばれ!榊 東行!「ホーム・ドラマ」

日経新聞の夕刊で昨年連載されていた小説「ホーム・ドラマ」の単行本化を待っているのだけれど、なかなかされない。

この小説は、家庭の中ですら経済原理が働いて、家事・育児すべての労働が金銭に換算され、自由競争にさらされるなか、家族は愚か人間そのものが荒廃していく・・・というような経済至上主義の顛末を書いていて、実験的な意欲作だった。

毎日楽しみに読んでいた。

単行本の状態で、もう一度じっくり読みたいと思った。


ところがなかなか単行本が出ない。

どうしたことか。

多分・・・・なんだけれど、榊 東行さん、煮詰まってる??


正直言って経済学を学んだことが一度もないので、こんなこと言える身分ではないのだが、「ホーム・ドラマ」の夕刊での最終回はやや物足らなく、もっと書き込んでほしいと思ったものだ。
おそらく大幅な加筆、なんなら多少の修正も入れて、経済原論と実社会をたたかわせて欲しいと思った。

もちろん、望むは易く、望まれる側の榊 東行氏にとっては難題なのだろう。


「三本の矢」で、長銀の破綻を半年前に予言し、現実と小説の違いがわからなくなるほど、リアルな作品を書いた作家だ。
完ぺき主義者なのかな。
だから「ホーム・ドラマ」も、納得のいくかたちでしか出版したくないのかもしれない。


榊さん、私 待ってますよ!
頑張ってください!

日経ホームページ、「ホーム・ドラマ」のあらすじはこちら


「三本の矢」榊 東行 アマゾンのサイトはこちら。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2006.10.23

「リトル・バイ・リトル」島本理生

本読み日記。
島本理生の「リトル・バイ・リトル」はとてもよい作品。
「ナラタージュ」よりも好きだな。

18歳の女の子・ふみの毎日。
とくに大きな事件は起きない。
母親が2度目の離婚をし、父親違いの妹とくらす18歳。
高校を卒業したが、経済的な理由で大学進学をとりあえず1年のばし、
自分で学費をためたり、生活費の足しにするためにアルバイトを始める・・。
そんな毎日のなか、書道教室の先生との交流や、
キックボクサーの少年との出会いがある。

本当に、そんだけなんだけど、
読んでいてなんとなく落ち着く。励まされる。

ふみはいわゆるフリーターだし、
これからの生活にも不安定要素が多すぎる。
でも、周囲の人々との関わりの中で、
本当にちょっとずつ、人は成長する。
何気ないことに、人は元気付けられ、
やっていけそうだと思う。


著者の島本理生はあとがきに書いている

「明るい小説にしようと、最初から最期までそれだけを考えていた。淡々と流れていく日々を照らす光を書きたかった。」

その試みは、見事に作品に反映されている。

主人公ふみは、暗い夜の海に、たよりないボートで漂流しているようなものだ。
でも遠くで灯台の光が彼女を照らしている。
だからなんとなく、安心している。
きっと、大丈夫だと。


私は2つの面で、この小説をすばらしいと思う。
1つは上に書いた、この小説のもつ世界観。
淡々と流れていく日々を照らす光の優しさ、に共感できたこと。
もうひとつは、イマドキの若いモンの生き方が、皮肉だけどよく描かれていることだ。

主人公は悪く言えば、あんまり考えてないというか、危機意識がない。
ふみは、大学に行くお金がないからなんとなーくフリーターになってしまう、しかし選んだ職種はビラ配りや看板持ちで、つまり他人との余計な接触が面倒なだけだ。
それで1年後に十分な進学費用を用意できるのか、家計を助けることができるのか、そういうことはまるで考えていないふうだ。考えたくないのかもしれないけど。

チャキチャキしたノー天気な母がいて、やさしいボーイフレンドができて、良い師である書道の先生がいて・・・。
自分はなんとかなるかなーと思っている。またはそう思いたい。


暗い夜の海にさまよう船にのっている主人公。
遠くから照らす灯台の光に安堵して、そのまま波に揺られているのだ。

灯台の光を目指して漕ぎ出そうとはしない。
朝日に向かって漕ぎ出そうとはしない。

この本は、青少年のための啓蒙書ではなく、小説なんだから、別にそれはそれでいいのだ。
私もこれ以上説教臭いことは言うまい。

私はむしろ、主人公ふみって、イマドキの若者の典型なのかなーと思う。
ふみが特段、人よりいい加減とか、人より投げやりという感じでもない。
お金がないから進学できないけど、それも仕方ない。
バイトはしなきゃだけど、面倒なことはしたくない。
これからどうなるかわかんないけど、とりあえず今日寝るところと食べるものはあるし、母も妹も、恋人も元気だし。
それでいいかなぁ・・・。と。

こういう感覚を、とても自然に、むしろ好意的に描いている島本理生の筆致が、とても優れていると思う。
ふみのことを優しく見守って生きたいような気持ちになる。

多分、私が書いていたら、ダメダメな18才の主人公というふうになって、もっと意地悪い話になっちゃったもの。


読んだあと、やさしい気持ちになれる本。
モラトリアムな若者たちにも、やさしいエールを送りたくなる一冊です。


406211669309

「リトル・バイ・リトル」 島本理央

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.19

小林麻央ちゃんに学ぶ

昨日「14才の母」を見た後、そのまま日テレでニュースをみる。
キャスターは小林麻央ちゃん。

彼女は「恋のから騒ぎ」で注目されて、他局でお天気キャスターに抜擢。
その後も女優デビュー。
ついにニュース番組のキャスターもGET。

すごいよねー。
大出世。


彼女について、批判的な人も当然いると思う。

演技力がない、
キャスターの力量がない、
可愛いだけのお人形。


ま、私もそれは否定しないんだけどさ。


昨夜、しみじみ麻央ちゃんを眺めていて、

あ~やっぱり美人で可愛らしい若い女の子っていいなぁと思ってしまいました。

結局、世間の皆さんは
演技力がなくっても、
舌足らずなしゃべり方でも、
気の利いたコメントなんて言えなくても、

美人で愛らしくて清楚な女性が大好きで、
そんな小林麻央ちゃんを眺めるのが大好きなのよねぇ。

私もその一人。


容姿以外のところで、批判しようと思えばできるんだけどサ、
何を言ったって「ひがみ」「ねたみ」でしかない。

しかも「ひがみ」「ねたみ」からは何も生まれない。


というわけで、
私はこういうときは素直に賞賛して、学ぶことにしている。


小林麻央ちゃんの良いところは、
美人だけれど、可愛げがあり、
そのうえ清楚で、お嬢様っぽさが薫るところだよなぁ。


顔の輪郭をきちんと出した、今のヘアスタイルも、なんだか新鮮。
いわゆるお嬢様結びっていうの?
サイドのヘアだけ束ねているの。


早実のハンカチ王子・斉藤くんもだけど、
小林麻央ちゃんも、「育ちのよさ」が伝わってくる。
好感度が高いのはもちろんのこと
今の世の中、「あ~まだこんな人がいたんだ~」って安心しちゃうんだよね。

というわけで、
私も今日は、髪の毛をすっきりまとめて、紺色のカーディガン。
ブラウスから覗くネックレスは、もちろんパール。

なーんて、清楚に決めてみました。


私なんて、
家事も適当だし、
母親としてもイマイチだし、
仕事も中途半端だけれども、

これで「世間に愛される清楚ママ」・・・?


そしたら・・・
「あれ?お受験ファッション?」と聞かれてしまいました。

うーむ、ある意味、深い。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.10.16

功名が辻第41回「大乱の予感」千代のプライオリティ

大河ドラマ・功名が辻「大乱の予感」をみる。

今日も見所たくさんではあった。
前田利家の妻、まつも登場すんのかしら?? 唐沢寿明も友情出演したんだし、松嶋菜々子カモーン!!というドキドキ。(期待は外れたけど。)
家康(西田敏行)の貫禄。(お灸をすえているシーンは、釣りバカ日誌の浜ちゃんのようで可愛かった)
ロンブーの淳は、今日が最大の見せ場でしたが、うーむ「もっとがんばりま賞」だなぁとか。

しかしながら、今夜いちばんの印象は、
千代(仲間由紀恵)と茶々(永作博美)の対話シーンでありました。

茶々が自身の今後を投げやりに相談する。

秀吉をたぶらかし、子を産むことで豊臣の家をのっとった茶々。
母(お市さま)の復讐をかなえたはずが、その天下も家康に取られようとしている。
天下など最早どうでもいい気持ちもするが、
若い乙女のころからサル顔の老人の妾になった人生を思うと、
自分の子に何とか天下を渡したい・・・・

このぶっちゃけトークに、千代は即座に答える。
「母と子、幸せに暮らすことが一番。天下は二の次」


千代だからこその助言なんだよねー、ここ。
家康か光成か・・・なんていう政治的打算で「家康様におすがりなさいませ」なんて言わない。
心から千代は、母子ともに戦乱の世を生き延び、幸せに暮らせる方法を考えている。

思えば今までの千代もいつも、
命をつなぐことを第一に考え、
幸せに暮らすことを願ってきた。

一般的に山内一豊の妻といえば、内助の功の代名詞で、夫の出世を願う妻の鏡のように扱われてきたけれど、
千代は、生き延びること、仲良く暮らすことをもっとも大事にしてる女性なのだ。

そして千代のスゴイところは、
プライオリティがしっかりしていて、それに基づく意思決定が的確になされていることだろう。


世の中には、自身のプライオリティが明確でない人が実は多い。
また、掲げたプライオリティと実際の行動や選択がちぐはぐになってしまっている人も多い。

たとえば・・・

仕事が面白くなってきた30代の女性。
子供を産もうかどうしようか、迷ったまま、ふんぎりがつかない。
妊娠も育児もなく、仕事に全力投球したいのか、
仕事を少し軽減して、子供を産み、家族を持ちたいのか、
自分の人生どうありたいのか、決めかねている人、近くにいませんか。


または・・・・

毎日深夜まで残業したり、つきあいで飲んだり。
土日も仕事したり、つきあいでゴルフいったり。
妻も子供もほっておき、家庭をまったく顧みない生活なのに
「自分は妻と子供のために働いている」という父親。
プライオリティは家族で、家族の幸福を保つ手段としての仕事のようにいいながら、
実際には家族が犠牲になっているケース。

ここは千代を見習って、
自分の人生でもっとも譲れないものは何か、考えてみるといい。
家族とか、愛かもしれないし、
仕事かもしれない。
お金かもしれないし、名誉かもしれない。
十人十色でいいと思う。
奇麗事じゃなくていいと思う。
とにかく明確にしておく。

そして人生の岐路、意思決定において、
自分にとって最大のプライオリティを基準にすること。
義理に流されたり、一時の感情に流されたり、世間体に惑わされない。


戦国時代の武士社会において、
生き延びることや、夫婦の幸せを第一のプライオリティに持ち続けることは
案外に困難なことだと思う。
それを千代はやってのけてるんだから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.11

ドラマ「14才の母」に望むこと

秋の新ドラ、「14才の母」に、厳しく注文をつけたい。

このドラマ、14才の女子中学生が妊娠してしまう、“ヒューマンドラマ”らしいんですが・・・・


ヒューマンドラマっていうことは、だよ。

産むの産まないので中絶するかどうかで悩み、芽生えた命の重さに悩み、親や周囲に最初は猛反対されるけど、・・・ってな中で、女の子が成長していくよーな話なんでしょーか???

だとしたら、陳腐だよ、陳腐。


14歳が妊娠して、命の尊さ学んで、あーよかったね、がんばれ~~みたいな感動、欲しくないよ。

もうここはね、主人公には徹底的に辛酸を舐めてもらいたい。

まず、相手の男はヤリ逃げです。
男の親も、金で解決しようとするだけ。
女も女だ、息子だけのせいにすんなよ!ぐらいの剣幕がいいね。

さらに、相手の男は反省するどころか、セックスに目覚めて次の女に走る。
ダメ押しです。


そんな男の子供とはいえ、
どうしても中絶に踏み切れなかった主人公は、産むことを決意。
命について考える大事なシーンよ。


主人公の親も、大反対するけど、まあ実の親だから最期は味方でもいい。


でね、問題はここから。

出産後も徹底的に描いてほしいわけ。

中学生が子供産んじゃうってどういうことなのか。
子供を親や保育園に預けながら高校に行くのか。
みんなが楽しく遊んでいるときに、子供の2歳のイヤイヤ期に直面するしんどさを、みせてほしい。
友人が彼氏を作る中、母親としてもう恋どころじゃなくなるのか、そのあたりの葛藤もみせてほしい。
児童虐待・育児放棄になりかねない、主人公の苛立ちをみせてほしい。
大学進学どころでなく、早く手に職でも就けて、経済的に自立しなくちゃならなくなる厳しさもみせてほしい。


世の中の偏見だってきっちりみせて。
どうみたって、母子よりも年の離れた姉妹のほうがしっくりくる母子。
それを世間がどうみるのか。
子供の小学校入学で、入学式に出る主人公はやっと20歳なのだ。

母として社会に出るたびに、好奇の目に晒され続ける人生を、丹念に描いて欲しい。


子供を産むって言うのは、分娩だけじゃあない。
その子の人生に責任を持つということだ。


悩んだり反対されたりもしたけれど、最後は家族にも、相手の男の子にも励まされて子供を産みました~で、終わるようなドラマはみたくない。
とってつけたように、最期に「-2年後-」とか出てきて、かわいい子供と手をつなぎ、幸せそうに笑う主人公なんてみたくない。


14才で母になることの大変さを世の中に問いたい、という意欲のあるドラマならば、だ。
主人公はとにかく大変でつらい目にあって、14才からあとの人生ずっと、母としての責任を背負って生きていくことの厳しさをとことん描かなければだめだ。

ドラマをみた人が、「ホロっとしちゃった~。いいドラマだったね~」なんて呑気な感想を持ってはいかんのだ。
自分がまだ子供のうちに、親になっちゃいかん、
主人公のようにはなりたくない、
なーんて思う人が半数以上になるような、辛口ドラマでなくちゃあいかんよ。


どうでしょう?

日本テレビ「14才の母」

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.10.02

功名が辻は役者揃ってますね

「功名が辻」でついに秀吉死す。

つねづね思ってましたが、柄本明の秀吉はスゴイね。
秀吉といえば、猿顔。

今まで多くの俳優が秀吉を演じてきたけれど、猿顔という部分だけでも柄本明は抜きん出ている。
顔以外でも、すごい。
信長(舘ひろし)にひれ伏し、身も軽やかな藤吉郎時代。
人望も厚い武将時代。
派手好きで、面白おかしく過ごす関白時代。
狡猾で狭量になった太閤時代。
そして老い、失禁までしてしまう最期のとき。

演じわけがすごいし、それぞれに凄みがあって、「功名が辻」って一豊の出世物語なのか、秀吉の出世物語なのかわかんなくなっちゃうほどでした。

他にも、舘ひろしの信長も鬼気迫る迫力で目に焼きついている。
西田敏行の家康も、あいかわらず上手い。

秀次役の成宮くんも、やさしいけれど天下取りの器がない、好青年っていうのがよく出ててナイス。
浅野ゆう子の寧寧役も、貫禄が自然に備わっていく感じがいい。
(フジテレビ大奥の総取り締まり役のときは、ちょっとやりすぎの感あり)
永作博美の茶々は、今日になってやっとなじんできた。
今回ついに、お市の恨みをはらしていた!
女って怖いわ~~~。
お市の大地真央は、とにかく美しく、永遠のお姫様だったし。
一方、秀吉の母役、菅井きんも適役。最高でした。

そうそう、六平太役の香川照之も落ち着いてみていられる。

とにかく、ヘタっぴが目に付かない。
安定してるわー。

主役の2人もいい。
上川隆也は、信長や秀吉の凄みのある演技に食われちゃってる部分もあるけれど、
山内一豊自身は、ちょっと世の中が読めてないぐらいまっすぐで、人の道を大事にする武将というキャラだから、あまり目立ちすぎちゃいけないのよね。
上川隆也はそのへんわきまえていて、脳みそより、心と体を使う男!っていう一豊を一貫して演じていると思う。
仲間由紀恵の千代も、頭が良いけど、それをひけらかさない賢い女というのが、気負いなく演じられている。

今日は前田利家役で、唐沢寿明が出てましたね!
私は大河デビューが「新撰組!」からなので、「利家とまつ」は見ていないんですが、「利家とまつ」を見ていた人たちにはたまらない再登場なのでは?
NHK、サービスいいな。
どうせなら松嶋菜々子のまつに出て欲しい。まつと千代の、良妻対決が見たい!


「功名が辻」はなかなかいいです


NHK功名が辻オフィシャルサイト


NHK 唐沢寿明 利家役で大河再登場

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »