« 「リトル・バイ・リトル」島本理生 | Main | 功名が辻第43回「決戦へ」俺が勝たせる! »

2006.10.26

がんばれ!榊 東行!「ホーム・ドラマ」

日経新聞の夕刊で昨年連載されていた小説「ホーム・ドラマ」の単行本化を待っているのだけれど、なかなかされない。

この小説は、家庭の中ですら経済原理が働いて、家事・育児すべての労働が金銭に換算され、自由競争にさらされるなか、家族は愚か人間そのものが荒廃していく・・・というような経済至上主義の顛末を書いていて、実験的な意欲作だった。

毎日楽しみに読んでいた。

単行本の状態で、もう一度じっくり読みたいと思った。


ところがなかなか単行本が出ない。

どうしたことか。

多分・・・・なんだけれど、榊 東行さん、煮詰まってる??


正直言って経済学を学んだことが一度もないので、こんなこと言える身分ではないのだが、「ホーム・ドラマ」の夕刊での最終回はやや物足らなく、もっと書き込んでほしいと思ったものだ。
おそらく大幅な加筆、なんなら多少の修正も入れて、経済原論と実社会をたたかわせて欲しいと思った。

もちろん、望むは易く、望まれる側の榊 東行氏にとっては難題なのだろう。


「三本の矢」で、長銀の破綻を半年前に予言し、現実と小説の違いがわからなくなるほど、リアルな作品を書いた作家だ。
完ぺき主義者なのかな。
だから「ホーム・ドラマ」も、納得のいくかたちでしか出版したくないのかもしれない。


榊さん、私 待ってますよ!
頑張ってください!

日経ホームページ、「ホーム・ドラマ」のあらすじはこちら


「三本の矢」榊 東行 アマゾンのサイトはこちら。

|

« 「リトル・バイ・リトル」島本理生 | Main | 功名が辻第43回「決戦へ」俺が勝たせる! »

Comments

こんばんは。
へぇぇ~がいっぱい。ちょっと「火車」を
思い出しました。

このブログを読んでね、昨日“14才の母”を
見ました。脚本の井上由美子よ、もっと頑張れ!です。

Posted by: るん♪ | 2006.10.27 at 12:04 AM

るん♪さん、こんばんは。
「火車」ってカード破産の話でしたっけ?読みました。お金に対する人間の欲を書いた小説も面白くて大好きです。住宅ローンの「理由」も今度読むつもりです。

「14才の母」わたしも一応見たのだけど、なんかダメですねぇ・・・。ストーリーの核が「普通の女の子が周囲の反対を押し切って出産する」と決まっているのだろうね、それを押し通すために脚本に無理が生じまくっています。違和感ありすぎ。


Posted by: Nolly Chang | 2006.10.29 at 09:58 PM

私も榊東行さんの「ホームドラマ」単行本化を楽しみに待ってずいぶん立ちます(検索したらここにたどりつきました!)。連載中にホリエモン逮捕をリアルタイムに反映していたり、新聞連載ならではのスピード感がよかったですね。
今さらの書き込みですが、同志発見ということで。。。

Posted by: まるせる | 2007.04.18 at 09:32 AM

まるせるさん、初めまして。
コメントありがとうございます。同志がいて嬉しいです。
まだ出ないというのはなんででしょうね。待ち遠しいです。

Posted by: Nolly Chang | 2007.04.19 at 12:25 AM

Nolly Changさん、初めまして。
ご挨拶を忘れてました(汗)
先日、本屋で「ホームドラマ」を見かけ、喜んで買ったら新堂冬樹さんの本だったということも・・。
日経夕刊の次の連載小説「奸婦にあらず」はすぐに本になったので、何か理由があるんでしょうけど。日経にメールしてみようかな?

Posted by: まるせる | 2007.04.19 at 09:44 AM

実は・・・すでにメールしてます。
でも1人より2人ですよね。
まるせるさんも是非!

Posted by: Nolly Chang | 2007.04.21 at 12:29 AM

私も「ホームドラマ」単行本化を待っています。検索してもあまり引っかからないですね。新聞を切り抜いて後半の1/3ぐらいは持っていますが、もう色あせています。けっこうえぐい表現があるから出版出来ないんですかね?

Posted by: たな | 2007.10.22 at 11:22 PM

たなさん、初めまして。
切り抜いてもっていらっしゃるとは素晴らしいですね!それだけあの小説は時代性と魅力がありましたもんね。はやく出版されてほしいものです。

Posted by: Nolly Chang | 2007.10.22 at 11:55 PM

はじめまして&お返事ありがとうございます。自分でも、なんで毎日切り抜いていたのかなぞです(笑)。出版されるまで持っておこうと思って今日に至ってます。「ホームドラマ」のためにスキャナー購入しようかな。。。

Posted by: たな | 2007.10.29 at 03:39 AM

たなさん、こんばんは。
スキャナーで読み込みますか!(笑)。んでもって、闇で出版しちゃいますか~?
多分、榊東行さんは行き詰っちゃってるんでしょうねぇ。このブログタイトル「がんばれ!榊東行!」は、ご本人の目に触れることを祈ってつけました。切り抜きを大事にされている、たなさんのコメントも、届けたいです。

Posted by: Nolly Chang | 2007.11.02 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/12430846

Listed below are links to weblogs that reference がんばれ!榊 東行!「ホーム・ドラマ」:

« 「リトル・バイ・リトル」島本理生 | Main | 功名が辻第43回「決戦へ」俺が勝たせる! »