« 映画「いま、会いにいきます」 | Main | 「嫌われ松子の一生」山田宗樹 »

2006.11.10

後藤久美子に二度惚れ

今朝(11月9日)の日経新聞の折込広告ご覧になりました?
日本経済新聞第二部、広告特集、「クール・サムライ・ファム」というやつです。

日経の広告記事特集って、たいていは高級時計、高級ファッション、高級マンション、高級車の特集なので、縁遠い私は基本的に読まずに捨てていました(正確には、新聞回収に出してトイレットペーパーに替えてもらう)。
今回も、「クール・サムライ・ファム」という、微妙なセンスのタイトル。
宝石のショーメの広告がでかでかと1面を飾っています。

なので、即、新聞回収用の袋に投げ込もうとしたところ・・・・

同じく1面トップで、強く気高いまなざしを見つけました。

後藤久美子さんです!!


電車の中で早速、後藤久美子さんのインタビューを読みます。


全然知りませんでしたが、現在第3子妊娠中。
たしかに写真の腹部は少しふっくらしている。

写真は2枚掲載されていましたが、その美しさといったらない。
新聞紙面なので高画質な写真ではないにもかかわらず、髪の毛のつややかさ、肌のきめ細かさ、そしてオーラまで、はっきりと伝わってくるのだ。

幸福で、豊かで、健康な女性。
満ち足りた毎日を送る女性。

昨年の夏のTV「TOKYO美人物語」に出演していた後藤久美子に感銘を覚えたけれど、今日またこの女性に釘付けになってしまう。
惚れ惚れしてしまう。


インタビュー記事も少しさらっておく。


後藤久美子さんは、仕事を離れて毎日がプライベートになってから、ようやくファッションを楽しめるようになったそう。気分にあわせて落ち着いた色も、原色も、プリントものも何でも着ているらしい。

大切にしているのは
「どんなに欲しくても、似合わなかったり、コンプレックスを隠してくれないような服だったら、あきらめます」
とのこと。

はぁぁぁあ?
コンプレックスって、アンタ・・・。


「(コンプレックスは)もちろん、ありますよ。モデル体型というわけではないし。だから少しでも自分をきれいに見せて、自分を元気にしてくれる服しか選びません」

さらに、

子供たちが恥ずかしいと思うような、派手なだけで品のない服は決して買わない。

「どんなにラフなものでも、着崩しても、下品にならないこと。これだけは気をつけています」


ふーむ。

このインタビュー、「鼻につくわー!!」なんて思わず、素直な気持ちで読みかえす。

後藤久美子ほどの人でも、似合う服と似合わない服があり、さらにはコンプレックスがあるという事実。
わたしにはまったく想像できませんし、仮に教えてもらっても「どこが???」と思うだけでしょうが、多分本当に、本人にはあるのでしょう。
そしてそれを隠すように努力している。

あんなに美しい人でも、自分を美しくみせるために努力しているという事実。
自分を研究しているという事実。

ましてや私は、である。


また母親としての立場で、洋服を選んでいるという姿勢。
派手なだけで品のない服は決して買わない、それはつまり、母親として過剰なセクシーさは要らないとか、母親として幼稚な服は着ないとか、母親としての威厳なのかもしれない。

(自首します。ユニクロキッズで、自分用にドラエモン・コラボTシャツ150センチを買いました。夫に、外では着るなと呆れられました。本当は、あくびちゃん・コラボTシャツも欲しいんです)

現在彼女は32歳。
すでに10歳と7歳の子供がいる。(驚愕)
そして来春には第3子が生まれてくる。
今は、子供たちをきちんと育てることが、自分の役割なのだと語る。

外国暮らしも、子育ても、大変なこともあるけれど
「厳しいなあと思うことがあっても、できるだけ、さりげなくこなしていけたらと思うんです」


彼女は美しい女性なのではなく、生き方が美しい女性なのだ。

過去記事   TV「Tokyo美人物語」


|

« 映画「いま、会いにいきます」 | Main | 「嫌われ松子の一生」山田宗樹 »

Comments

こんな風に、自分以外の女性のステキな部分を
素直に認めて賞賛できるNolly Changさんが
私はとてもステキだと思いますよ♪

Posted by: るん♪ | 2006.11.14 at 12:24 AM

るん♪さん、いつもありがとー。

ねたみは何も産まないからね。
良いものは素直に認めて、おこぼれに授かりたいですよ、ワハハ。

Posted by: Nolly Chang | 2006.11.15 at 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/12626638

Listed below are links to weblogs that reference 後藤久美子に二度惚れ:

« 映画「いま、会いにいきます」 | Main | 「嫌われ松子の一生」山田宗樹 »