« 金針菜をいただく贅沢 | Main | 選書業という素敵な肩書き »

2007.04.17

お金で売れないモノを持つ

女医の西川史子(あやこ)さんだったと思う。
「ビンボー人が、『お金じゃ買えないものがある』なんていうのはおかしい」
といっていた。

つまり、ビンボー人はお金で何が買えるのかもしらないじゃないか、
本当にお金を持っていて、いくらでもお金を出せるという人が、
「お金で買えないものが世の中にありました」と言って
初めて成り立つ台詞というわけだ。


医師としての西川史子にはいろいろ疑問もあるのだけれど、
美人でお金持ちで高慢なタレントとしてみると、面白い人ではある。

「お金で買えないものがある」
確かにこの台詞、お金持ちがいうべきだ。


私なんて、お金がないから買えないものだらけ。
しょぼん。


おそらく正しい用例は、
「貧乏人にも、お金で売れないものがある」
なんだろう。


お金で買えない、
なぜならお金じゃ売らないから。

売らないもの、それなら誰にでも持てるでしょう。

そして人生を豊かにするのは、結局、
お金じゃ売れないモノをいくつもっているか、に限る。


優等生的な回答ではあるが、
家族、恋人、配偶者、子供、友人・・・。
大切な絆や想い、人間関係はお金で売れないものの代表。


それから、信念、矜持、道徳、誇り。
お金を積まれても、自分の道に反することはできない、しない。
そうゆう強い意志をもつことは、自分の人生を生きること。
売り物にしない人生。


ほかに誰にでも持てる「売れないもの」は・・。


話をより現実的にして、
「適正な市場価格では売れないもの」にしてみると
範囲はぐっと広がると思う。


たとえば、大切にしている指輪。
結婚指輪でもいいし、母親から譲り受けたものでもいい。
自分にご褒美した記念の指輪でもよい。
思い入れが詰まっていて、あなただけのエピソードのある指輪。

それを、
「本日の金価格は1g=1800円ですので、その指輪だと1万円です」
なんて言われたら、どうする?
絶対売らない。

「じゃあいくらプレミアムつければいいですか?
1万5千円でどうですか?」

それでも売らないんじゃない?
生活に困窮でもしてない限り。


相手がもし100億円って言ったらどーしよー~なんて
馬鹿げた例えはなし。

話の要旨は、
自分にとってとても大切なもの、
世の中の基準では売れないもの、
そうゆうものを持ちたいという話だから。


うんと気に入っているもの。
思い出の品。

自分にだけわかる特別な価値。
(わたしはそれを Sensitive Value とよんでいます)


そうゆうものは、だれにも売らない。
あげることはあっても、売ることはない。


お金がなくて買えないものを数えるより、
お金で売らない大切なものを数えて生活していたい。
さらに増やしていきたい。

そして、お金で何でも買える!と豪語する人に
「あら、わたしの○○は買えないよ、だって売らないもん!」と
思ってればいいのだ。

これが一般庶民の美しく気高い精神です!


そうそう、ちょっと哲学的ではあるけれど、
たとえ100億円だろうと1兆円だろうと、国家予算並の金額だろうと、
値段をつけた時点で、そのモノはだめなんですよ。

値段なんて考えたことがない、
つけたことがない、
それが、大切なものです。
売れないものです。


わたしはいくつ持ってるかな。

家族はもちろん、
大切な指輪(私にとっては伝説さえある)、
エピソードのある時計、
毎日愛用しているアンティーク食器。
もう絶対売れないです。


|

« 金針菜をいただく贅沢 | Main | 選書業という素敵な肩書き »

Comments

西川史子さん・・
あんまり友達にしたい女性とは思わないけど(笑)
でもあのキャラで売ってるんだから実際会ったら
全然違うような気もしますね。
私はね・・小さな暮らしとか小さな幸せとか
小さなってつけるのが嫌い(笑)。
じゃあ大きなって何か言ってみろよと突っ込みたいのです。

Posted by: kako | 2007.04.17 at 09:08 PM

私、こういう時のNolly Changさんに脱帽!
好きだわ~♪
そして言葉に鈍感な自分を反省。

Sensitive Value ・・・、私にいくつあるかな。
ガサゴソ←探す音ね。。。
ん~、家族の他に手紙、授業のノート、論文かな?

Posted by: るん♪ | 2007.04.17 at 10:21 PM

kakoさん、こんばんは。
西川史子、友達としてはありえないですねー。ただTVの中で、好き勝手に放言させておくぐらいの寛大さは持ち合わせている私です。
小さな幸せか・・。
大切なものに値段をつけてはならないように、例えば「家族みんなが健康で・・・」なんていうのを「小さな幸せ」と言うのは嫌ですね。それが小さいのか?と思う。小さい、なんて言うなよ!と。
私にとって「小さな幸せ」というのは、アボガドを切ったら丁度いい柔らかさだった時とかかなぁ。

Posted by: Nolly Chang | 2007.04.17 at 11:24 PM

るん♪さん、こんばんは。
えー!論文?!
るん♪さんは研究者なの?学術者なの?
ブログの解説・実験記事の見事さは、職業柄なのでしょうか。
憧れてしまうわ~。

Posted by: Nolly Chang | 2007.04.17 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/14709058

Listed below are links to weblogs that reference お金で売れないモノを持つ:

« 金針菜をいただく贅沢 | Main | 選書業という素敵な肩書き »