« TVケータイ的中国語に参加した | Main | ネガティブ思考も大事だよ »

2007.05.16

映画「バベル」と本「百年の孤独」

映画「バベル」を観る。

バベルとはバベルの塔のバベル。
その昔、人間が神に近づこうとして建てたのがバベルの塔。
しかし神の怒りに触れ、人間は離れ離れにされた。
だから異なる言語、異なる人種が地上の世界には存在するという。


映画「バベル」は、さまざまな壁を映し出す。
人種の壁、言葉の壁、国家の壁、国境の壁、障害の壁。


舞台はモロッコ、メキシコとアメリカの国境、日本とあり、
非常に愚かしい衝動が原因で、窮地に陥る。
それぞれが、壁に阻まれて不安定な状態におかれていく。

壁におびえる彼らを結びつけるのが、
一発の銃弾というのは、なんとも皮肉だ。


それぞれの登場人物が性的に鬱屈していることも興味深い。


そして、この分断され、不安定な世界を生きていくための
ひとつの解を暗示して、映画は終わった。

思い出したのは、G・ガルシア・マルケスの本「百年の孤独」だ。

この本は、この世のどこかにあるようなないような土地の
ある一族の興亡をつづった極めて幻想的な本だ。
原始社会のようであり、神話のようでもある。

ある一族の長い長い物語は、
家族の歴史であり、国家の歴史であり、文明の歴史である。

充実し、発展し、拡大し、
退廃し、縮小し、内にこもっていく。

広大な世界と、
家族という最小の単位。

性を内包した物語。


映画「バベル」と本「百年の孤独」は似ている。

淋しいけれど、希望がなくもない。
人間の物語だ。


映画「バベル」オフィシャルサイト

「百年の孤独」 G・ガルシア=マルケス


51cwkkvytil

|

« TVケータイ的中国語に参加した | Main | ネガティブ思考も大事だよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/15086788

Listed below are links to weblogs that reference 映画「バベル」と本「百年の孤独」:

» バベル・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散... [Read More]

Tracked on 2007.05.20 at 01:46 AM

» バベル [平成エンタメ研究所]
 原題バベルとは『旧約聖書』の「創世記第11章」にある町の名。町の人々は天まで届くバベルの塔を建てようとしたが神はそれを快く思わず、人々に別々の言葉を話させるようにした。その結果人々は統制がとれずばらばらになり、全世界に散っていった。(Wikipediaより)  このバベルのエピソードをモチーフにして3つのドラマが展開される。  この作品を考えるにあたり、まずとらえるべきは『人間はバベルの塔の残骸』だということ。  モロッコのアーメッドとユシフ、アメリカ人夫婦のリチャードとスーザン、ベビーシッタ... [Read More]

Tracked on 2008.05.27 at 10:56 AM

« TVケータイ的中国語に参加した | Main | ネガティブ思考も大事だよ »