« June 2007 | Main | August 2007 »

2007.07.31

参議院選挙に思う、4度倒せとチンギス・ハーンは言った。

参議院議員選挙が、自民党大敗・民主党の大勝で終わった。
ひょっとすると、これは大きな節目への第一歩なのかもしれないけど、
白けまくってるのは、私だけ?


なんだかねー、
自民大敗、民主圧勝と聞いても、
「これで政治が変わる!世の中が変わる!」と
明るい気持ちになれないんですよ。

衆議院はまだ自民党が大多数だからとか、
安倍総理は続投らしいから・・とか、
そういう意味ではないです。


自民から民主に替わっても、なんか変わるの?という
冷めた部分が多いんだよねー。


今回の民主党の躍進は、民主党への期待が膨らんだというよりも、
年金問題や、ふがいない大臣続出で、
自民党に対して失望し、お仕置きしましたーという感じ。

今回、私がどの党に入れたかはひみちゅだし、
友人たちがどうしたのか聞いてないけど、
選挙翌日の日常会話の端々に、私が感じたのは、
「よりよい未来への期待」を込めた一票よりも、
「ダメダメな最近への反省」を込めた一票を投じた人が多かったのではいか、ということ。

前回の衆議院選挙で自民党が圧勝したときは、
「小泉フィーバー」と言われた。
小泉さんに国民が期待した結果の圧勝ということだ。

今回、「小沢フィーバー」「民主党フィーバー」とは言われない。

選挙結果を見れば、多くの国民が今の与党・自民党に不満を持っているということは明らかなのだけど、
じゃあ他の政党に希望を託しているようでは、どうもないらしい。

だから選挙結果をみても、「あ~そ~」と思うだけで、
何かが良い方向に変わる!とあんまり思ってない。


私の閉塞感、気持ちの盛り下がりの原因はそこなのか?


じゃあいったいどうしたら、私は希望が持てるようになるのかなーと
今日の電車の中で考えた。
ひまだったからね。

結局のところ、もはや私は、「誰か」に期待していない。
あの政治家ならとか、あの政党ならとか、
そういう期待感がない。
(そーなの、、無党派層とは私のことよ)

正直、もう今の日本は、誰がやるかという「人事」の問題じゃないような気がしてる。

思い出したのは、毎朝楽しみに読んでいる日経新聞朝刊の連載「チンギス・ハーン」だ。

チンギス・ハーンは宿敵の・金国を倒すにあたり、
「4度倒せ」といっていた、(気がする)

たしか、1度倒しても、
金の人々は、人事のせいにする。
軍人の将軍が悪かったのだ、戦略が悪かったのだと。

2度倒すと、今度は組織のせいにする。
たとえば軍隊の構成とかですか。

3度倒すと、今度は国の構造のせいにする。

だが4度倒すとようやく、考え方そのものが間違っていたことに気がつく、

だから4度倒さないと、本当には制圧できない。
・・・・・とかなんとかだったように思う。
(寝ぼけた頭で読んでるし、読むと捨てちゃうのでうろ覚えなのさ)


このチンギス・ハーンの言葉を思い出したの。

そーなんだ、今、世の中は、安倍総理が悪いとか
自民党議員が悪いとか、
何かと人事のせいにしようとしてる。

でも、人がかわっても、たぶんダメだと思うのだ。

失敗すると、まずは人事交代があり、人のせいになる。
それでも失敗すると組織の責任。
次は構造。

でも変えなきゃイケないのは、基本的な姿勢・考え方。

政治家としての理念。
4回選挙で負ける前に、
もういちど改めてほしい。

(TVの選挙特番で、自民党の大敗を「戦略ミスですか?」とか、
「投票を1週間ずらしたことが敗因でしょうか?」などと聞いている司会者がいた。
そんな枝葉末節に敗因を求めるなよ。)


国民も同じ。
国民として望むことと、国民として果たすこと、を明確にすること。

それは私にも求められていること。。

政治家や政党のせいにばかりもしてらんないんだよね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.27

「いじめ」を心配する親御さんへ

ママ友達と何気ないおしゃべりをしていて、ふと「いじめ」問題に話がとびました。

何気ない会話のなかで語る「いじめ」問題ですから、
あげあしとってみても仕方ないんですが・・・。

気になるんですよ。


「自分の子供がもしイジメられたら・・・て思うと怖いよねー」って。
その発言が。

けっこういろんな親がそういいます。
自分の子供がいじめられないか心配という親が。

でもそれって違うんじゃないの???

例えば30人編成のクラスがあり、イジメがあるとします。
こういうとき、大抵はいじめられてるのは1人です。
たくさんはいません。
つまり、あなたのお子さんがいじめられる可能性は30分の1です。

反対にいじめる側にまわる確率はどうでしょう。

中心的にいじめるグループというのは、5人ぐらいのグループかもしれません。
では仮に5人として、あなたのお子さんが中心的ないじめの加害者になる確率は、
30分の5。
6分の1です。

さらに、だまってイジメを黙認したり、
無視することに参加したりすることも「いじめ」の加害者と考えれば、
あなたのお子さんがイジメる側にまわる確率は、30分の29です。


つまり、確率でいえば、
大抵の子供はいじめる側に回るんですよ。


ええ、ええ、わかってます。
あなたの子供も、私の子供も、世界中のこどもたちは、
みんな良い子で、優しくて、
いじめる側になるなんて思えない。
そうでしょうね。

でも確率としては、いじめっ子になる確率が高いのです。


だからね、世の中から「いじめ」をなくしたいのならば、
我が子を「いじめ」のない環境で育てたいのなら、
考えるべきことは、こうなります。

「うちの子がいじめっ子になったら、どうしよう」


ちょっとしたことですが、物事の考え方が変わると、行動がかわります。


「いじめられないように・・・」という考え方でいると、
子供の育て方はどうなるでしょうか?

できるだけ皆と同じようにしますか?
皆が持ってるなら、我が子にも持たせますか。
できるだけ目立たぬように育てますか?
長いものには巻かれとけと教えますか?

結局それは、何か異質な子供をいじめる温床になるだけです。
誰かがいじめられたら、遠巻きにみておくだけの子供を育てるだけです。

では
「我が子がいじめっ子にならないように」と考えたら、
どんな風にこどもに接しますか?

多様性を受け入れるように、教えませんか。
やさしさと誠実さをもって人に接するように教えませんか。
誰かを仲間はずれにすることや、悪口をいうことが
とてもくだらなく、とても卑怯で、とても恥ずかしいことだと教えませんか。

「いじめ」をなくしたいならば、
「いじめっ子」をなくすための努力をしなければなりません。


確率で言えば、
30分の29の確率で(30人クラスなら)
あなたのお子さんも、うちの子も、いじめっ子になるのだから。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.07.26

梅宮アンナちゃん、万歳!

久々に雑誌「VERY」を読んだら、
梅宮アンナさんがモデルとして登場していました。

あいかわらずスタイル抜群です。
かわいいー!きれー!
派手な顔立ちが、他のVERYモデルとは一線を画していて、
存在感のあるモデルさんですね。
みとれてしまいました。


そして思い出しました。

アンナさんがお子さんを出産された直後のこと。

何かのインタビューに応えていた彼女。
「母乳は出るけど、バストのラインが崩れたら嫌なので、
授乳はしていません」

当時の私は、この発言に反感を持ちました。


世の中には母乳が出なくて泣いてる母親もいるというのに、
どういうこと?
母乳は、栄養とか免疫とかで優れているだけでなく、
母と子のコミュニケーションとして大事だっていうのに、
胸の形をとるわけ???

と、憤っていたわけです。


そして数年の歳月をへて、今。

ようやくアンナさんを理解しました、わたし。


梅宮アンナさんは、顔もきれいだけれど、
やっぱり抜群のプロポーションがモデルとして最大の武器。
かたちの良い胸というのは、れっきとした商売道具です。
別にヌードにならなくてもね。

結局、私が憤っていたことって、

「育児は父親ではなく母親がやるべきだ」
とか、
「0歳から保育園に預けるのは可愛そうだ」
とか、
そーゆー説教と同じだったんだよね。


一理はあるけど、十理はない。

3歳までは母親がしっかり子育てしなきゃ駄目、
なんていう「3歳児神話」。
全面否定はしないけど、肯定もできない。
そんなん鵜呑みにしてたら、復職の可能性が薄れていく。


「母乳で育てるかどうか」も似たようなもんだ。
母乳や授乳体験のメリットを、梅宮アンナさんも否定はしないだろうが、
モデルとしての復職を考えると、難しかった・・・ということなのだろう。

アンナさんなら、多少胸が垂れ下がっても、
十分モデルとしてやっていけたかもしれないし、
モデルを辞めてもママタレントとしてのお仕事があったかもしれない。

しかしそんな話は、アンナさんのモデルとしての決意を揺るがさなかっただろう。

ちょうど私が、
「そんなに働きたいなら、子供が小学校に上ってから、あらてめて就職すればいいじゃない」と言われても、
心を動かされなかったのと同じように。


私自身は、胸のかたちが崩れようと、子供たちを母乳で育てることが出来て、とても幸せだったと思っている。
だけれども、梅宮アンナさんに、それを押し付けることは間違いであるとも思っている。


「VERY」にお子さんと一緒に登場して、
素晴らしいプロポーションと、晴れやかな笑顔のアンナちゃん見て、
自然に反省しました。

「あのときは怒ってごめんね」って。
(友達か?!)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.07.20

くちなしの花に思うこと

子供の頃、家に、くちなしの花があった。
くちなしの木、っていうほうが正しいのかな。
実家にはまだあるのかもしれない。

今の時期、輝かんばかりの白い花を咲かせて、
甘い香りを漂わせる。
くちなしの花。


小学生の私は、この花が嫌いだった。


むせかえるほど、強い、甘い香り。
白すぎる花びら。

多分わたしは くちなしの花に妖艶な大人の女を感じて
嫌悪していたのだと思う。
わたしはまだ子供だったから。
大人の女は、母でよかった。
大人の女に妖艶さなど求めていなかった。


ある日、くちなしの花言葉が
「清楚」「純潔」「私は幸せ」だと知って愕然とする。

清楚?純潔?

くちなしのどこが?

人を惑わすような強い芳香を放つ花が、
清楚なのか?

あれは、悪い女だ。
悪女の代名詞のような花だ。
なんでみんなわからないの?


夜中に暗闇の中で、くちなしの花を見てみればいい。
白い花びらが、闇に反射するように輝かんばかりだ。
香りは一層強くなり、花の存在感は夜にこそ増すのだ。

夜中、甘い香りに誘われ近づけば
白い肌の女がそこにいる。
私はここよ、と誘いかける。
魔物がひそむ、白い花弁。

なのに「白い花」だから「清楚」なのだという。
中学生になっていた私は、世の中の単純さにあきれ返る。

見た目の白さに、世間はこうも簡単に、だまされるのか、と。


しかし。

高校生になるころには、世間の単純さを利用すればよいと考え始める。

白いブラウス、白いワンピース、
それだけで、「清楚なお嬢さん」になるのなら
なんて世の中簡単なのだろう。


けれども。


30代になった今も、やはりくちなしの花は苦手だ。
私にはあんなに甘く強い香りが出せないと、知っているから。


白で上辺の清楚さは繕うことが出来ても、
妖艶な甘い香りは、かもし出せない。

6月ごろから今の時期、
街を歩いていても、くちなしの花が咲いていることはすぐにわかる。
強く甘い香りがするから。
妖艶な香りがするから。

私とはどうやら対極にあるこの花を、まだ好きになれない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.07.04

「イケてる」の寛容性

今日からTVドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~」が始まりました。
いいですねー。イケメン・パラダイス。
私も潜入したい!

さて、「イケメン」だの「イケてる」だのいう言葉、
皆さんは使ってますか?

私はあまり使ってませんが、
実は好きな言葉です。


「イケメン」は、格好いい(男の)子の意味のようですが、
「ハンサム」とか「美男子」とかいう言葉とは少し違うように思います。

「イケメン」は「イケてる面」という意味。
では「イケてる」とは?

私の観察では、
カッコイイ、キマってる。

より細かくみていくと、
顔の造詣そのものよりも、
流行にのっているとか、
個性的であるとか、
オシャレであることが肝要のようです。

流行の取り入れ方、
個性の出し方が、
強烈すぎず、適度で、よい雰囲気をかもし出していること。
それが「イケてる」ルックス。


つまり、
先天的で遺伝的な、もって生まれた美しさよりも、
後天的に努力して身につけた美しさを評価したのが
「イケてる」だと思う。


女性の評価も同じ。
「イケてる」女の子というのは、
必ずしも美人とはかぎらないのです。


私たちの日常の中の「イケてる」用例をみれば一目瞭然。

倉木麻衣は「かわいい」で、倖田來未は「イケてる」
なんて言葉を使い分けてませんか。

2人とも82年生まれの女性シンガー。
どちらが美人かといえば、私は倉木麻衣だと思う。
しかし、「イケてる」と絶大な支持を得ているのは倖田來未。

2人の音楽の評価はここでは置いておくとして、
ルックスの評価は、倖田來未のほうが支持が高い。
均整のとれた愛くるしい顔よりも、
「エロカッコイイ」自分ブランドを確立した倖田來未を
最近の若者は評価しているわけです。

今年3月、好感度の高いCMとして評判の良かったイオンのCM。
子供の入学式で、久しぶりにスーツを着た30代の母親が
ウインドウに映る自分をみて
「私ってまだまだイケてるよね~?!」という。

「私って美人よね?」ではない。
「イケてるよね?」なのだ。
ここが好感度の秘密。

30代、子供は小学校入学。
出産や育児を言い訳に、ボディラインがくずれていても不思議じゃないのに、
私、まだまだ、大丈夫。
だってちゃんと努力してるもの!って声が聞こえてきそう。

私も頑張んなきゃ!
まだまだイケてる状態でいなきゃ!って思うCMだった。

「イケてる」は、後発的なもの。
努力で手に入るもの。

流行を適度にとりいれ、
自分に似合うスタイルをみつけ、
自分磨きをきちんとしていれば、
美人でなくとも「イケてるよねー」と評価してくれる優しい世の中。


美人か不美人か、しかなかった世の中に、
美人とはいいがたいが、イケてる、というカテゴリーがうまれた。
なんていっても過言ではない?!

ね?「イケてる」っていい言葉だと思いませんか?
私はズバリ、そこを目指しますよー!


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »