« 「いじめ」を心配する親御さんへ | Main | 本「ジェリコの夏」ジョハナ・ハーウィッツ著 »

2007.07.31

参議院選挙に思う、4度倒せとチンギス・ハーンは言った。

参議院議員選挙が、自民党大敗・民主党の大勝で終わった。
ひょっとすると、これは大きな節目への第一歩なのかもしれないけど、
白けまくってるのは、私だけ?


なんだかねー、
自民大敗、民主圧勝と聞いても、
「これで政治が変わる!世の中が変わる!」と
明るい気持ちになれないんですよ。

衆議院はまだ自民党が大多数だからとか、
安倍総理は続投らしいから・・とか、
そういう意味ではないです。


自民から民主に替わっても、なんか変わるの?という
冷めた部分が多いんだよねー。


今回の民主党の躍進は、民主党への期待が膨らんだというよりも、
年金問題や、ふがいない大臣続出で、
自民党に対して失望し、お仕置きしましたーという感じ。

今回、私がどの党に入れたかはひみちゅだし、
友人たちがどうしたのか聞いてないけど、
選挙翌日の日常会話の端々に、私が感じたのは、
「よりよい未来への期待」を込めた一票よりも、
「ダメダメな最近への反省」を込めた一票を投じた人が多かったのではいか、ということ。

前回の衆議院選挙で自民党が圧勝したときは、
「小泉フィーバー」と言われた。
小泉さんに国民が期待した結果の圧勝ということだ。

今回、「小沢フィーバー」「民主党フィーバー」とは言われない。

選挙結果を見れば、多くの国民が今の与党・自民党に不満を持っているということは明らかなのだけど、
じゃあ他の政党に希望を託しているようでは、どうもないらしい。

だから選挙結果をみても、「あ~そ~」と思うだけで、
何かが良い方向に変わる!とあんまり思ってない。


私の閉塞感、気持ちの盛り下がりの原因はそこなのか?


じゃあいったいどうしたら、私は希望が持てるようになるのかなーと
今日の電車の中で考えた。
ひまだったからね。

結局のところ、もはや私は、「誰か」に期待していない。
あの政治家ならとか、あの政党ならとか、
そういう期待感がない。
(そーなの、、無党派層とは私のことよ)

正直、もう今の日本は、誰がやるかという「人事」の問題じゃないような気がしてる。

思い出したのは、毎朝楽しみに読んでいる日経新聞朝刊の連載「チンギス・ハーン」だ。

チンギス・ハーンは宿敵の・金国を倒すにあたり、
「4度倒せ」といっていた、(気がする)

たしか、1度倒しても、
金の人々は、人事のせいにする。
軍人の将軍が悪かったのだ、戦略が悪かったのだと。

2度倒すと、今度は組織のせいにする。
たとえば軍隊の構成とかですか。

3度倒すと、今度は国の構造のせいにする。

だが4度倒すとようやく、考え方そのものが間違っていたことに気がつく、

だから4度倒さないと、本当には制圧できない。
・・・・・とかなんとかだったように思う。
(寝ぼけた頭で読んでるし、読むと捨てちゃうのでうろ覚えなのさ)


このチンギス・ハーンの言葉を思い出したの。

そーなんだ、今、世の中は、安倍総理が悪いとか
自民党議員が悪いとか、
何かと人事のせいにしようとしてる。

でも、人がかわっても、たぶんダメだと思うのだ。

失敗すると、まずは人事交代があり、人のせいになる。
それでも失敗すると組織の責任。
次は構造。

でも変えなきゃイケないのは、基本的な姿勢・考え方。

政治家としての理念。
4回選挙で負ける前に、
もういちど改めてほしい。

(TVの選挙特番で、自民党の大敗を「戦略ミスですか?」とか、
「投票を1週間ずらしたことが敗因でしょうか?」などと聞いている司会者がいた。
そんな枝葉末節に敗因を求めるなよ。)


国民も同じ。
国民として望むことと、国民として果たすこと、を明確にすること。

それは私にも求められていること。。

政治家や政党のせいにばかりもしてらんないんだよね。


|

« 「いじめ」を心配する親御さんへ | Main | 本「ジェリコの夏」ジョハナ・ハーウィッツ著 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/15966116

Listed below are links to weblogs that reference 参議院選挙に思う、4度倒せとチンギス・ハーンは言った。:

« 「いじめ」を心配する親御さんへ | Main | 本「ジェリコの夏」ジョハナ・ハーウィッツ著 »