« 本「もしもし、運命の人ですか」穂村 弘 | Main | 予告編??? »

2007.09.27

中秋の満月に、初めての短歌

9月25日は中秋の名月、美しい満月を見ることができましたね。
みなさんの地域はいかがだったでしょうか。


満月を愛でながら、ふと短歌を一首つくってみました。
こんなことは初めてです。

たまたま歌人の方の本を読んだからでしょうか。

こんなんです。


満ち欠けをすることもない星をみて 君との距離を想う中秋


ははは。
はずかしい。ブログに載せちゃう自分が。

君、というのは架空の登場人物ですけどね。

|

« 本「もしもし、運命の人ですか」穂村 弘 | Main | 予告編??? »

Comments

きみって架空の人物なの?
だんなさんかと思いました。
もう満ち欠けすることも駆け引きすることも
なくなったなあ~みたいな(笑)

Posted by: kako | 2007.09.29 at 05:11 PM

Nolly Changさんにとっての
君が気になる歌ですね。ふふふ。
美しい夜空とNolly Changさんの
横顔がシルエットで浮かびます。

Posted by: るん♪ | 2007.09.30 at 01:45 PM

kakoさん、こんばんは。
満ち欠けを駆け引きとお読みになりましたか~。面白いですね。短歌はいろんな解釈ができるところが楽しいし、お互いの解釈を披露しあうと楽しい気がします。
ちなみに、うちのダンナさんはあまりにも素直な人なので、駆け引きはしないというのが当初からの作戦でした(*^_^*) 

Posted by: Nolly Chang | 2007.09.30 at 10:11 PM

るん♪さん、こんばんは。
ふふふ、君はねぇ~。福山雅治かなぁ~。
旭化成のCMも薄気味悪いおじさん人形から、福山雅治のガリレオに代わりましたね。

Posted by: Nolly Chang | 2007.09.30 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/16592584

Listed below are links to weblogs that reference 中秋の満月に、初めての短歌:

« 本「もしもし、運命の人ですか」穂村 弘 | Main | 予告編??? »