« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.26

地図と池波正太郎と、ヒミツの私

Photo


ファッション誌を買いに本屋へ行って、ついこんな本を買ってしまったわけです。
鬼平・剣客・梅安の舞台―江戸古地図でみる池波正太郎の世界


ははは、まいったね。


季節に関係なく、池波正太郎は愛読書なわけですが、
秋から冬にかけては、またいいんですよ。
日本酒の美味しい季節だしね。

池波正太郎の時代小説を読んでいると、
江戸の町が見えるようで面白い。
わくわくする。
東京生まれ・東京育ちの私には江戸の地名もまだ身近で、
四谷から深川までは結構走るよなあぁとか、
気になったりする。


このブログでも以前書いたが、私は地図で確認するのが大好き


こんな本が飾ってあったら、買わずには帰れないというもの。

そんなわけで、近頃の私は、
剣客商売シリーズを読みながら秋山小兵衛が歩いた江戸を、
細かくチェックするというオタクな状態になっている。

手には焼酎。

もうただのオヤジです。
オジサンです。
加齢臭がしそうです。

会社の女子の皆さんには絶対いえない。
誰にもいえない秘密の私。


今日も髪をアップにして、
黒のジャケットにフレアスカートに、
今年流行のネックレスして、
靴はエナメル素材で、
「ガリレオの福山、カッコイイよねー!」
なんて楽しくお話してたのに。

実は家では、
江戸古地図を広げながら、
右手に焼酎、左手に剣客商売なの、
とはいえないよなー。

一応、「生涯一ガール」でいたいしね。
外の世界では。

さあ、週末です。
江戸古地図で、トリップしたい、そんな夜。
美味しい純米酒もあるしさ~。

そして日曜日は大河ドラマ「風林火山」を見る。


だけど月曜日には、
すべてキレイに隠しさって、
「ガール」顔で出かけるのさ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.23

映画「ミス・ポター」

爽やかな気持ちになった映画でした。

主人公は、「ピーター・ラビット」の原作者・ビアトリクス・ポター。


ピーター・ラビットのお話はとても好きです。
たんなる可愛らしいうさぎの話ではないところがいい。
シリーズ全体を読んで感じるのは、動物をよく観察していて、いろいろな動物の可愛らしさ、愚かさ、気味の悪さ、せわしなさ、まめまめしさ・・・等をとてもよく擬人化していること。
観察力のするどさと、豊かな表現力が絶妙なバランスを持っている。

それから、弱肉強食という自然界の側面もしっかり書いている。
ピーターのお父さんはマグレガーさんにパイにされて食べられてしまっているし、
小さな子猫は、大きな家ねずみに食べられそうにもなる。

愛らしさと残酷さが同居する動物の世界。


うーむ、素晴らしいな。


・・・と、今回は「ピーター・ラビット」の書評じゃなかったですね。

映画「ミス・ポター」です。

封建的で、階級社会の残るイギリスで、上流階級の子女として生まれたポター。
独身女性がひとりで出かけるのもとがめられる時代に、
自分の本を売り込みに出版社へ出かけ、
労働が蔑まれる時代に、印刷所まで出向いて色合いの指示をだし、
商売が下等な階級のすることと思われている時代に、
出版社の男と恋に落ちる。

映画はこれらを淡々とあくまで上品に描くのだが、
ひょっとすると当時は破天荒な振る舞いだったのかもしれない。


莫大な印税を得た彼女は、美しい湖水地方を開発事業から守るために、
土地を買い取り、自然を残すことに尽力する。


そして、今、この世界には、
青いジャケットを着た世界一有名なウサギの話と、
美しいイギリスの湖水地方があるのだ。


ひとりの女性の想いが、2つの素晴らしいものを遺した。


素敵だなぁ。

今までも信念を貫いた女性の一代記があったと思うが、
「ミス・ポター」を観て特筆したくなるのは
女性が経済的自由を手に入れることの重要さ、だと思う。

子供の頃から温めてきたウサギの物語を出版して、
編集者と恋をしてラララ~というだけの映画では、甘いだけ。

お金を得たからこそ、自由を勝ち取ったという事実。
お金を以って、湖水地方の自然保護を成し遂げたという事実。

経済的に自立しているからこそ、自分で人生を選び取ることができる。
ミス・ポターをみてるとそう思う。

現代の日本では、女性もどんどん働けるはずなのに、
親なり、恋人なり、配偶者なりに養われたいという人がいるけれど、
自分のお金を持つということは大事だよ、と思います。

他には、ピーター・ラビットのファンにはたまらない、
農場の映像があったり(←歓声をあげそうになった)
CGでピーターが動き回ったり、
いろいろなお話の「メイキング・オブ」が見られたり。
たまらんですよ。


楽しい絵本と
美しい湖水地方と
はかない恋と
素晴らしいお金の使い方


いい映画でした。


映画「ミス・ポター」公式サイト

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2007.10.16

予告編???

更新をサボっていて、久々に・・となると、何を書いて良いのかわからないですね。書きたいことは山ほどたまってるんですけどね。
さーてどうしましょうか。

混乱する私の頭の中リスト

① 映画 「ミス・ポター」
② 面白い本の話はありすぎて大変。読書の秋!
③ ラジオ中国語会話を10月から一日も欠かさず聞いているのだ
④ 種浦マサオの「関西人inTOKYO」はもう聴いた?
⑤ iPod のプレイリストについて

などなど。

①と②を近々書きたいものですね。
でもラジオ中国語が毎晩なので、けっこう大変なのです。
本当に私、いったい何を目指しているのかわからないのですが、
中国語の勉強が楽しくなってきちゃったのよね。


またひょっこり更新します。


****オマケ*****


種浦マサオ
関西人 in Tokyo

Stingの名曲(なんだろうな)、「Englishman in NewYork」の公式カバー曲です。

東京在住の奈良県民の悲哀に大爆笑♪

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »