« 薔薇の色は | Main | 子供と手をつなぐ »

2008.02.29

Extra-day, extra-ordinary 2008年のうるう日

2008年2月29日、うるう日である。

特別阿房列車が、走りましたよ!!!


4年に1度のうるう年、そのうるう日を、特別にすごそうと思い立った。

4年間、記憶に残るような、
2009年から2011年の間には存在しない2月29日なのだから、
通常には考えられない一日を特別に過ごそうと思った。


でね、行ってみたの。大阪。

何にも用はないけれど、行ってみた。
何にも用がなければ行ってはならないということもないので、
行ってみた、大阪。

いつもと同じように起床して、
いつもと同じように子供たちを保育園に預けて。

そしていつもと違う電車に乗った。

乗り換えた先は、新幹線!!

大阪へ向かう新幹線の中で、
私は「自分を見つめなおす」なーんてしようと思ってたんだけど
ただもう楽しくて、うかれてしまって、
駅弁食べて、お酒なんかもあけてしまって、
意気揚々と、ただのうかれポンチでした。

大阪にはあっという間につきまして、
ほんのちょっと観光して、
うめだ阪急で、関西テイストのアクセサリーを衝動買いして、
そしたらあっという間に、帰りの新幹線の時間。

飛び乗るように東京行きの新幹線にのりました。

行くときは、何にも用がないけれど、
帰りは、帰るという用があるので、かなりつまらない。
内田百閒の言うとおりだった。


そして、いつもと同じように保育園にお迎えに行く。


先生も、子供たちも、
私が大阪に行っていたことを知らない。
行きの新幹線でお酒をいただいていたことも、知らない。

何食わぬ顔で、いつもの金曜日。

ただし、夫だけは今日の私の計画を知っている。
保育園からの緊急連絡に備えて、夫には打ち明けた。
かなりびっくりしていたが、
「内田百閒の特別阿房列車だよ」と言ったら理解してくれた。
妻が妻なら、夫も夫なのだ。

2008年のうるう日は、相当変わった、特別な一日になった。

英語でうるう日は、leap-year-day と言うそうだ。
leap 跳躍。

そうだね、わたしは今日、飛び跳ねた。


関連記事:
2月29日、実在しない一日を

第一阿房列車 (新潮文庫)


Photo_2

|

« 薔薇の色は | Main | 子供と手をつなぐ »

Comments

(ノ*´∀`)ノ☆ヲォォォォゥ゚+・。*♪  
とうとうやったんですね!
ちょっとした小旅行でリフレッシュっていいなあ。
私は野菜ソムリエの資格を取りたくてその勉強で29日は終わりました。
まあそれも新しい跳躍になるのか(笑)

Posted by: kako | 2008.03.02 at 07:31 PM

すばらしい~sun
私はその日、
『Nolly Changさん何をされているのかな~』って
想像しながら普通の一日を過ごしました。
(あ、でも初めてのケーキ屋さんに寄って
ちょこっと美味しいもの食べました。)
新幹線を利用されたということは、
我が家の近くも通過されたのですね。
もう、そう考えただけでドキドキheart02

さて、4年後は何をしましょうねー♪

Posted by: るん♪ | 2008.03.03 at 08:23 PM

kakoさん、こんばんは。
目的のない秘密の小旅行、満喫しましたよ~。
野菜ソムリエですか。素敵。毎日ブログを更新しているのに勉強もしていて、仕事も家事もしてる。すごいなぁ。私も続きます!

Posted by: Nolly Chang | 2008.03.07 at 11:43 PM

るん♪さん、こんばんは。
29日にわたしのことを思い出してくれたなんて、感激です! るん♪さん宅のあたりでは、駅弁を食べながらウキウキしていたはずです。
4年後のleap-yearが早くも楽しみです。

Posted by: Nolly Chang | 2008.03.07 at 11:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/40316233

Listed below are links to weblogs that reference Extra-day, extra-ordinary 2008年のうるう日:

« 薔薇の色は | Main | 子供と手をつなぐ »