« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.30

「それ以外」で始まる春

そろそろ4月。
新しいことが始まる人も多いでしょう。


私は進学・就職に関しては、第一志望が叶ってきました。
他人から見れば、もっといい学校、もっといい就職があったのかもしれませんが、
自分としては、「ここだな」とピーンとくる所に、うまく収まってきました。


ところが、結婚して子供が生まれてからそうもいかなくなりました。
自分の都合だけではいかなくなった。
自分の努力だけでは叶わないこともあります。

第一希望ではないことが出てきました。


言葉だけなら、第2希望、第3希望というものがあります。
けれども、本当は「第一希望」と「それ以外」しかないんじゃないか、と
思うのです。

だって、どっちでもいい、どこでもいいという時は、
「第一希望」が存在しないわけでしょう。
どっちでも、なんでも、いいんだから。

だからもし心に「第一希望」が強く意識されてるなら、
あとは「それ以外」でしかないのです。
第二も第三もあるかい!


春。新しいことが始まる人へ。
それは第一希望でしょうか。
ならば心からおめでとうございます。


実は私は、何度目かの「それ以外」で始まる春です。


今までの「それ以外」で始まった出来事は、
案外楽しくなったり、良かったこともあったりして、
前向きに過ごす事ができました。
もちろん「それ以外」であったことは、たびたび心をよぎります。
けれども、良い側面を捉えていくことができました。


「それ以外」を選択することになったときは、
2つの行動があると思うんです。
受け入れて楽しむように努力するか、
第一希望めざして軌道修正を行うか。

どちらにしろ、心のやわらかさと、芯の強さが必要だと思います。

わかりにくい例えかもしれませんが、
春の新玉ねぎや、春キャベツを切っていると、
そのやわらかさに励まされたりします。
自分の気持ちも、こんなやわらかさと、みずみずしさを持っていたいと。


がんばりますよ。
春野菜とともにね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.28

芸能人(女優)に似てると言われたら

春です。別れもあれば出会いもある。
新しく出会った人の第一印象はどんな人でしょうね。

世の中には美しい市井の人がいます。
「女優の○○に似てるね!」とぱっと人目をひく人がいます。

さて、今日はそんなふうに言われたときに、
どう応えるべきかを考察してみます。


正解から言いますと、
「初めて言われた!嬉しいわ」
「そんなことないですぅ~。今まで言われたことないですよ~」
ぐらいが良い。

謙虚にね。
否定しつつも「ありがとう、嬉しいです」ぐらいが良い。
もちろん、「お世辞がお上手。」「何も出ないわよ」的な返答もアリです。


時々、
「よく言われます」
という人がいますが、どんなもんでしょう。


人間、心は案外狭いので、そう返されると白けます。

実際、女優さんに似ていても、最終的にその女優さんほどには美しくないというのが大抵の人の現状。
似てはいるけど、それ以下。
なのに、「よく言われます」というのは
「私はあの女優と同等なぐらい美しい」という自負が漂っている気が・・・。
そういえば、その女優と髪型も同じにしてたりして。
意識しているタイプです。
やや過剰です。

さらに自己紹介で「○○(←女優)に似ているといわれます」と自分から言う人も
私は何人かお会いしました。
そういう人は、確かに相当似ている。
同等なぐらい美しい。
ケチのつけようがない。

しかし、そういわれたら周りは「本当だ~。そっくり!綺麗ね~」と褒め称えざるをえない。
ここですでに「女優とファン」もしくは「女王様とお付の人」みたいな関係を微妙に強制させられてしまう。
周りはちょっと疲れるでしょう。

さて、このブログをお読みの、美しい女性の皆様。

初対面では何かと「女優の○○に似てるって言われない?」などという“ごあいさつ”もある季節。
謙虚に、
「全然似てないですよぅ。」というのが、本当の美人の王道です。
野に咲いたバラや百合は、雑草に駆逐されないようにひっそりと咲くべし。
妬まれてもいいことなし。
それでこそ、あなたの美しさは保たれる。

ちなみに私は、「高校のクラスメートにそっくりな人がいました」とか
よく言われるんですが、
どう応えて良いのかよくわかりません。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.03.21

ゆるい目標、流されない今日

今年からフランクリン・プランナーの手帳を使い始めたのですが、
なかなかいいです。


人生の目標→月ごとの目標→週ごとの目標、と、
自分の果たすべき役割や、達成したいことなどを記入していきます。


私なんかは、
人生の目標??? はて、なんだろう?
美味しいものたくさん食べたいとか?
やっぱり健康第一かな~?
てな具合に、特に考えてないことバレバレな状態。


でも週ごとに目標を書くのは、案外面白い。

私のスケジュールは、仕事、子供の保育園行事、家族行事など。

あまり忙しくなく、自由度の高い週は、
今後の自分のためになりそうな本を読むとか、
子供のために週末なにか企画するとか、
建設的な目標を記入できます。

問題は、忙しい週。

3月はすごく忙しかったです。
保育園行事がたくさんあったし、仕事も忙しい。
その他環境変化が著しくて、
やらなきゃならないことが山積み、それぞれの〆切りや優先順位を考え
こなしていくだけで、もーへとへと。

そんな週のために、私が書いた目標は、

「できるだけ梅を見る」

でした。

何しろ、忙しいあわただしい。
自己研鑽だの言ってる暇もない。

でも、だからこそ、そんな日々は、
歩きながら、そこかしこで咲いている梅の花でも見よう。
意識して見よう。
そんな目標でした。


そうして注意して梅の木を見つけては眺めるようにすると、
案外、ほっとする。
普通なら、保育園の送迎も早足になりそうな3月なのに、
梅の木を眺めることを意識するだけで、何かがちょっと変わる。

とくに、枝ぶりが素晴らしい、お気に入りの梅の木ができると、
その道を歩くのは楽しくなる。

今週は梅が散りだして、かわりに木蓮が咲き始めた。
私は白い木蓮が好き。

いつもはすっかり咲いてから気がつくのに、
今年は木蓮のつぼみが膨らむのを毎日観察できた。
多分、目標のおかげ。

ほかにも、忙しくて大変という週に、
「新しいレシピを1つ試す」という目標を書いたこともある。
忙しいときは、定番おかずを、流れ作業のように作ってしまうんだけど、
その週は結局、新しいレシピを2つ試した。

そんなことが、意外にアクセントになって、
忙しい忙しいと押しつぶされて流されてしまう日々を、
ちょっと和らげてくれる。


フランクリン・プランナーの手帳って、
多分、キャリアアップとか、なにか大きな夢を持ってる人のためなのかもしれないけれど、
私みたいに今はとにかく、日々の生活で精一杯ですよ、っていう人にも、使い方はあるのだと思う。

梅の木を見るだの、新しいレシピに挑戦だの、
今週はできるだけ早寝しようだの、
あまり勢いを感じない目標が書かれることの多い私の手帳。

でもそれはそれでいい。

誰かの忙しさに流されてしまわない自分、
日常のせわしなさに埋没してしまわない自分、
それを手に入れることは、野望といっていいくらいだから。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.03.08

子供と手をつなぐ

久々に育児日記。

子供が、外でちょこまか走りだして、「ダメ!」と叱ること多いです。

だけど「手をつながなくちゃダメでしょ、危ないでしょ」と言うのは止めてみました。

かわりに選んだ言葉は、

「手をつなごう。ママ、淋しいから。」

***

そうすると、えへへ~と笑いながら、子供が駆け寄ってくる。
手をつないで一緒に歩いてくれる。


なぜ、私が子供と手をつないでいたいかと言えば、
正直、危ないから、なんだけども
親子が手をつなぐという行為が、
禁止や束縛、命令であるのは悲しいじゃないか。


子供は、(ママが淋しくないように)手をつないでくれる。
それは、命令に従ったのではなく、彼女の意思だ。
つながれた手は、鎖ではなくて、絆になる。


元気いっぱいの危なっかしいお子様をお持ちの皆様。
明日は
「淋しいから、手をつなごう」と誘ってみてはどうでしょう。


来週から東京は気温が15度を超えていきます。
お散歩日和です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »