« ゆるい目標、流されない今日 | Main | 「それ以外」で始まる春 »

2008.03.28

芸能人(女優)に似てると言われたら

春です。別れもあれば出会いもある。
新しく出会った人の第一印象はどんな人でしょうね。

世の中には美しい市井の人がいます。
「女優の○○に似てるね!」とぱっと人目をひく人がいます。

さて、今日はそんなふうに言われたときに、
どう応えるべきかを考察してみます。


正解から言いますと、
「初めて言われた!嬉しいわ」
「そんなことないですぅ~。今まで言われたことないですよ~」
ぐらいが良い。

謙虚にね。
否定しつつも「ありがとう、嬉しいです」ぐらいが良い。
もちろん、「お世辞がお上手。」「何も出ないわよ」的な返答もアリです。


時々、
「よく言われます」
という人がいますが、どんなもんでしょう。


人間、心は案外狭いので、そう返されると白けます。

実際、女優さんに似ていても、最終的にその女優さんほどには美しくないというのが大抵の人の現状。
似てはいるけど、それ以下。
なのに、「よく言われます」というのは
「私はあの女優と同等なぐらい美しい」という自負が漂っている気が・・・。
そういえば、その女優と髪型も同じにしてたりして。
意識しているタイプです。
やや過剰です。

さらに自己紹介で「○○(←女優)に似ているといわれます」と自分から言う人も
私は何人かお会いしました。
そういう人は、確かに相当似ている。
同等なぐらい美しい。
ケチのつけようがない。

しかし、そういわれたら周りは「本当だ~。そっくり!綺麗ね~」と褒め称えざるをえない。
ここですでに「女優とファン」もしくは「女王様とお付の人」みたいな関係を微妙に強制させられてしまう。
周りはちょっと疲れるでしょう。

さて、このブログをお読みの、美しい女性の皆様。

初対面では何かと「女優の○○に似てるって言われない?」などという“ごあいさつ”もある季節。
謙虚に、
「全然似てないですよぅ。」というのが、本当の美人の王道です。
野に咲いたバラや百合は、雑草に駆逐されないようにひっそりと咲くべし。
妬まれてもいいことなし。
それでこそ、あなたの美しさは保たれる。

ちなみに私は、「高校のクラスメートにそっくりな人がいました」とか
よく言われるんですが、
どう応えて良いのかよくわかりません。

|

« ゆるい目標、流されない今日 | Main | 「それ以外」で始まる春 »

Comments

「高校のクラスメートにそっくりな人がいました」

↑これ、受けました。
たしかに女優に似てるって自分で言う人。
ちょっとどうよって思いますね。
私は自分で黒木瞳とブログに書いたことがありますが、
自分では冗談のつもりだったんですが、
あれも読んだ人はどう思われたものやら。
もうやめます(笑)。

Posted by: kako | 2008.03.29 at 08:07 PM

kakoさん、いいじゃないですか~。黒木瞳!
ご自身で書いたのではなく、へーベルの方がそう紹介したのではなかったでしたっけ? それってものすごく光栄なことですよね~。いいなぁ。私はへーベルの方のブログを見て、やっぱりkakoさんは美人さんなのね!と納得と確信を得ましたよ。

Posted by: Nolly Chang | 2008.03.30 at 12:38 AM

うふふ~、いやぁ面白かったです。
ばっさりと答えが用意されているところが
Nolly Changさんらしくて実によいです。

ほら、あのね、女優さんにもいろいろな方が
いらっしゃるじゃありませんか。
「そんなことないですぅ~。全然似て
ないですよぅ。」というタイプで
ありたいものです。。。(笑)

Posted by: るん♪ | 2008.03.30 at 08:02 PM

るん♪さん、こんばんは、
ふふふ。「そうゆう」女優さんとか、お笑い芸人系のときは、周りは言わないんですよね。
そのときは自分から「わたし○○に似てるでしょ!」って言っちゃうほうが気さくでいいです。でもるん♪さんは、私の想像では目が大きい落ち着いた美人で髪は肩につくぐらいということになっています。

Posted by: Nolly Chang | 2008.03.30 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/40670539

Listed below are links to weblogs that reference 芸能人(女優)に似てると言われたら:

« ゆるい目標、流されない今日 | Main | 「それ以外」で始まる春 »