« May 2008 | Main | July 2008 »

2008.06.21

手抜きを義務化するという発想

自分で言うと笑っちゃいそうになりますが、多分私は真面目な性格なんだと思うんです。
友達に言ったらもっと笑われちゃうかもしれませんが、やっぱ、真面目なんだと思うのよ。

平日の夕食はしっかり手作りで一汁三菜以上。
野菜をしっかり、豆類・海藻類もしっかり、塩分かなり控えめ、だし汁もちゃんととる。

食育のため・・・ということはなくて、
自分が食べたいものを作っている。
子供向けのメニューを特別に作ったりしない。
普通の和食や、普通の家庭料理が子供にとっても美味しければいい。


でもやっぱりどこかで、
「栄養バランスのよい食事を手作りせねばならない」
という義務感はあったんだと思う。


どうしようもなく疲れていたり、
やること山積で夕食を手軽に済ませたいと思う日も、当然ある。

それでも以前は、自分にムチ撃つようにして夕食を作っていた。
義務感があったのだろう。

自分の生真面目さが嫌になるぐらいだった。


けれどもそこにこそ、逆転の発想があった。


平日の週に1回、夕食を極力作らないで済ます日を定め、
義務化するのだ。
その日は疲れていなくても、とくにやることなくても、
作らないと義務化するのだ。


惣菜を買ってくるのもいいし、
前日にカレーを作って「2日目のカレー」にするのもよいし、
市販の惣菜と、自分でつくりおいたおかずの温めなおしでもよい。

とにかく作らないようにする。
義務だ。
私は生真面目だから(笑)、自分で決めたルールは遂行する。
(夫にも宣言し、理解してもらった)

そうしたら、すっごく好転した。
自分もラクになったし、
何より時間が創出された。


その日はすぐに夕食になるから、夜の時間がたっぷりとれる。
子供と楽しく過ごすのもよいし、
自分の時間にしてしまうのもよい。


1日は誰にも平等に24時間。
それを25時間に増やすことは出来ない。
時間を創出するには、何かの時間を削ることだ。
たいていの人は睡眠時間を削ってしまうが、
それにも限界があるのを感じてしまう、30代のワタシ。


人にはそれぞれ優先順位があるだろう。

ちゃんとした夕食を食べたいという思いは強いけれど、
週に1度は、別のことを優先してみると
大げさだけど新しい視点が生まれる。
時間の使い方にあらたな方向ができる。

何より、手抜き夕食で罪悪感を感じることなく、
ポジティブに時間の使い道を考えられるのが嬉しい。


生真面目万歳、手抜き礼賛!である。

(生真面目なのに、腹筋だけは続けられないのは何故?)


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.06.10

トンマッコルの便秘解消法

いきなり便秘ネタですみません。

韓国映画「トンマッコルへようこそ」のDVDを観ました。
とてもよい映画でした。

でも今日はシネマトークではなく、便秘トーク。

よく、便秘解消には
①水分たっぷり
②食物繊維
③運動
④ビフィズス菌
と言われています。

でも私の便秘症の友人は解消しないといいます。
水は1日2リットル以上のみ、食物繊維たっぷりの食事をし、ヨーグルトを食べ、ストレッチやウォーキングを毎日欠かさなくても、だめなもんはダメなのよーーーー!!といいます。

なんでなのかしらねぇ・・


私は便秘とは無縁なので、そんな彼女に何もアドバイスできませんでした。


しかし、「トンマッコルでようこそ」を観て
大きなヒントを得ました!!


それは、、、脂身。


秘境の村トンマッコルへたどり着いた南北の兵隊たち。
トンマッコルはどうも菜食主義の村のようです。
ある日、巨大なイノシシを倒し、深夜兵隊たちはこっそりとイノシシを食べます。
南北の兵隊たちが、焚き火を囲んで久しぶりの肉をほおばり、
少し心を開きはじめるシーンです。


そして・・・
次のシーンは草むら。
南の兵隊が排便をしていると、横で北の兵士も排便をしている。
「久しぶりに脂身を食べたから、出がいいな」と
決まり悪く語り合う、ウ○コ座りの兵士たち。
また一つ心が通い合う(?)シーンです。

私は、なるほど!!と思いましたね。
そうです、脂身の接種は、適度に身体の潤滑油になるのです。

私の便秘症の友人は、脂身は食べないタイプ。
さっそくメールして教えなきゃ。
「豚の角煮でも食べなさい!!」と。


私も1度だけ便秘をしたことがあります。
妊娠中でした。
便秘ってこんなに苦しいの??と驚きました。
当時は、お腹が大きいから腸が圧迫されて便秘になったのかな?と思ってましたが、
ひょっとすると身体に脂身が足りてなかったからかもしれません。
その頃は肉は赤身しか食べないようにしていたから。


そんなわけでこっそりと便秘にお悩みの方、
妊娠中で便秘になりやすい状態にある方、
ときおり、肉の脂身を食べることをおすすめいたします。

トンマッコルへようこそ


Photo


左側の北の兵士役の俳優さんが、トヨエツ似でカッコイイです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.01

爪を磨く

小さなお子さんがいるお母様方、働いていても働いていなくもどちらでも、
爪はどのようにされているのでしょうか?

雑誌「VERY」なんぞを読みますと、
みなさまネイルサロンに行ってらっしゃるご様子。
オススメは長持ちするバイオジェルやカルジェル。
ネイルアートも控えめに・・といいつつ、
けっこうキラキラさせてますね。


私は、なんにもしてません。


ネイルサロンに行く暇がなかったのがまず第一。
しかし最近は美容院でもネイルケアをしてくれますね。
なのでパーマやカラーの最中にネイルも頼もうかしら・・と
今年の初めは考えてました。


でも結局なにもせず・・・

考えてみたら、2日に1度は生姜をすりおろしているような私。
長い爪は向いていないのです。
(ラインストーンの混じったおろし生姜は恐怖!)


しかし、手には年齢がでるといいますし、
何かもっとお手入れをしたい!と考え、
行き着いたのが、「爪磨き」。


え?そんなこと誰でもしてるんですか?


すみません、私全然してませんでした。


いつから初めても遅すぎることはない。
明日始めるより今日始めればよい。

そんなわけで、最近爪を磨いています。

愛用しているのは、直方体の爪磨きで、4面を順番に使用すると
あ~ら、不思議。爪がピカピカ。
無色のネイルエナメルを塗ったようです。

しばらくすると、またくすみ始めますが
2~3日たってからも、ふと手をみると爪がつやつやしているのに気がつきます。

バイオジェルもカルジェルも、ネイルアートもしていませんが、
健康的でツヤのある手と爪。
これで十分な気がしています。
少なくとも今は。

ところで、つめを丹念に磨いていると、
爪がいたんでいることが気になってきます。

実はわたし、爪切りでバチンバチン切ってます。
そのせいのようです。
やはり爪やすりでやさしく整えるほうがいいのでしょうね。

そんな時間あるのかなぁ。


でもしばらく爪やすりと爪磨きを、週末の夜ぐらいやってみます。

ちなみに夏は足にペディキュアは塗ります。
これは0歳児がいるころからの習慣。
足で生姜はすらないからね~。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »