« 「篤姫」に勝麟太郎登場! | Main | 初映画は「ポニョ」 »

2008.08.14

本「わたくし率イン 歯ー、または世界」川上未映子

びっくりしました!すごい作家です。

川上未映子さんといえば、「乳と卵」で芥川賞を受賞したことはまだ記憶に新しい人。
歌手であり、小説家、自称・文筆歌手。
とても美人。

とても気になる人だったので「乳と卵」でもよかったのですが
タイトルに惹かれて読んだのがこちらの本。
「わたくし率イン 歯ー、または世界」です。


大阪弁のしゃべり言葉そのままと、丁寧語が渾然となった不思議な文体。
言葉は流れ出し、溢れ出して行く。
感情そのもののように、
価値観を突きつけるように、
自分の中にある確固とした世界が、外へ飛び出していくように。

言葉とともに溢れていくどうしようもない自我。


これまでたくさんの小説を読んできた。
文章の上手い人、
構成が巧みな人、
素敵な描写をする人、
いろいろな作家がいて私はとても満足していたけれど、

川上未映子の小説は、
新しい文体、独特の表現、
そして強く打ち出される世界観を以って、
他を圧倒するような存在だ。

異質であり、上質。


うねるような展開にドギマギする小説でもあった。


この人、すごい。


わたくし率イン歯ー、または世界


Photo

|

« 「篤姫」に勝麟太郎登場! | Main | 初映画は「ポニョ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/42160259

Listed below are links to weblogs that reference 本「わたくし率イン 歯ー、または世界」川上未映子:

« 「篤姫」に勝麟太郎登場! | Main | 初映画は「ポニョ」 »