« 3人分?3年分?マクドナルドのシナモンメルツのCM | Main | 教育費に価格破壊はくるか »

2008.10.31

日経の連載小説「望郷の道」北方謙三

ちょっと遅くなってしまったけれど、やっぱり一言書いておきたい。

北方謙三「望郷の道」は素晴らしい小説だったと。

日経新聞で2007年8月6日から2008年9月29日まで朝刊で連載されていたが、毎朝とても楽しみにしていた。読むと力がわいてきた。


やっぱり日経の朝の小説は、これぐらい生きる力に満ちていなくちゃ!

その前の「チンギス・ハーン」もモンゴル好きの私には面白い小説でしたが、「望郷の道」はさらに引き込まれました。

まっすぐに正しく、自分の道を生きていくこと。
守るべきものがあること。

この小説読むと、お腹にぐっと力が入る。


毎朝、この小説でシャキーンとしてから、経済記事も読み進めてました。

(食品偽装事件を起こす会社の役員は、この小説をどんな気持ちで読んでいたのか・・。)


さて、かわりに始まった朝の連載小説は・・・。
上海を舞台にした50代の女性企業家と、30代のジゴロ風の男の恋愛小説・・。
なんか眠たくなってしまうんだよなぁ。zzz

|

« 3人分?3年分?マクドナルドのシナモンメルツのCM | Main | 教育費に価格破壊はくるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/42958876

Listed below are links to weblogs that reference 日経の連載小説「望郷の道」北方謙三:

« 3人分?3年分?マクドナルドのシナモンメルツのCM | Main | 教育費に価格破壊はくるか »