« October 2008 | Main | December 2008 »

2008.11.25

女の人生、はじまりはじまり

TVを観ていたら、大橋のぞみちゃんが出てきて、
可愛らしく「崖の上のポニョ」を歌っていた。

娘はくいいるように画面をみている。
そして言った。

「どうしてのぞみちゃんは笑うと、ほっぺたがへこむの?
どうして私はへこまないの?」


大橋のぞみちゃんの、えくぼのできる笑顔が
娘にはうらやましいようだ。


ああ、きたか。
ついにはじまってしまったか。


どうしてあの娘には、えくぼができるの?


娘よ
これからあなたは似たような思いを何度もするでしょう。


どうしてあの娘は、目が大きいの?
どうしてあの娘は、鼻筋がきれいなの?
どうしてあの娘は、抜けるような白肌なの?
どうしてあの娘は、スタイルがいいの?


さらに、こんなことも思うかもしれません。


どうしてあの娘は
いつも笑顔を絶やさずにいられるの?

どうしてあの娘は
素直に謝ることができたの?

どうしてあの娘は
心のままに泣くことができたの?

どうしてあの娘は
「大丈夫なんかじゃない」って言えたの?


えくぼだけではないのです。

自分にはないものや
自分にはできそうにもないこと
そんなものがたくさん見えてくるでしょう。

あなたは悩み、努力し、諦め、開き直る。
そしてまた努力するでしょう。

それこそが女の人生です。


けれども娘よ
そんなあなたも誰かが羨むようなことを持っている。
それに気が付き、生かしてこそ、あなたの人生です。


母は見守っていますよ。

鏡の前でほっぺたを強くつついて、
無理やりえくぼを作ろうと必死な今日のあなたも、
これからのあなたも。


でもほっぺたをお箸でつつくのはやめときなさい。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.24

NHK人形劇・三国志の名曲

昨日の映画「レッドクリフ Part1」に関連して。

私の最初の三国志体験は、NHKの人形劇「三国志」です。
大変よくできた文楽のような人形で、本格的な時代絵巻。

小学校のころ、よく見ていました。
しんしん、ろんろん、という役で島田紳助・松本竜助の人形も出てました。

思い出した人、います?


ストーリーも面白く、私は関羽が好きでした。
(ちなみにレッドクリフに張飛役で出ていた俳優さんが、
人形劇三国志の張飛人形にそっくりで驚きました。)


でももっと好きだったもの。

それは人形劇三国志のテーマ曲です。

♪星が流れる夜、人は変わるの~

で始まる歌です。


この曲はずっとずっと好きで、ふとした時に心をよぎる曲でした。

レッドクリフを観た後に、無性に聞きたくなって調べたら、
「三国志ラブ・テーマ」という曲で、
細野晴臣さん作詞作曲、小池玉緒さん歌でした。


YouTubeで、みつけました。
すごいな~YouTube。
「三国志 愛のテーマ」


夜中に聴いて、歌って、涙ぐんでしまいました。

一番好きなのは、

♪ わたしはきっと しあわせになれるわ
  あなたが生きているかぎり ♪

という部分。

前向きでひたむき。

私もそうありたいと思っています。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.11.23

映画「レッドクリフ Part1」

「レッドクリフ Part1」を観てきました。
いい、いい、すごく面白いです。

三国志の赤壁の戦いの映画化ということで、
興味がない人や歴史モノはまわりくどそう、と敬遠する人もいるのでしょうが、そこは全く問題なし。

歴史背景の説明など前置きはほんのわずかで、
最初からアクション!
見せ場の連続です。

ジョン・ウー監督のアクションのセンスは素晴らしい。

趙雲、関羽、張飛、それから甘興といった男たち。

彼らは猛将、智将、豪傑、英傑・・・・なんでもいい、
つまり伝説の武人を、
まさにかくあらんや、という具合にかっこよく映し出す。

たった一人で100人の敵を打ち払うようなシーンの連続。

しかも全員が、歌舞伎の花道でも通るように現れ、
疾風怒濤の活躍をみせるのだ!

敵の10本の槍を気合いひとつで跳ね返し、
背後の槍をよけたついでに敵に突き刺す。
自分に突き出された槍をそのまま奪い取り、
別の敵を刺す。

軍神のような男たちの戦いぶりを実に颯爽と見せてくれる。

一方、軍師であるトニー・レオンと金城武のツー・ショットは
涼やかで美しい。
激しさをうちに秘めた、クールな男たちだ。

トニー・レオンはもうもうオイシイ役で、ひきつけられる。
最初は、トニーって時代劇のヅラが似合わないわ~、
「花様年華」「2046」「インファナル・アフェア」のトニーのほうがよかったな、と心でぶつくさ言っていたのだけれど、
やはりトニー・レオンはトニー・レオンだ。
どんどん匂い立つような色気が出てくる。

金城武も断然いい。
実は私は、金城くんって演技はちょっと・・と思っていたのだが、
冷静でどこか優しげな軍師・諸葛孔明はとてもいい。
投げかけた視線の優しさ、揺らす扇の優雅さがよい。

ただ・・・・、金城武の声は、吹き替えではなかろうか。
金城君は中国語はもちろん堪能なはずなのだが、
どうも声が違う人もような気がする。
金城君の声はものすごく甘やかなのに、
映画の中の金城武のあやつる中国語の声はもっと厳しさのある声だ。

本当のことはよくわからないが、
私としてはあれが金城武の中国語ならそれでいいし、
吹き替えだったとしたら、それでこそ金城君のビジュアルと演技が生きたから、吹き替えでよかった!と思う。

そして、運命の鍵を握る女・小喬。
演じるリン・チーリンの美しさは、まさに絶世の美女という役柄にふさわしい。
アジア中華圏において2年連続、最も美しい30代女性に選ばれたというのはうなづける。


特別出演の中村獅童も、あいかわらずよい仕事をしている。

こんなにも役者が揃っていて、
動と静のバランスがよく、
動のシーンも、静のシーンも完成度が高けりゃ、
傑作であることは間違いない。

私はオマケに三国志やら水滸伝やらが大好きなのだから、
陶酔するような映像だった。


Part2が今から楽しみ。

最後に・・・
軍事戦略関係の言葉は無理だが、
中国語の簡単なやりとりは、はっきり聞き取れた。
うれしくなりました。

レッドクリフ公式サイト


| | Comments (2) | TrackBack (2)

いい夫婦の日に思う

11月22日の今日は「いい夫婦の日」。

で、今日の我が家というと・・・
ずばり、
「交代で映画を見に行く」でした。

片方が子供と一緒に過ごし、もう片方は映画館へ。

子供が生まれる前はよく一緒に映画を見に行ったのですが、
生まれてから一緒に行くことはなくなりました。

映画館に行く回数すら激減しています。


今日のように別々に観にいってあとから感想を語り合うこともあるし、
実はお互いに映画の趣味が微妙に異なるので、
自分が見たい映画を自分だけで観るというのも悪くないのかも・・
と最近は思っています。


今回観たのは「レッド・クリフー赤壁の戦いー」です。
珍しく(?)夫婦で同じ映画を選びました。


1年に1度ぐらいは、子供を預けて夫婦で1日出かけようね、
とは話しているので、
「レッド・クリフ Part2」は一緒に観に行けたらいいなと思う、
11月22日のいい夫婦の日でありました。


「レッド・クリフ Part1」の感想はまた改めて書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.16

雑誌「STORY」が面白い

美容院へ行きました。
美容院では雑誌読みまくりで過ごします。
お店の方が気を使ってか、ちょっと若い人向けの雑誌を持ってきてくれるんですが、もうそうゆうのは卒業してますから!って感じでさらっと読んで終わり。

「VERY」は30代子育て中という意味では私にも当てはまるんですが、セレブな専業主婦という凄まじい世界が面白くてよく持ってきてもらいます。

でも最近は「STORY」のほうが断然楽しい。

「STORY」は40代の女性向け。
子育ても一段落して自分の時間を取り戻しているような女性が対象です。

私が「『STORY』をお願いします」っていうと、「いいんですか・・これで・・?」といつも訝しがられますが、
いいんです、いいんです、これで!

だってさ~~、「with」とか「more」とか、読んだってもうつまらないのですよ。
仕事の後に合コンがある日のコーデとか、もう興味ないですよ。
ふ~~~ん、ぐらいにしか思いませんよ。

それに比べて「STORY」の11月号はすごいよ。
40代の体型コンプレックスと、カバー方法の特集だよ。
これが私の近未来かも!って興味深々ですよ。

さあページをめくりましょう。
いきなり、読者代表だか、女性編集者だかの
ぽってりした下っ腹のアップの写真がドーン。

キャプションがぶっとんでいる。
「崖っぷちのポニョ腹」


美容院で笑いをかみ殺しました。


そのうえ、崖っぷちのポニョ腹をいかに洋服で目立たなくするかの
ファッション実例集が続くのですが、そのモデルが
アナウンサーの中井美穂さんです。

いいんですか、中井さん、そんな扱いで!


STORYでは素敵な40代女性モデルとして冨田リカさんや、
清原亜希さんを取り上げています。
このお二方は、40代とは思えないほど素敵。
三浦りさ子さんもVERYを卒業してこちらにシフトしている様子。

一方、中井美穂さんはあくまで親しみやすい等身大の40代という
位置づけみたい。
中井美穂さんと女性ゲストの対談ページがあるのだけど、そこには

「中井美穂さんの今月の平均体脂肪率:29.5%」

とか公表されちゃってるし!

いいんですか、中井さん!そんなこと書かれて!


「STORY」おもしろすぎます、くいつきどころ多すぎます。


今度美容院行くときは、最初からSTORYを読みたいと思います~~。

雑誌 STORY

Story

○おまけ

過去の「VERY」に関する私の記事

雑誌「VERY」の存在理由
(2004.9.28)
「VERY」10周年、サロネーゼに極まれり(2005.6.27)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.14

後藤久美子さんのエイジング

雑誌「Voce プラチナム」を読みました。
美容・コスメ雑誌「Voce」の増刊号です。

後藤久美子さんが表紙でね。
インタビューあり、グラビアありです。

後藤久美子さんは、私にとって崇拝の対象。
日本の芸能界どころじゃなく、世界に認められる美しさを持っている人だと思う。

マネしてみたい美しさ、ではなくて、
手が届かない、絶対的な美しさ。
憧れです。


そんなわけで彼女が雑誌に出てると、つい見てしまいます。


今回は、フランスでの生活や、ご主人やお子さんの話、生活のバランスなど多岐にわたる対談記事になっていました。2ページですけどね。

印象に残ったのは、年齢について語った部分。

「以前より、進歩した自分でありつつ、実年齢よりちょっと若い、というぐらいでいられたらいいんじゃないかしら」


ズキューン。


ものすごく共感。

30代半ばとなった私は、20代にみられたいとは全く思わない。
それはもう無理だから。
20代に見られたいと努力するとむしろ見苦しい結果になるような気がする。

目指しているのは、30~33歳ぐらいの、実年齢よりちょっと若い感じで、
なおかつ子供が2人いるようには見えないような外見と雰囲気を持つこと。


それはつまり、女性として美しくありたいという気持ちを大切にし、
なんらかのアクション(化粧でもファッションでも体型維持でも)をとっていること。

いきいきしてること。
興味や関心の輪を広げていること、だと思う。


後藤久美子さんが言う、「進歩した自分でありつつ」はさまざまに解釈できる。

経験を積むことでより素敵な大人へと進化すべしともとれるし、
アンテナを広げて、常に新しい何かをもつ、前向きな自分でいるべしともいえる。

昨日より今日、今日より明日、そんなふうに生きている自分なのだ。


そして若さに固執するでなく、実年齢よりちょっと若くみえるぐらいで十分というのもその通りだと思う。

会社の20代半ばの女の子を見て思うもん。
私とは全然違うと。


違って当たり前なのだ。
だから20代にみられなくても私は悲しくなんかない。

むしろ彼女たちから見て、素敵な30代の女性だと思われるようでありたいと思う。


素敵な・・とは欲張りかな。
 
楽しそうな30代、そう思われたい。

雑誌 Voce バックナンバーはこちらから購入できます


Voce

過去の後藤久美子さんにまつわる記事


TV 「TOKYO美人物語」

後藤久美子に二度惚れ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.11

今度こそ!腹筋を続けるために~習慣化の方法~

今まで何度となく習慣にしようとしたのに失敗したもの。
それは日々の腹筋。

3日坊主で終わったこともあるし、
気が向いたときにやればいいやと開き直った日もある。

けれど頭の片隅にはいつも・・
すっきりした体型をGETするには、腹筋は避けて通れないという事実。


どうして続けられないのだろう。


私は体育会系じゃなかったから、腹筋が弱いのよね~、
とか、
根性ないのよ~
とか、
そういって続けられない自分を擁護してきた。

私はダメな人間だから、って言いきってしまうのは
結局安易な逃げでしかないと思う。
自分を甘やかすための方便だ。

そんなに私はダメな人間じゃない。
自分で決めたことをコツコツ続けて成果を得たことがたくさんあったじゃないか。

腹筋だけはダメなんて、おかしい。

意志はあるのに道がたたないなんて、おかしい。


そこで、今まで続けられなかった要因を根性論以外で探ることにした。


結果、思い当たったのは、腹筋をする時間帯だった。

今までは寝る前に腹筋をする、と決めて続かないことが多かった。

横になった時にはもう眠いのだ、疲れているのだ、
そんな体で腹筋をするのはきつい。だから続かなかったのだ。


今回は、夕食の直前に腹筋をする、としてみた。
まだまだ活力が残っている時間で、
お腹に何も入っていないときのほうが腹筋も使いやすい。
なおかつ食べる前に運動すると代謝も上がる。


夕食直前に腹筋10回からスタート。
今、10日目です。
あまり苦痛じゃありません。
続けていけそうな気がしています。


何かを習慣化するには、ふさわしい時間やふさわしい方法というのが必要だ。
習慣は適時化してこそ、自然に身に付く。


近頃の私の習慣は、
夕食直前に腹筋をすること、
お風呂上がりにストレッチをすること、
通勤途中の気持ちのいい一本道では、美脚ウォーキングを意識すること。

誰もが何かを習慣にしようとして挫折した経験があると思いますが
精神力の問題として片付けてはもったいないです。
時間設定、時間配分、方法などどこかに無理があったのです。
それを検証してみると、もっと簡単で効率のよいやり方が見えてくるのではないでしょうか。


私の腹筋はまだまだ10日目。
続けていきます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.09

ナッツは素焼き、食塩無添加に限る

ナッツは、体にいいんですよ。
食べすぎは何でもよくないけれど。


とくにアーモンドは栄養価が高く、脂肪の質もいい。
食物繊維、ポリフェノールも豊富だそうです。


1日10粒ぐらいがいいみたいですね。

カロリーは高いので、通常の食事がすでに高カロリーな場合は2~3粒ぐらいにしたほうがいいのかもしれません。

あるとついつい食べてしまうんですけどね・・・。

サプリメント感覚で、1日5粒とか決めちゃうのがいいのかしら。


で、重要なのは、ナッツは素焼きナッツに限る!
食塩無添加でなければだめよ~ということ。

塩分をここでとってはダメです。
妊娠中じゃなくても減塩は大切。


私は買うなら素焼きナッツですね。
ナッツの香ばしさがしっかり伝わってくるから好き。

秋の夜長、ウィスキーのお供にも重宝してますが、
お酒と一緒のときは少し塩気があったほうがいいかなとも思う。
そんなときは、いりこ(煮干しみたいなやつ)を混ぜて、アーモンド&フィッシュにします。
美味しいです。


冬が始まろうとしています。
果実酒のお湯割りが恋しくなってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.07

子供にお手伝いをさせる

年長と、年少の子供がいる。
ここ数カ月、毎日しっかりお手伝いしてくれる。
年長さんは夕食のあとに洗い物を週に1回以上してくれる。
年少さんも洗濯物をたたんでくれる。
3か月以上続いているから、お手伝いが定着したと思っていいだろう。
保育園の荷物の、洗い物は自分で出し、翌日用の新しいものをカバンにしまうのは当然毎日自分でやってくれている。

この話を同年代のお子さんをもつママにすると驚かれるし、うらやましがられる。

今日はそのコツと、お手伝いをさせる意味を書きたいと思う。


なぜお手伝いをさせたいのか。
それは私が将来、楽をしたいから。
これがまず一つ。

2つめは後ほど。


まずお手伝いは子供がやりたいと思った時がさせ時。
2才ぐらいから、お手伝いしたいといいだすころがある。

ここでちゃんとやらせてみるのが大切。

小さなことでいい。簡単なことでいい。
お手伝いをさせ、仕事を与える。

2歳児のお手伝いなんて、むしろ手がかかって困ることもあるが、そこはぐっとこらえよう。
将来すすんでお手伝いしてくれる子供に育てるための大切なステップなのだ。
5年後10年後のために、家事は親にやらせておけばいいもの、と思わせないようにしなくては。

そして3歳、4歳になり手先が器用になってきたら、もっとお手伝いに参加させよう。


子供にお手伝いをさせるコツは「褒める」ことだと思っている人が多いが、それは基本の基本。
お手伝いを楽しいと感じさせ、手伝うことでママも子供もハッピーになれるという体験を重ねることがより重要である。

子供が乳幼児のうちは、まず子供に食べさせ、お風呂に入れ、寝かしつけてから家事をする人も多い。
それは仕方のないことだと思う。
しかし、子供が3歳になってきたら、母親が家事をするところをしっかり見せていくほうがいいと思う。


ママは大変なのだと、感じてもらう。
夕飯の支度や後片付け、洗濯、翌日の準備・・・そういったルーティンワークが終わらないとママは一緒に遊んでくれないと植えつける。


保育園の帰り道などに「今日は○○して遊びたいね、そのためにママもお仕事(家事)をがんばって早く終わらせなくちゃ~」と言い含めておく。


母親は家事が終わらなければ一緒に遊んでくれないから、母親の仕事を手伝って早く一緒に遊びたいと、子供に考えさせる。
これは自発的なお手伝いを促すポイント。

お手伝いをしてくれたら、「今日は○ちゃんのおかげで早く終わったから、たくさん一緒に遊べるね!」と誘う。
ここは重要な体験。


お手伝いは最初は一緒にやることから始める。
洗濯物を一緒にたたむ。
みんなでやると、早く終わるし、案外楽しくできると学習させる。

一緒にやる、が十分できるようになったら、次に分担してやるということを覚えさせる。
最初は簡単な分業から。
ママは料理をし、子供はテーブルの片付けや食器の準備。
子供は洗濯物をたたみ、ママは引出に片付ける。

分業をするとより家事がスムースに進むということを学習させる。

うちは今、私が料理をしている間に、別の部屋で子供たちが洗濯物をたたんで片付ける、という分業が可能になってきた。
子供が夕食の後片付けで洗い物をしてくれる日は、私は生協の注文書を書いていたりする。


そしてお互いの仕事に完了のあとに、絵本を読んだり、レゴをしたり、近頃はあやとりを教えたりしている。

お手伝いをすると、褒められる、喜ばれる、さらに一緒に遊ぶ時間が増えて自分も楽しい。
これが自発的で継続的なお手伝いをさせるモチベーションになる。


お手伝いをとおして、時間創出の概念や、助け合ってより快適な時間や関係を築くことを学ばせたい。
子供にお手伝いをさせる理由の2つめだ。


頑張ってます、私も子供も。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.05

妊娠中の脳内出血を防ごう

脳内出血をおこした妊婦が救急病院での受け入れを拒否され、死亡したり意識不明の重症になっているというニュースが続いた。

東京のような大都市でさえ、緊急手術がうけられない。
本当に痛ましいことだと思う。


医療体制の充実を強く望む。


一方、一般市民にできることはとにかく脳内出血をおこさないように予防に励むことしかない。

このブログでは「妊娠でダイエット?!」という、パッとみるととんでもないようなカテゴリーを作っているが、
ちゃんと読んでいただければ、健康的な食生活を応援する内容であると理解してもらえると信じている。

「妊娠でダイエット?!」でも再三書いたが、妊娠中の食生活で大切なことは、
減塩、低カロリー、バランスのよい食事。
そして適度な運動。

これらはそのまま脳内出血の予防にもなる。

脳内出血は高血圧の人に起こりやすい。
妊娠中は血圧が上がりやすいので注意しなければいけない。

まずは減塩。
市販のものはできるだけさけて、だし汁や、酢で味をつける習慣をつけよう。
麺類はさけたほうがいい。

カロリー過剰もよくない。
肥満と高血圧は併発することが多い。
肉は赤身を食べる。
できれば魚。青魚がよい。
揚げ物は食べないこと。

バランスのとれた食事。
忘れがちな海藻、豆類をしっかり食べる。
とくに豆は良質なたんぱく質だからしっかり食べる。

白いごはんは糖質が多いので、食べ過ぎない。
「ごはんがすすみます」というおかずは塩分が高いから要注意。
玄米を混ぜたり、お豆をしっかり食べたほうがいい。


こんにゃくも食べようね。


それから運動。
おなかの張りがひどい場合は別だけど、散歩がてらウォーキングしたり、
マタニティビクス、マタニティスイミングなど参加してみるべし。
マタニティヨガや、ストレッチもぜひ取り入れて体をほぐしたい。

とはいえ、減塩は難しいっていう人もたくさんいるだろう。
私も減塩には苦労しました。
妊娠9ヶ月半まで働いていてランチはいつも外食だったので、どうしても過剰に塩分をとっていました。
おかげでむくみがでてました。
マタニティビクスに行けるようになったのも臨月に入って産休をとってからです。

さいわい高血圧とは無縁でしたが、いろいろな理由で食生活の改善が難しかったり、もともと高血圧体質だったりして、妊娠中にさらに血圧が上がってしまう人もいると思います。

高血圧を注意されている妊婦の皆さん、
脳内出血の心配をしてしまう妊婦の皆さん、
そんな人に、最終的なアドバイス。

さっさと入院しなさい。


血圧が相当に高い妊婦さんには、産婦人科医が入院をすすめると思います。
自宅で食事療法がんばるから、と辞退する人もいるようですが、
いきなり脳内出血になるまえに、入院させてもらいなさい。

そして塩分が1日5g以下の、病院の食事だけでがんばりなさい。

1日に何回も血圧測ってもらいなさい。

自宅や外出先で突然脳内出血おこしても、受け入れ態勢ができていない現状。
もし本当に心配で、血圧が高くて、脳内出血のリスクがあるのなら、
産婦人科医に相談して、可能なら入院して改善に励むことです。
緊急の場合に対応してもらいやすいように、最初から病院にいることです。


安直な入院をすすめるつもりではありませんが、
もし本当に、脳内出血を心配している妊婦さんがいるなら、
あらかじめ入院してしまうのが自衛手段だと思います。


元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
元気なあなたでいてくださいね。


それから外食産業に従事してる皆さん、
妊婦さんや、糖尿病の人のためにも、
1食塩分2g以下のお弁当や、メニューを充実させてください。
必ず需要があるはずです。


緊急医療体制の不備を嘆くだけでなく、
それぞれの立場で、悲劇が起るのを防ぎたいものです。


私は今日この記事を書くことで誰かの役に立てたらと思っています。


| | Comments (4) | TrackBack (2)

2008.11.03

教育費に価格破壊はくるか

結論から。
教育費にも価格破壊はくる、と思っています。


株が大暴落、アメリカはこのままリセッション入りの様相、
日本の景気も悪化がどうも確実な昨今、
それでも教育費だけは削れない、という調査結果があるようです。


しかしね~。
子供の数は減少中で、大学全入時代です。

全入どころか、生徒が足りない学校も出てくるでしょう。


大学側も生き残りをかけて差別化をはかってはいるけれど。

今行われているのは、質の向上ですね。
有名教授がいるとか、
研究設備が整っているとか、
キャンパスが素晴らしいとか、
就職率がいい、
資格試験の合格率が高いとか・・。


だけど最後にやってくるのは、

「学費が安い」
だと思います。

ただ安いだけでは相手にされません。
上に書いたような質の高さを持ちつつ、
他の大学との差別化でさらに「安い」を持ち出す。

慶応大学がもう始めていますね。
ニュース<慶応大学が入学金40%削減、近く全廃>

慶応大学のようなネームバリューのある大学がやりはじめたら
ほかも追随せざるをえないでしょうね。

優秀な学生のための特待生制度の拡充からスタートし、
通常の学費が他大学に比べて安い、が出てくるはずです。


大学だけではなく、私立高校、私立中学も同じことだと思います。

そして、塾も。


子供の数は少ない。
1人の子供が行く学校は1つ。
通う塾だって、1つか2つでしょう。


それを取り合うために、
質が高いのに安い、は必ず出てくる。

(そうでないと困るんです)


入学の際に、300万円の寄付金を要求する有名私立小学校もあるし、
中学生、高校生のお子さんを持つ先輩ママは月10万円の塾代を払っているという。

けれどエスカレーター式の有名小学校に入れちゃえば安泰というわけでなく、
高い塾に入れれば必ず第一志望に合格するというわけでもない。
教育ってお金で解決できるものじゃないのです。


子供の数が減っていて、
景気が悪くなっている経済状況の中、
適正価格になっていかなきゃおかしい。


教育費にかけるお金、きっと削れます。

むしろ大事なのは、子供たちに学ぶ意欲を持たせること。

たいして勉強しなくても入れちゃう学校が増えていく環境下で、
勉強をがんばるというモチベーションを持っていてほしい。

学ぶ楽しさを知り、
学びたいという意欲さえあれば、
その子は大丈夫だと思う。

お金より必要なのは、勉強の必要性をとき、
学ぶ楽しさや喜びを教える、
親や先生や身近な大人の存在です。

わたしもそこは頑張っときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »