« 教育費に価格破壊はくるか | Main | 子供にお手伝いをさせる »

2008.11.05

妊娠中の脳内出血を防ごう

脳内出血をおこした妊婦が救急病院での受け入れを拒否され、死亡したり意識不明の重症になっているというニュースが続いた。

東京のような大都市でさえ、緊急手術がうけられない。
本当に痛ましいことだと思う。


医療体制の充実を強く望む。


一方、一般市民にできることはとにかく脳内出血をおこさないように予防に励むことしかない。

このブログでは「妊娠でダイエット?!」という、パッとみるととんでもないようなカテゴリーを作っているが、
ちゃんと読んでいただければ、健康的な食生活を応援する内容であると理解してもらえると信じている。

「妊娠でダイエット?!」でも再三書いたが、妊娠中の食生活で大切なことは、
減塩、低カロリー、バランスのよい食事。
そして適度な運動。

これらはそのまま脳内出血の予防にもなる。

脳内出血は高血圧の人に起こりやすい。
妊娠中は血圧が上がりやすいので注意しなければいけない。

まずは減塩。
市販のものはできるだけさけて、だし汁や、酢で味をつける習慣をつけよう。
麺類はさけたほうがいい。

カロリー過剰もよくない。
肥満と高血圧は併発することが多い。
肉は赤身を食べる。
できれば魚。青魚がよい。
揚げ物は食べないこと。

バランスのとれた食事。
忘れがちな海藻、豆類をしっかり食べる。
とくに豆は良質なたんぱく質だからしっかり食べる。

白いごはんは糖質が多いので、食べ過ぎない。
「ごはんがすすみます」というおかずは塩分が高いから要注意。
玄米を混ぜたり、お豆をしっかり食べたほうがいい。


こんにゃくも食べようね。


それから運動。
おなかの張りがひどい場合は別だけど、散歩がてらウォーキングしたり、
マタニティビクス、マタニティスイミングなど参加してみるべし。
マタニティヨガや、ストレッチもぜひ取り入れて体をほぐしたい。

とはいえ、減塩は難しいっていう人もたくさんいるだろう。
私も減塩には苦労しました。
妊娠9ヶ月半まで働いていてランチはいつも外食だったので、どうしても過剰に塩分をとっていました。
おかげでむくみがでてました。
マタニティビクスに行けるようになったのも臨月に入って産休をとってからです。

さいわい高血圧とは無縁でしたが、いろいろな理由で食生活の改善が難しかったり、もともと高血圧体質だったりして、妊娠中にさらに血圧が上がってしまう人もいると思います。

高血圧を注意されている妊婦の皆さん、
脳内出血の心配をしてしまう妊婦の皆さん、
そんな人に、最終的なアドバイス。

さっさと入院しなさい。


血圧が相当に高い妊婦さんには、産婦人科医が入院をすすめると思います。
自宅で食事療法がんばるから、と辞退する人もいるようですが、
いきなり脳内出血になるまえに、入院させてもらいなさい。

そして塩分が1日5g以下の、病院の食事だけでがんばりなさい。

1日に何回も血圧測ってもらいなさい。

自宅や外出先で突然脳内出血おこしても、受け入れ態勢ができていない現状。
もし本当に心配で、血圧が高くて、脳内出血のリスクがあるのなら、
産婦人科医に相談して、可能なら入院して改善に励むことです。
緊急の場合に対応してもらいやすいように、最初から病院にいることです。


安直な入院をすすめるつもりではありませんが、
もし本当に、脳内出血を心配している妊婦さんがいるなら、
あらかじめ入院してしまうのが自衛手段だと思います。


元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
元気なあなたでいてくださいね。


それから外食産業に従事してる皆さん、
妊婦さんや、糖尿病の人のためにも、
1食塩分2g以下のお弁当や、メニューを充実させてください。
必ず需要があるはずです。


緊急医療体制の不備を嘆くだけでなく、
それぞれの立場で、悲劇が起るのを防ぎたいものです。


私は今日この記事を書くことで誰かの役に立てたらと思っています。


|

« 教育費に価格破壊はくるか | Main | 子供にお手伝いをさせる »

Comments

コメント、ありがとうございます。
やはり病気を救うことも大事ですが、
「予防させる」ことをもっと意識した方がいいですよね。
脳内出血から助かっても、ダメージはあるわけですから。
TB、ありがとうございます。

Posted by: 真 心 | 2008.11.08 at 07:35 AM

真心さん、こちらこそありがとうございます。
「予防」についてあまり報道がないなぁと私もきになっていたもので・・。

また真心さんのブログは読ませていただきます。

Posted by: Nolly Chang | 2008.11.09 at 12:37 AM

私の考えと同様で共感しました。紙面 テレビなど
の報道では受け入れ態勢の不備を大きく取り上げていますが 本来未然防ぐために質の良い食生活を
しなければなりません。胎児に酸素 栄養を
補給しなければならず 血圧が上がるのが当然です。血圧コントロールも大事です。脳内出血は
飢餓状態と同じです。昔の脳卒中で降圧剤もない
時に亡くなったのと良く似ています。
今後無い様に産科の先生の指導をお願いします。

Posted by: niwaji | 2008.11.24 at 10:00 PM

niwajiさん、はじめまして。
共感してくれる人がいてうれしいです。
おそらく産科の先生は高血圧を注意し、減塩をすすめているとは思うのです。
だから今回のような悲しい事件があったらマスコミは妊婦のとるべき食生活をもっと取り上げて、妊婦以外の人の理解と協力を促したり、外食産業へ提言を行うのがマスコミの果たすべき役割だと思うのですよ。
このブログも小さな小さなメディアとして、妊婦さんを応援しています!

Posted by: Nolly Chang | 2008.11.25 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/43024287

Listed below are links to weblogs that reference 妊娠中の脳内出血を防ごう:

» 高血圧の人の妊娠・出産 [妊娠の兆候と妊娠中に気をつけたいこと]
若いときから血圧の高いことを若年性高血圧といいます。このような症状のある人は妊娠中毒症になりやすく、そうなると血圧はさらに上がって重症になることがあるのでやっかいです。 高血圧のために妊娠できないということはありませんが、妊娠初期から食事療法などが必要です。食事は高タンパク、低カロリー、減塩の三原則を守ってください。休息を十分にとりストレスにならないようにつとめることも大事です。ランキングに参加しています。... [Read More]

Tracked on 2008.11.06 at 10:58 PM

» 風邪における士道不心得 [この地球を受け継ぐ者へ]
ゲホゲホ咳をするのにマスクをしない人が嫌いです。 士道不心得は厳罰です、他人に配慮するエチケットは必要です。 皆様、こんにちは。 さて、この時期は第一次の風邪の流行。 自分も数日前から、ステージ1B「風邪気味」、ステージ2A「やや風邪」のレベルで... [Read More]

Tracked on 2008.11.08 at 07:34 AM

« 教育費に価格破壊はくるか | Main | 子供にお手伝いをさせる »