« 女の人生、はじまりはじまり | Main | 美容院にはおしゃれして行こう »

2008.12.02

タバコとニンニク

私はタバコは吸わないし、嫌いだ。
タバコの煙が苦手だし、においがつくのが不愉快だ。

でもタバコを吸う人まで嫌いだとは思わない。

子供が一緒でない時ならば、タバコを愛する友人のために
あえて喫煙席で食事をすることもある。

今日はそんな一日。

友人は料理が運ばれてくるのを待つ間にまず一本吸い始める。
覚悟していたものの、やはり煙の匂いが苦手だと思う。

じきに料理が運ばれてくる。
私が頼んだのは、キャベツとアンチョビのペペロンチーノ。

ニンニクの匂いが香る。
食欲を刺激する。
口にいれるとますますひろがる。

しっかり歯磨きしてもこの匂いは残りそうだと思う。
違う料理にすればよかったかな、と思う。
でもやっぱりこれでよかったのだ。おいしいもの。


本人にはわからなくても、周囲は大迷惑な強烈な匂い。
その点では、タバコもニンニクも同じかもしれない。

タバコは体に悪く、ニンニクは体にいいという大きな違いはある。

ではもしもニンニクが体に悪かったらどうだったろう。

「ニンニクを食べ過ぎるとあなたの健康を害する恐れがあります」
「妊娠中のかたは胎児に悪影響が及ぶ可能性がありますのでニンニクの接種はお控えください」

そんな注意書きがついていたらどうだろう。
私はニンニクを食べないでいるのだろうか。

ニンニクが使用されていないパスタ、餃子、ステーキ、炒め物・・。


ニンニク抜きでもなんとかなるかもしれないけれど・・・

ふと妄想しながら
私はもう一口、キャベツとアンチョビのペペロンチーノを食べる。
おいしいなぁ。

友人はタスポの導入でタバコを買うのも面倒になったとか、
会社の喫煙室が遠いことなどを愚痴っていた。
「やっぱりタバコやめるべきかしらねぇ?」とタバコを吸いながら聞いてきた。


今日、日本そばを食べに行っていたら、
「このさいだから禁煙してみるのもいいかもよ」と言ったかもしれない。

だけど私が頼んだのは、ニンニクたっぷりのペペロンチーノだ。
これから会社に戻ったら、自分だけ気にしないまま、
周囲に猛烈な匂いを放つのだ。
それでも私は食べる。


私は彼女にこたえる。
「おいしいものをやめるのは大変よ。」

「あら、タバコすってる側の人間みたいなこというじゃないの」と
彼女は喜んで相槌をうった。


今日の小さなお話。

|

« 女の人生、はじまりはじまり | Main | 美容院にはおしゃれして行こう »

Comments

三国志の曲へのTB、ありがとうございます。
同じく懐かしい曲でしたか!

さて、タバコ。
実は自分は20歳から吸い始めましたが、それ以前は、家族も吸わないし、
タバコの匂いが嫌いでした。
しかし、吸い出したら吸い続けるもので、
やはり中毒なのでしょうね。
もっとも喫煙者も他人の煙はイヤなものなのです(笑)
現在は禁煙したり再開したりと・・・

ニンニクは大好きで、何ふり構わず食べます^^

Posted by: 真 心 | 2008.12.02 at 01:44 PM

真心さん、こんにちは。
私も似たようなもので他人のニンニク臭には閉口するのに、自分は平気で食べております。タバコもそのようなものなのかと考えたら少し寛容な気持ちになりました。

三国志の人形劇の再放送してほしいです。もしくは水滸伝の人形劇がみたいなぁ。

Posted by: Nolly Chang | 2008.12.02 at 08:08 PM

ニンニクの香りは食欲を刺激しますね。
でも私はやっぱりニオイが気になって
家でもお料理にはほとんど使わないんですよ。
娘も嫌がるので・・・゚・(ノД`)

Posted by: kako | 2008.12.08 at 09:56 PM

kakoさん、こんばんは。
私も家で自分で料理するときはほとんど使わないんです。ショウガばっかり。
でも外食すると、ニンニクってものすごく入ってますよね。イタリアンやエスニックが好きだからかなぁ。
先日、インド料理屋に行った日の午後はかなりやばかったです。

Posted by: Nolly Chang | 2008.12.09 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/43293609

Listed below are links to weblogs that reference タバコとニンニク:

« 女の人生、はじまりはじまり | Main | 美容院にはおしゃれして行こう »