« 林真理子さんのきらめき | Main | 手を離すときがくる »

2009.02.22

NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」

NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」を観た。

以前、仲間うちで食事に行ったら、
私以外の全員が軽いウツの症状があり、
定期的に心療内科で薬をもらっていると言うから驚いた。

他にも心療内科に通う友人がいる。

うつ病は本当に身近な病気なのだ。

彼らを心配しながら、常に疑問だったこと。
それは「うまく眠れない」という人に、睡眠導入剤を処方し
「気持ちがふさぐ」という人に、抗うつ剤を処方して、
治療してますという医療のありかただ。

近頃、「うつは心の風邪です」などどいうが、
それも胡散臭いと思う。
熱が高い人に解熱剤、鼻水出る人に鼻水止め、
咳が出る人に咳止め・・・
たしかに風邪なら対処療法と十分な休養で治る。


うつ病もそんな対処療法で治るものなのか。
非常に疑問がある。

だって友人たちは、睡眠薬で一時的に眠れたとしても、
なんにも改善していないというもの。

やっぱり、なんで眠れないのか、
何が気持ちが落ち込むのか、
その根本的な原因を探り当てていくことのほうが有効なのではないか。


NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」では
日本のうつ病治療が安易な投薬に頼り、
治療に結びついていない現状を取り上げ、
イギリスで効果が出ている「認知行動療法」を紹介していた。


認知行動療法では、うつ病患者の心のありようを丁寧にきき、
本人ですら気が付いていない、自分の気持ちを認知することから始めるようだった。

何が悲しいのか、何が不安なのか、
漠然としたものを少しづつ明らかにしていき、
セラピストは時に同調し、時に新しい見方を示唆し、
患者の気持ちを整理させ、楽にさせているようだった。

もちろん投薬はなし。


日本ではこのような診療は保険適用外なので大変高額らしい。
けれど、うつ病の治療には必要なことだと思う。


処方される薬がどんどん強くなっていくとか、
数が増えていくなんて話を聞くと、
本当につらいもの。


NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」


|

« 林真理子さんのきらめき | Main | 手を離すときがくる »

Comments

行動療法って私は結構好きです。
理にかなってるなあって思うことが多いです。
今までのカウンセリングとも違って積極的な面もありますよね。

Posted by: kako | 2009.03.19 at 09:23 PM

kakoさん、詳しいんですね!
積極的な感じが私もいいと思いました。
解決しようという姿勢がいいですよね。

Posted by: Nolly Chang | 2009.03.22 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/44146876

Listed below are links to weblogs that reference NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」:

« 林真理子さんのきらめき | Main | 手を離すときがくる »